トップ
ホロホロ山(1322.4m)
11日のホロホロ山、標高1060m地点まで行きました。ご一緒したおっ様のところ(北海道あれこれ さっぽろ発)で確認しました!(^^)! 山行記、素晴らしい写真と共にアップされていますので、見に行ってね♪ 同じくkoyaさんのところ(おじさん散歩)でも、ムービーがアップされてるわ。他人の褌で相撲をとるとは、こういうことを言うんでしょうね(^_^;)

7:40 スタート
登り:3時間(休憩込み)
下り:1時間(休憩込み)
 12:10 登山口着

大滝の三階の滝の奥、大滝工芸館の駐車場で準備して、出発です。以外と雪が少ないですね。登りだしてすぐのこの斜面、潅木が大きくなっているのか、ずいぶん木々がうるさく感じました。
c0048117_9403038.jpg

穏かな斜面を過ぎると、倒木地帯の急斜面になります。去年は向かって左の方を登って、とっても苦労したのですが、右側の方が若干木も少なく登りやすかったです。急斜面をヒーコラ登ると、後はほとんど楽勝なのですが、その分、標高を稼ぐのが長いんですね。左手に南白老岳・白老岳が見えてます。奥には恵庭岳も見えていたんだけどな(^_^;)
(9:00)
c0048117_943082.jpg

雪はラッセルというほどじゃなく、10センチほどの下は、固く凍っています。高曇りで風はないのですが、なんとなく雲が増えてきているような感じ(+_+)
雪の上には、いろんな足跡がありました。ウサギは特徴的なステップで、分かりやすい。あと、キツネかな。とっても小さなトレースもありました。ネズミかも。
(10:30)
c0048117_9482750.jpg
遠くから、風のゴーゴーという音が聞こえてきます。尾根道が狭くなっていますが、登っている分には、分かりやすい道という感じですね。尾根道が広くなる1000m付近になると、樹氷がグンと太って素晴らしいです。

(photo by koya) 
c0048117_9521382.jpg

(photo by おっ様) 
c0048117_9532627.jpg

だんだんガスが出てきて、なんとなく見通しも悪くなってきました。もう少し進むと、広い樹氷群帯なのだそうですが、腰が痛くなってきた人、ヘロヘロになってきた人(私とジェイ)で、戦意喪失状態です。おっ様・のりちんが少し先まで偵察に行きましたが、素晴らしい樹氷だけど見通しが聞かないとのことで、今日はココまで。シールを剥がし、おっ様達と合流して下山モードです。難しい雪ですが、斜度がないので、楽勝ですね。難所の急斜面の倒木帯もそれなりにこなして、あっという間に登山口到着でした。
(12:03)
c0048117_9581578.jpg

暖かい車の中で、お昼を食べて帰ってきました。koyaさん、往復の運転ありがたかったです。おっ様の素晴らしい写真、嬉しい♪
[PR]
by mrkgen | 2009-02-13 22:04 | 雪山/montana | Comments(0)