トップ
2009年 08月 23日 ( 1 )
ルベシベ山(1740m)、その1
日曜日、日帰りで日高のルベシベ山を登ってきました。日高山脈登山会主催の登山勉強会に申し込みをしていたのですが、申込者が少ないということで勉強会は中止になりました。でも幹事の方から個人的に登りましょうと言って頂き、お言葉に甘えて登ってきました。少ない申込者5名と幹事の6名です。

登り:3時間35分(休憩込み)
下り:3時間20分(昼食休憩込み)


c0048117_21114525.jpgお天気がイマイチです。
7時、日高総合支所集合。車2台で登山口へ出発です。曲沢へのパンケヌーシ林道を14kmほど進みます。途中、チロロ岳の登山口にはテント2張りがありました。五の沢林道へ右折すると、道が荒れています。林道の整備は放棄されたようで、いつまでこの林道が使えるのか怪しいです。2.2kmほどで車4・5台置けそうな広場になり終点です。支度をして8時25分出発です。雨が降りそうな怪しいお天気。幹事さんの後を沢沿いに巻き道を使って進みます。巻き道は分かりづらいです。昔の作業跡らしい、主に左岸沿いについているのですが、ブッシュも多く、沢を歩いた方がと思うときもあります。
(8:46)
c0048117_211985.jpg

雨が降り出し、カッパ着用で進みます。沢歩きに慣れてないメンバーもいるので、とってもゆっくりのペースです。(9:40)
c0048117_21301679.jpg

歩きやすい沢と言うのも変な言い方ですが、とっても歩きやすいです。沢師匠のganさんに言わせたら、「ブタ沢」って言うかもしれません。滝もない、ナメもない、でも、岩の色のせいか北面になるのですが、明るい沢と感じます。だんだん斜面が急になってきます。振り向くと、見えそうで見えない日高らしい斜面。(10:37)
c0048117_21343797.jpg

(10:41)
c0048117_21513729.jpg
 
(10:43)
c0048117_21525361.jpg
標高が上るにつれ斜度も増します。あちこち枝沢が入り込んでいますが、水量の多い本流を進みます。(10:57)
c0048117_21412114.jpg

***その2へ続く***
[PR]
by mrkgen | 2009-08-23 21:59 | 沢登/montana | Comments(0)