トップ
空沼岳(そらぬまだけ/1249m)
土曜日(9/2)から空沼岳に出かけていました。HYML(北海道山メーリングリスト)の呼びかけによる、中腹にある万計山荘の薪搬入と、「2006全道一斉山のトイレデー」啓蒙のお手伝いです。山荘まで林道を車で上がるとのこと、ラッキー♪ 万計沼のほとりに建つ万計山荘は有志により維持管理されてるんですね。冬は山スキーでお世話になる大切な山小屋です。お手伝いしなくては!の気持で出かけてきました。土曜日はとりあえず、お手伝いはないとのことで、万計沼からスタートのラクチン空沼岳です。中腹にこれだけ大きな美しい沼を抱えている山なので、人気の山です。土・日は多くの登山者が訪れるので、夏山では、なかなか足が向かなかったのです。万計沼から真簾沼まで40分、真簾沼から頂上まで40分です。ずいぶん久しぶりに登りました。

万計沼(ばんけいぬま/913m) 万計山荘前から空沼小屋を見る。
c0048117_2051177.jpg

真簾沼(まみすぬま/1070m)
c0048117_18153718.jpg
頂上から支笏湖方面。空沼(カラヌマ)を見るには、ヤブを20分ほどこがなくては行けません。
c0048117_2248385.jpg
頂上では30名以上の人が展望を楽しんでいました。左に羊蹄山、手前中央右よりの山は狭薄山(さうすやま/1296m)
c0048117_1818371.jpg
※山行記作ってます。本家HPのmontanaからどうぞ♪
(CANON EFS18-55mm F3.5-5.6)
[PR]
by mrkgen | 2006-09-03 17:50 | 夏山/montana | Comments(4)
Commented by grmay4 at 2006-09-03 23:01
山頂付近まで樹林になっていて、緑の豊かな山ですね。冬は山スキーですか。有志により維持管理されている山小屋も貴重だと思います。
以前、画像が表示されていなかったことがあったのですが、どうやらこちらのネット環境のせいだったようです。お騒がせしました。
Commented by mrkgen at 2006-09-04 07:33
札幌近郊だと、標高1300mを越さないと森林限界にならないので、登る途中では展望が難しいです。この山は登山道が泥道になるのが有名なのですが、今年は雨が少なく足元を汚すことなく登れました。この山、ゲンは登ってないんです。人が多いのと泥道がネックでした(^_^)/~

exblog、時々画像が出ないことありますね。ちょっと時間をおくと大丈夫みたいだけど、、。
Commented at 2006-09-04 12:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mrkgen at 2006-09-04 20:40
超ひさしぶりの空沼岳でした。「腕」か「カメラ」かと聞かれると、難しいのですが、、、今回と前回の手稲はお気楽登山ということで、一眼を持っていきました。そのせいかしら。でも、普段は同じコンデジなので、「腕」かもね(^_-)

8日に結果が出るのですね。よい結果をお待ちしていますよ!