トップ
幌尻岳清掃登山 その7
カール底から見上げるような斜面を、戸蔦別側のコルへ向かって登ります。幌尻岳側よりは幾分斜度は緩いようですが、背中にお日様を背負って登るので、暑い(~_~;) 見ていたよりは、すんなり20分ほどでコル到着。眺めが良くて黒豆の木の実もなっているので、味見をしながら七つ沼カールを眼下に見ながら一休みです。
c0048117_20103110.jpg

あんな急斜面を降りて、コルから七つ沼へ降りて、そして登ってきたんだね。
c0048117_1955936.jpg

最後の頑張り、幌尻岳を背中に見ながら、戸蔦別岳へ登ります。
c0048117_19565273.jpg

これがナカナカな急斜面。ジグを切りながら登ります。
c0048117_20291112.jpg
c0048117_2024088.jpg
戸蔦別岳頂上からみる幌尻岳は、堂々として素晴らしいです。左に七つ沼カール、右に北カールを従えて、なんとも素晴らしいですね。


クリックで大きく見れます(パノラマ) 
c0048117_20493.jpg

戸蔦別岳頂上は、ゴミはなかったんじゃないかな。幌尻山荘から幌尻岳をピストンする人が大半のようです。周回コースの戸蔦別岳経由は、日の長いときなら山荘一泊でも可能ですが、この時期は難しいかもね。

***その8へ続く***
[PR]
by mrkgen | 2008-09-19 23:42 | 夏山/montana | Comments(0)