トップ
幌尻岳清掃登山 その2
c0048117_23185193.jpg

川の水は少なく、深くても膝ほどです。この額平川は水源地がカール地形で水を集めやすい為、あっという間に水量が増えます。そのため帰るに帰れなくなり、山荘で足止めなんていうことも度々あるそうです。無理に下山して流されたりして、亡くなる方も毎年出るようですね。
c0048117_23225475.jpg
幌尻岳の清掃登山に参加するのは、憧れだったんです。沢登りが出来なければ無理だし、ある程度体力も必要です。今年から始めたばかりの沢登りですが、役にたてる登山が出来ることを、とても嬉しく感じながら沢を歩いてきました。お天気続きで水量も少なく、沢初心者にはラッキーでした。
c0048117_0115225.jpg
10数回の渡渉でやっと山荘が見えてきました。
c0048117_23392722.jpg

山荘には、湧き水から出た沢水を引いて、水力発電の設備がありました。バイオトイレは水力発電の電気を使っているので、電力が一定していないと、なかなか順調な稼動は難しいようですね。
c0048117_235829100.jpg

私たち女性は賄い班なので、施設見学のあとは夕食の準備です。今夜は平取和牛のすき焼きと、ご飯とサラダ!すき焼き、すごく美味しかったです。持ち寄ったお酒やおつまみを肴に、一つの目的のために集まっている連帯感で、妙に盛り上がりました♪ 山荘の夜は19時ぐらいまで電気が点きますし、湧き水を引いているので、飲み水も大丈夫と、なかなか快適な山荘です。  明日の朝は4時起床、5時出発なので、早めに就寝です。
***その3へ続く***
[PR]
by mrkgen | 2008-09-16 23:50 | 夏山/montana | Comments(0)