トップ
雪崩講習会
土曜日からHYMLの講師による雪崩講習会に参加して、雪と戯れてきました。ビーコンの使い方や雪洞の作り方など、とても充実した雪山でした。
c0048117_1925932.jpg

泊まりはニセコのスキー場が見渡せる、素晴らしいプライベイト山荘で、いつもの楽しい宴会です。山荘に向かう途中、夕日に赤く染まるニセコアンヌプリ。走行中の車から(助手席)
c0048117_1938437.jpg

羊蹄山も綺麗。赤富士みたいです(^_^;) これも車窓から。
c0048117_19341272.jpg

山荘から、こんな景色を眺めながら宴会です♪
c0048117_1927840.jpg

今日は中山峠スキー場から蓬莱山の奥を山スキーでノンビリお散歩してきました。ニセコも雪が少なかったですが、中山峠も例年に比べるとずいぶん少ないですね。まだまだ笹がいっぱい出ています(+_+)
c0048117_1939495.jpg
c0048117_194317100.jpg

[PR]
by mrkgen | 2006-12-17 19:44 | 雪山/montana | Comments(4)
Commented by grmay5 at 2006-12-17 23:04
まさに別世界です。長野では雪がなくてスキー場開きが延期になっているようです。この週末で積もってくれればいいですね。
最後の写真、気持ちよさそう、山スキーというやつですか。
Commented by mrkgen at 2006-12-18 20:51 x
ここ中山峠もいの一番にオープンするスキー場なのですが、今年は遅かったです。今時こんなに笹が出ているのも珍しいです。
山スキーです。今時の山スキーはゲレンデスキーと見た目はほとんど変わりません。ビンディングと靴が山スキー独特の物になります。
シールをつけて歩いているので、斜面も直登できますし、スピードは出ませんが滑り降りることもできます。昔は本当のアザラシの毛皮(seal)を使っていたんですよ。たまにベテランさんが本物のシールをつけているのを見ることがあります(尊敬のまなざし)
Commented by kasya5 at 2006-12-18 21:37
雪崩講習会ですか。
私の今の職場にも雪崩の専門家が居てあちこち講習に行くようです。
たまに寝泊まりするところが同じになるので今度雪崩のこと聞いてみようかな。
Commented by mrkgen at 2006-12-18 22:06
雪崩ってめったに起きないのですが、起きる時は人間が斜面に入り込んだ刺激で起きることが多々あるようです。
深雪狙いで斜面に入ることが多いので、やはり雪崩のことを知っておくのが重要なのです。
雪崩の専門化がいらっしゃるなら、ぜひ話を聞かれるといいと思います。気象の知識も必要ですし、なかなか面白いと思いますよ。