トップ
カテゴリ:未分類( 45 )
東南アジアの最高峰?
なんとなく不思議で調べていたら、分かりやすい説明を見つけました。
東南アジアとは、、、から考えなくちゃなんですね。

キナバル山は東南アジア最高峰?

Hkakabo Razi 5,881 m Myanmar
Ganlanrazi 5,834 m Myanmar
Dindawrazi 5,464 m Myanmar
Sheankalarazi 5,000 m Myanmar
Puncak Jaya 4,884 m Indonesia
Sumantri 4,870 m Indonesia
Ngga Pulu 4,862 m Indonesia
Puncak Mandala 4,760 m Indonesia
Puncak Trikora 4,750 m Indonesia
Ngga Pilimsit 4,717 m Indonesia
Pangramrazi 4,655 m Myanmar
Phonnyinrazi 4,560 m Myanmar
Mount Kinabalu 4,095 m Malaysia

一応マレーシアの言い分としてはこう。
カカボラジ山をはじめとするミャンマーの山々は実際はエベレストを頂点とするヒマラヤ山脈の一部で、カカボラジもミャンマー、中国(チベット)、インドの3カ国の国境上に位置するため南アジアの山であって東南アジアには含まれない。
プンチャック・ジャヤをはじめとするインドネシアの山々はインドネシアといってもニューギニア島にあるため、地理的にはオセアニアに分類され東南アジアには含まれない。よって、キナバル山が東南アジア最高峰!…う〜ん…微妙なところ?

ヤマレコに出していない写真、追加でこちらにアップしておきます♪

朝日でピンクに染まる!
c0048117_11132616.jpg

フェンスの横はは LOW'S GULLY でスッパリ切れ落ちています。
c0048117_116776.jpg

去りがたい気持ちで降りています。
c0048117_1151265.jpg
c0048117_1151573.jpg
c0048117_11723.jpg

登る時は暗くて目の前の足元だけ見て登っていましたが、降りながら振り返ると、階段だらけの急登だったです。見えなくて良かったわ(^_-)
c0048117_1182678.jpg

[PR]
by mrkgen | 2016-11-19 20:00 | Comments(0)
右膝で整形外科!
10月初めぐらいから右膝に違和感があり、だましだまし使っていたけど、だんだん怪しくなってきた。下りで踏ん張れないし、走ろうとすると膝の裏側が変。雪のシーズン、山スキーが楽しめなくなっては大変なので、先週の月曜日(10/24)、友人の勧めで北大前の松田整形外科に行ってきました。その日はレントゲンだけでしたが、見た目にはなんともなくMRIでの検査が必要と言われました。運動は普通にしていいと言われたので、金曜日(10/28)は山に行きました。

レントゲンでは正常の足!10/24
c0048117_1819253.jpg

今日、MRIの検査をしました。十字靭帯は問題なし。半月板と骨の間の筋がナンタラカンタラ(^_^.)らしい。10/31
c0048117_18211020.jpg

ヒアルロン酸の注射を右膝外側にブスッ! そして、筋肉を強化する運動を教えてもらい、湿布薬も処方されました。来週、もう一度ヒアルロン酸の注射らしい。
金曜日(10/28)の山と日曜日のクライミングのせいか、少し水が溜まっているらしかった。でも、相変わらず運動は普通にしていいそうです。筋肉を落さないようにするのが膝には重要なんですね。口に出したくなかったけど「加齢ですか?」と聞いたら、優しい先生だわ、「加齢です」とは言わなかったです。使いすぎとかそんな感じのことを言ってました。安静にせずだましだまし使うのがヨサゲです。今まで膝が痛くなるということがなかったので、ちとパニクリましたが、大事じゃなくて良かったです。
[PR]
by mrkgen | 2016-10-31 18:30 | Comments(4)
羊蹄山(京極コース)
日曜日、超久しぶりに本格的な山登りしてきました。山に行かない間、ジョグしたり歩いたりしてはいたけど、山登りの筋力は別物だとつくづく身に沁みた山でした。登りはそこそこ頑張れても下りの踏ん張りがまるで駄目でした。腿の筋肉痛、久しぶりに下りの階段が辛いです。

ヤマレコの記録⇒「羊蹄山(京極コース)

2012年は3時間半ほどで登っていたし、去年の喜茂別コースもノンビリ3時間40分ぐらいです。今回はしっかり4時間かかりました。藻岩山や手稲山の登山では気が付かない筋力の衰えでした。冬山スキーシーズンが来るまでに、しっかり筋力を戻さないとだぜ(^_^.)

