トップ
笹刈り(神威岳から烏帽子岳)
HYML(北海道山メーリングリスト)と「山の道を考える会」の主催、毎年恒例の笹刈りに初めて参加してきました。今年で9回目だそうです。今までヘルメットを持っていなかったし、年老いたゲンに留守番させるのが嫌で参加していませんでした。今年は沢装備のヘルメットもあるし、ジェイも若くて元気で、どこに預けても楽しそうなので、笹刈りに参加しました。

毎年、笹を刈る登山道は、いろいろです。
今回は神威岳(983m)から烏帽子岳(1109m)の縦走路の笹被りがひどいと言うことで、この道に決定。22名の参加で楽しく頑張って登山道整備してきました。とーっても暑くて疲れました(+_+) 秋なのに、なんでこんなに気温が高いのだー(>_<)
c0048117_18542836.jpg

朝早く5時半集合、乗り合いで車の台数を少なくして登山口まで、林道歩き無です。笹刈りのボランティアということで、特別に林道を車で入ることを許可していただきました。6台の笹刈り機とチェーンソー1台を、7班に分担して担ぎ上げます。
c0048117_9292816.jpg

神威岳までは、ほとんど笹を刈る必要がありませんでしたが、でも、所々で笹が被さっている所もあり、3班ほどが笹刈りです。他の班は先へ進みます。カッコいい山ですね!(^^)!
c0048117_9314514.jpg

岩頭のそばまで来ましたよ。私たちは頂上直下の笹刈りです。
c0048117_934926.jpg

頂上付近は高山植物も多いので、気をつけて笹だけ刈りました。お天気は素晴らしいのですが、ちょっと霞んでいます。双耳峰の百松沢山と左肩に手稲山。
c0048117_9354121.jpg

神威岳から烏帽子岳への縦走路の笹刈りが、この日のメイン作業です。7・8年前にも登っているのですが、その時は縦走路に熊のフンが2ヶ所あったりして、結構ドキドキしましたが、今回は熊の気配は感じられませんでした。それぞれの班は、抜きつ抜かれつしながら、役目を果たしていきます。笹刈り機で笹を刈る人、刈られた笹を片付ける人、刈り残った笹を剪定バサミや鎌で刈る人、皆さんボランティアでよく頑張ります。手弁当で、傷害保険料¥1000を払って参加なんですよ!(^^)! 
c0048117_9451498.jpg

何組かの一般登山者が、登りに来ていました。「笹が刈られている所は、とっても歩きやすいです。ありがとうございます。」なんて言われると、本当にやりがいを感じますね。烏帽子岳まで、笹刈りが完了しました。頂上からさっぽろ湖が光って見えました。
c0048117_9474936.jpg

班ごとに休憩をとりながら汗ダクダクで頑張りました。これで、しばらくは明るい見通しのいい縦走路ですよ。下山は自分達が刈った広々とした登山道を気持ちよく、充実感イッパイで歩いてきました。下りながら見る、烏帽子岳。心なしか、すっきりしたよと言っているような(^_-)
c0048117_9532823.jpg

朝6時半から登りはじめ、降りてきたのは16時ちょうどでした。笹を刈りながらの登山、初めて参加させていただきましたが、疲れた以上に満足感でイッパイになりました。来年も頑張るぞーーっ! 
c0048117_9582469.jpg

[PR]
by mrkgen | 2008-10-19 23:57 | 夏山/montana | Comments(0)