トップ
神社山(237m)
神社山は、宮の森と円山西町の境界線にある北海道神宮の山です。住宅地に囲まれていて、神社山に取り付く場所は限られた場所、山の西側の隆光寺前付近か、北東のマンション辺りだけです。
その両方の場所に下記の看板が立てられていました。
c0048117_19494386.jpg

この山には登山道がないので、残雪期とかに登られることが多い山です。毎年と言うか春先の固雪の頃に1・2度登るこの頃です。今年の2月に登った時に、夥しい数のピンクテープや、団体で登ったと思われる跡や、以前にはなかった山名板が頂上の木についていました。ひっそりと静かな山が、妙に世俗的になったようで悲しかったです。今になって北海道神宮が看板を立てた真意は分かりませんが、なんとなく目に余る入山者の数が引き金になったのかなと思わなくもないです。私も目に余る一人だったかな(^_^;)

『写真で見る札幌の戦跡』という本が、北海道新聞社から去年の暮に発行されました。その中にも神社山にある戦跡のことが書かれています。そのことも神社山へ入る人が増える懸念になったのかも知れませんね。登る時は、北海道神宮の山ということを意識して、神聖な山に登らせていただくという気持をもって登っていたつもりだったけど、不信心を見透かされていたかな。そんな不信心な人間は登っちゃいけない山ということだわ。

神社山の歴史→→「神社山」に書いています。飛んでみてください。
[PR]
by mrkgen | 2011-06-03 20:25 | 里山/montana | Comments(0)