トップ
カテゴリ:木の芽( 12 )
里は春♪
今日の日の出【05:20】 今日の日の入【17:59

すっかり太陽より寝坊スケな今日この頃。日の出を見れなくなってますわ。
里山の南斜面は雪解けが進み、黒々しています。雪が消えていくのは、嬉しいような淋しいような複雑な気分。
c0048117_1414596.jpg

明日から4月、新年度が始まるんですね。新年度って、何かしらウキウキするはずなんですが、震災の重みが、ズッシリと肩に乗っかって、なんとなく晴れやかな気分になれないです。でも、憂いていても仕方がないので、ニコニコと前に向かって進まなくちゃだな。ふぅ~~、、、。
[PR]
by mrkgen | 2011-03-31 08:00 | 木の芽 | Comments(6)
にゃんこ柳
朝のお散歩コースの柳です。ずいぶん前から膨らみ始めていましたが、やっとこんな感じになりました。

2月の積雪より3月の積雪量が多いのは29年ぶりだそうです。今日は4月の陽気とかで、去年の根雪ゼロ宣言が出た日ですが、今年の根雪ゼロは何時になるのかな。あと一週間はかかりそうな気がします。自宅近辺はそれよりさらに一週間は遅いはずだにゃ、。
c0048117_1341899.jpg

[PR]
by mrkgen | 2010-03-31 12:50 | 木の芽 | Comments(2)
暖かそうな芽
コブシとモクレン、似ていますね。いつもどちらかわからなくなるので、違いを書いておこう。

コブシ(辛夷/モクレン科)
花びらは6枚。花弁の裏にピンクの線がある。横向き又は斜め上に向かって花が開き、花の付け根に若葉が一枚ついています。実は垂れ下がる。日本原産


ハクモクレン(白木蓮/モクレン科)
花びらは9枚に見える(花弁6枚に萼片3枚) 花は上に向かって咲き、花の付け根に若葉はない。 実は上向きにつく。中国原産


これはコブシ(辛夷/モクレン科)だったはず(-_-;)
c0048117_1930312.jpg

逆光に絹毛が光ってます。
c0048117_1930509.jpg

ヤナギとヒヨドリ
ヤナギ(柳/ヤナギ科)も種類が多くて分けわかりません(>_<) 雄花と雌花があり、支離滅裂になるので、全部まとめてニャンコヤナギって言ってますわ。
c0048117_19311368.jpg
ヒヨドリ(鵯/ヒヨドリ科)
周年見れますね。賑やかなので、すぐいるのがわかるわ。室蘭の地球岬での渡の集結は、見ごたえがあるようなので、一度見てみたいです。
c0048117_19312751.jpg

上のヒヨドリの柳とは別の柳です。同じ種類なのかどうかもわかりませんです(*_*)
c0048117_19372315.jpg

チューーーリップ (*^^)v 雪の中から出てくる強さはすごいね。
c0048117_1937940.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-04-08 07:29 | 木の芽 | Comments(0)
最も遅い真夏日
この日は最も遅い真夏日を記録(31.1℃)した日です。朝のお散歩道に、ニョキニョキと唐突にでていました。毎年、一回はこの場所で見かけます。
ササクレヒトヨタケです。
c0048117_17544313.jpg

春から秋にかけて、公園の草地などに生えるんだそうです。ひだは初め白色ですが、胞子が成熟するとだんだん黒くなり、最後は液状になって落下します。ヒトヨタケの仲間はお酒と相性の悪いものが多いですが、これは大丈夫なんですって! 最近は「コケシタケ」などの名前で栽培、販売もされているらしいですね。来年は収穫して食べてみようかな。ホワイトアスパラに似た味で美味しいらしいです。ただヒトヨタケ(一夜茸)と言うぐらいなので、収穫できる時期は短いんでしょうね。このヒトヨタケも次の日の朝は、黒い残骸が残っているだけでした。
[PR]
by mrkgen | 2007-09-21 23:52 | 木の芽 | Comments(0)
早春かな
ネコヤナギの綿毛が、陽射しに白く輝いていました。
c0048117_1452711.jpg