山頂は雲が多かったけど暑くもなく寒くもなく快適。でも、いつもながら賑やかな山頂でした♪
c0048117_1141489.jpg

c0048117_1142435.jpg

[PR]
by mrkgen | 2016-09-13 11:07 | Comments(0)
ラ・ラ・ラ・乱読(=_=)
雨、降りすぎですね。被害に遭われた方達のことを思うと、のんきに山に行けないだのと言ってられない気分だけど、、、。

c0048117_16132179.jpgお天気が悪かったりなんだりで、山に行けないこの頃、図書館で本借りまくりです。どんな本を読むかは、行き当たりばったりかな。誰かが面白いと言えば、すぐ借りて読むし、話題になった本で気になるものは予約しています。一年以上待っている本もあるわ。で、誰かが、面白いと感じたからと言って、同じように面白いとは感じれないですね。価値観が同じというか似ていなければだめだわ、当たり前か、、。そして行き当たりばったりに乱読しているので、一度読んでいるのに、また借りて読みだしてから、あれまぁと気が付いてます。
この頃は「本屋大賞」なるものを知り、そのリストから読んでいなかったものを読むようにしています。「本屋大賞」は2004年から始まっているんですね。2004年の本屋大賞が「博士の愛した数式」です。感想はうまく言い表せれないんだけど、なかなか心に残る本ですね。とりあえず一位、二位を読みまくろうかなという今日この頃です。そして、何を読んだか忘れないように、気が付いたらこちらに出しておこうかしらん。でも、自分の本棚は見られたくない派だからなぁ~、。
[PR]
by mrkgen | 2016-09-09 18:30 | Comments(2)
飛生川、沢登り
7/23 昨年あたりから話題になっている白老にある飛生川へ行ってきました。
7月初め頃から、愛犬のジェイの調子が悪く、病院通いで家を空けれない。たまたま今回は、ジェイが入院していることをいいことに参加してきました(^_^.)

ヤマレコの記録⇒「おそるべし飛生川(トビウガワ)

札幌は晴れていたのに、支笏湖ぐらいからガスと曇り。飛生川は湧水が入り込んでいる川で水温が低いらしい。メンバーはドヨーンとしていました。
滝登りはなく、ノペーとした脆い岩盤のヘツリが微妙でした。
c0048117_15101688.jpg

流れ込む支流の滝が美しいです
c0048117_15105976.jpg

ベテランも落ちる(^_-)
c0048117_15113110.jpg

美しいけど微妙なヘツリ
c0048117_15122697.jpg

同じルートを戻ってます。見る視点が変わるので退屈しない
c0048117_1513966.jpg

[PR]
by mrkgen | 2016-07-26 11:55 | Comments(2)
テレビっ子
BSの受信料、払っていないので画面の左側に邪魔くさいメッセージがでます。でも録画で見る分には消えているので、見たい番組は録画で見ています。先日の番組で探検家の角幡唯介(38歳)と僧侶・塩沼亮潤(46歳)の対談がありました。
NHKBSの番組名は「達×達 SWITCH INTERVIEW 」なのかな。角幡唯介氏にとても関心があったので録画しましたが、塩沼亮潤氏が凄かった。角幡氏は命を懸けて探検、塩沼氏は大峰山千日回峰行を命かけて修行した人です。

この録画、はまって何度も見ています。角幡氏の本「空白の5マイル」「探検家、36歳の憂鬱」「雪男は向こうからやって来た」などは読んでいましたが、塩沼氏は初めて知る方でした。この方が修行するきっかけになったのが、1979年にNHKで放送された「行 比叡山 千日回峰」を見てからだそうです。このNHKの放送はものすごく記憶に残っています。オンデマンドで見ることができるんですね!その番組で修行されていた僧侶・酒井雄哉大阿闍梨(1929~2013)84歳で亡くなられてます。いまはネットで検索できて便利(^_-)

