トップ
長尾山、その3(最終)
千尺高地からは、長尾山が邪魔になって見えなかった山です。
左の白い山は札幌岳
c0048117_22245816.jpg

白い札幌岳(1293m)と右に狭薄山(サウスヤマ/1296m)をズーム。
空沼岳(1251m)は狭薄山の奥に隠れているのかな。
c0048117_22164093.jpg

穏かに広がっている、左の漁岳(イザリダケ/1318m)から丹鳴山(ニナルヤマ/1040m)
c0048117_2216513.jpg

無意根山の稜線越しに、ホロホロ山(1322m)と徳舜瞥山(1309m)の双耳峰が見えてます。
c0048117_221725.jpg

無意根山が、なんとも大きくて素晴らしいです。ゴマ粒のように、降りてくる人や登る人が見えてましたよ。
c0048117_22261287.jpg
 
長尾山、風もあるので千尺高地へ戻ります。Yさんご夫妻はスノーシュウなので、少しずつ離れてしまいます。
c0048117_22175728.jpg
  
雪庇にズーム。なかなか迫力ありますね。
c0048117_22174895.jpg
 
千尺高地も風があるので、シールを剥がし風のない所まで滑り降りることにします。しばらくは快適な雪質で、楽しい。イッキに下までと思ったのですが、途中で3人組が休んでいたので、近くで昼食タイムにします。定山渓天狗岳を正面に見ながら、15分ほど休憩です。3人組が滑り降りた後、ボチボチ出発。ココからの雪がすごかった。26日の降った新雪が、メチャ重い。俗に言う「妖怪板掴み雪!」です。25日は最高のザラメだったのに、うってかわってヨレヨレになって滑り降りました。2回転んだだけで、ズボンはベチョ濡れになりました。

c0048117_22181664.jpg四苦八苦しながらも、12時10分に登山口到着でした。Yさんとは、なんとなく別れてしまったので、一緒に長尾山での景色を楽しめたお礼をメモして車に挟んできました。単独の緊張した山行と、仲間と登る楽しさ、両方を満喫できた最高の雪山でした。

登山口で、この雪なので、まだまだ雪は楽しめそうですね♪
[PR]
by mrkgen | 2009-04-30 22:30 | 雪山/montana | Comments(0)