モミジバスズカケノキ
c0048117_14524429.jpg

鳥の羽が枯れ枝に、、。
c0048117_14522391.jpg

[PR]
by mrkgen | 2007-03-24 14:54 | 木の芽 | Comments(2)
ニャンコ柳(続)
朝のお散歩で、先日とは違う場所のネコヤナギです。ずいぶん丸く膨らんできてますね。
c0048117_15184870.jpg
c0048117_15183941.jpg

[PR]
by mrkgen | 2007-03-07 23:59 | 木の芽 | Comments(0)
芽吹き
今朝の林です。やっと、雪が無くなり、足元も乾きだして汚れずに歩けるようになりました。福寿草、昼間ならパッと開いているのかなって感じです。エゾエンゴサクも小さな花芽が丸まっていました。あと少し、もうちょっと。スプリングエフェメラルのみんな、スクスク伸びてね。
c0048117_715798.jpg
c0048117_743224.jpg
(KDN EFS18-55mm F3.5-5.6)
[PR]
by mrkgen | 2006-04-19 07:04 | 木の芽 | Comments(4)
旭山公園
午後から青空が広がりましたが、意外と風が冷たい。天気予報ほどは晴れなかったです。久しぶりに旭山公園に行ってみましたが、手稲山が雲に隠れて見えないし(+_+) まだまだ雪はイッパイあります。でも、日当りのいい所は土も出ていて、お散歩コースを考えないと汚れそう。雪もずいぶん腐れてきて、思わぬところでズポッと埋まります。ネコヤナギ(バッコヤナギかな)が見事でした。
c0048117_16253236.jpg
c0048117_16273834.jpg
c0048117_16255994.jpg
(CANON EF55-200mm F4.5-5.6)
[PR]
by mrkgen | 2006-04-01 16:28 | 木の芽 | Comments(8)
冬芽
冬芽をマクロで撮ってしげしげ見ると、それぞれがとても特徴があって面白いです。
今朝の林散歩で見つけました。同定はイマイチ自信がありません。間違っているかも知れません。気がついたら教えてくださいませね。。
c0048117_20321856.jpg
左上:キタコブシ、左下:イタヤカエデ、右上:ツノハシバミ、右下:ツルアジサイ
(CANON EFS60mm F2.8 MACRO)
[PR]
by mrkgen | 2006-03-16 20:35 | 木の芽 | Comments(4)
ばんけい市民の森
天気予報で言ってた雨が、なかなか降らないので(-_-;)ゲンの散歩に、ばんけい市民の森に行ってきました。長靴ツボ足です。トレースはスノーシュウの跡が、林道に忠実についています。ツボ足でも全然問題なしなのに、せっかくスノーシュウはいてるのなら、縦横無尽にアチコチ歩けばいいのにね。途中から、尾根の誰も歩いていない所をウロウロ。ゲンが若いときはワン仲間と毎週のように歩いて、そり滑りでコッチの林道からアッチの林道へと斜面を荒らしまくっていたけど、今は森の中を縦横無尽に荒らす人もいないようです(^_-)-☆
c0048117_081351.jpg
森から盤渓山を見ると、頂上には相変らず、リッパな雪庇が出来ていたわ。これだけ雪が締まっているなら、山もツボ足で問題なさそうだね。
ノンビリ2時間ほど歩いて車に戻ったら、ちょうど雨が降り出しました(^_^;)
c0048117_0105813.jpg
(上の写真/NIKON COOLPIX 下の写真/CANON EFS60mm F2.8 MACRO)
森で逢った、木の冬芽シリーズ。
c0048117_0364131.jpg
左上:オニグルミ、左下:ハリギリ、右下:ホウノキ、右上:サワシバかな?
[PR]
by mrkgen | 2006-03-11 23:54 | 木の芽 | Comments(2)