命がかかった探検と修行、二人の対談はとても興味深かった。

冒険・探検つながりで、私の大好きな登山家に「山野井 泰史」がいます。「垂直の記憶 」と沢木耕太郎著 「凍」は読んでいましたが、つい先日、新しい本をゲットして読みました。
「アルピニズムと死」天国に一番近い男と言われた僕が、死なずにいるわけと言うことが書かれています。
もう一冊、山野井さんのお父さんが書かれた本、山野井 孝有 「いのち五分五分」
泰史さんが以前自分のことを「命かけて遊んでいる」って、TVで言ってましたが、いろいろ考えさせられるTV番組と本です。
[PR]
by mrkgen | 2014-12-15 18:00 | Comments(0)
ハザードマップ
札幌市、ものすごい雷でしたが、自宅近辺の雨量はさほどじゃなかったと思います。近隣の川の水量も普通。TVで見る豊平川の濁流が不思議な感じでした。上流付近が大雨だったんですね。
札幌市のハザードマップで急傾斜地崩壊危険個所土石流危険渓流が線引きされています。http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/higoro/fuusui/dosya_kiken/chuo/chuo.html

どこまで、この範囲が信用できるのかはイマイチ分からないけど、でもとりあえず線引きの中に入っていないので、ちと安心しています。今回の大雨で、山の近くに住んでいると言うことで、あちこちからご心配の連絡がありました。思いがけない所が危険地域になっていたりするので、確認しておくのがいいのかもです。

大雨の翌日、11日の朝、上の方の様子を見に行ってみましたが、いつもと変わらずでしたね。何もなくて良かったです。
c0048117_11452653.jpg

秋っぽいススキと萩が綺麗でした。
c0048117_1146848.jpg

[PR]
by mrkgen | 2014-09-11 23:20 | Comments(0)
虫を食べる!
円山動物園の特別企画、「食虫展」です。
なかなか濃い講義で楽しかったです。イナゴの佃煮はデパートで売られているのを見たことがありますが、食べようとは思わないですね。でも、本州では以外と虫を食べる歴史があるようです。東南アジアにも虫を食べる文化がある。エビだってナマコだって見慣れなければ気持ち悪いけど、美味しいって知っているから、そんなに気持ち悪くない。虫だってそうなのかも。

イナゴは来場者全員に当たりました。みんな恐々食べていましたが、えびの佃煮みたいでした。缶詰です。長野県で作られていましたよ。
c0048117_9443764.jpg

c0048117_9494379.jpgカイコ・ザザムシ・ハチノコは大変高価だそうで、抽選で一つだけ試食できます。抽選に当たったので、一番美味しいというザザムシを食べました。見た目、一番虫っぽい。周りのお客様も、それぞれを恐々興味津々で食べていたので、一緒に食べれば怖くない!の気持ちで食べました(@_@) 美味しかったです。イナゴとは違い、一種独特の香ばしさがありましたわ。ハチノコも食べてみたかったな。その後、なんとなく口の中を清めたくて(^_-)ソフトクリーム食べちゃった。昆虫、栄養価も高く食料としては優秀らしい。でも、でもだな。貴重な経験をしました。
[PR]
by mrkgen | 2014-08-23 23:44 | Comments(0)
長期休暇
しばらくブログ、お休みします。元気です。チットお出かけしてきます。
c0048117_013436.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-11-12 00:13
鏡の映像
帰宅時は、すっかり暗い今日この頃、、。
バックミラーに映る後ろのトラック、妙に車間距離を取らずに信号待ちしています。しげしげ見ると、「昼間点灯中」の文字が不思議。振り返って直に見ると、アレッ? 面白いですね、バックミラーで見ても直接見ても、どちらで見ても分かるようにしているんだわ。なかなか考えてますね。この写真はバックミラーに映っているのを写しました。
c0048117_12162036.jpg

出勤時の山、すっかり紅葉も終盤。山の稜線も肌が透けて見えますね(*^^)v
c0048117_12171424.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-11-08 23:12 | Comments(4)