トップ
円山西町から旭山公園へ
12日の日曜日の夕方散歩で久しぶりに円山西町方面へお散歩。円山西町神社の横を通って藻岩山への登山口へ、滑る車道の横を歩きます。(怪しい)産業教育訓練センターへの道に架かる「滝不動橋」の手前に、公共の公園かと思われる立派なお庭が出来ていました。円山西町に住んでいる知人の話では、なんでもその筋の方のプライベイトなお庭だそうです。ヒェ~~(@_@) 自販機が3つもお庭の中にあったわ。
「滝不動橋」を渡って、登山口のすぐ側にある奉信寺が右側。そういえば、この辺に不動滝があるはずと、お寺の裏にあるお堂の辺を見てみました。立派な砂防ダムに滝がありました(爆) まさか不動滝が砂防ダムに変身?なわけないですね。
c0048117_1521498.jpg

どうやら奉信寺の手前の「滝不動橋」の下流になるようです。たぶんこの砂防ダムの影響で、不動滝も迫力に欠けるものになっているんだろうな。次回の課題ですね。藻岩山の登山道に入ると、こんな雪の日でも歩いている人がいるらしく、しっかりとしたトレースがありました。途中から旭山公園に抜ける道へと進みます。旭山公園のなかに入ると、お散歩の人もチラチラ見かけます。

前日の暖気から急速に冷えたので、フカフカ雪の下は所々アイスバーン状態で、ペンギン歩きです。抜き足差し足じゃないけど、どこにスケートリンクが潜んでいるか分からないので疲れましたわ。真面目に公園の正面に出ました。公園の入り口の横になにやら看板が。この頃は「消えた十二軒」じゃないけど、何かしら昔の痕跡に興味がわくのでシゲシゲと観察。
c0048117_214178.jpg

窯の跡が東屋風な屋根に守られていました。以前からあったのに、今まで気がつかなかったなんて、興味がないと見ていてもみてないんですね(~_~;)
c0048117_215821.jpg

帰りは旭丘の西友でチラッとお買い物して帰ってきました。グルッと一回り2時間コース。雪道の隠れアイスバーンがなければ、もっと時間短縮でしょうね。でも、ヘロヘロ、。

円山西町の歴史:郷土誌 宮の森から

昔は滝ノ沢と呼ばれた地区です。東南は藻岩山に続き、東は吉野山(旭山)、双子山を望み、西南から西方は幌見峠・神社山を見渡す沢地帯を形成しています。琴似川支流ヨコシベツ川(円山川)は、南部山林地帯を水源地としてこの沢地帯に流れ入り、地区の中央を北流して円山山麓から円山公園に注ぎ、神宮第二鳥居下を経て北7条西25丁目で琴似川と合流しています。

この川の上流に「不動ノ滝」と呼ばれる滝があり、滝ノ沢という地名もここからきています。当時は水量も多く、緑の大木の間を縫う日の光を受けて青白く、秋の紅葉に映えて美しい景観であったそうです。
明治初期は、とど松、えぞ松、桂、ナラなどの大木が群生していて、熊、狐、狸などの野生動物がよく出没していたところです。特に往時は鹿の群生地であったか、あるいは通路であったのか、不動の瀧付近の開墾につれて、たくさんの鹿の角が出て来てレーキでかき集めて、これを処理したほどです。明治20年頃の大雪で、えぞ鹿のほとんどは死滅したものではないかと思われます。

この頃から、民間の建築用材原木や薪炭材として払い下げを受けて搬出するようになり十数年に及びました。
『円山西町の沿革』によれば、明治27・28年頃、滝ノ沢の一部が民有地として払い下げられるようになり、明治29年、山形県出身の○○○一家が入植、、、


以下省略。当時の呼称は、藻岩村大字円山村字滝ノ沢。

昭和28年7月、滝ノ沢という呼称は、当時定山渓鉄道の駅名であった豊平町の滝ノ沢と混同し、来客・郵便物等に不便があるため、町名を円山西町と改めました。

郷土誌 宮の森
平成2年10月10日発行
制作者:札幌市立宮の森中学校
発行者:札幌市宮の森中学校開校5周年 記念事業協賛会

[PR]
by mrkgen | 2010-12-13 23:41 | 里山/montana | Comments(2)
Commented by aki at 2010-12-16 17:55 x
素晴らしいですねぇ、円山西町のあたりや、宮の森のもりのあたりもとても雰囲気のあるエリアですよね。

仕事でたまに宮の森とか入るとなんかわくわくしちゃいますよ。
やっぱりあの辺りは市内でも特別な感じがします。

そう言えば、伏見の上のほうにすっごい大きい立派そうな、ピンクのマンションがありました、回りも柵で覆われていて、住民以外は簡単にはいれなさそうなマンションでした。
Commented by mrkgen at 2010-12-17 13:15 x
◆akiさん
この間、akiさんのブログ見に行ったら、まるまるしたウゲゲがアップで出ていて、ウッゲーと逃げ帰ってきました。あのまるまるがクワガタになるなんて、毛虫が蝶になるより不思議ですね。でも、きもい。ガクブルです。

宮の森という名前じゃなく「12軒」のままだったら、こんなスノッブな感じにはならなかったんじゃないかしら。坂が多いし、スーパーは少ないし、不便だわ。でも、街の成り立ちを知るのは楽しいですね。札幌はこの150年ぐらいで、ゼロから出来たような街です。人間の力って凄いなとつくづく感じました。

個人の家でも、塀が高くて門の鍵がかかって、とても閉鎖的な感じの家が増えましたね。人を信用してないような、そんな門構えを見ると、悲しくなります。オープンな広々したお庭が見えるようなお家が好きです。