トップ
<   2007年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
茅の輪くぐり
明日から「茅の輪くぐり」が始まります。今朝の神宮で、その準備をしていました。明日は、茅の輪をくぐって命を延ばさなくちゃ(爆) 命根性の汚い人は、是非くぐりに来て下さい。ジェイもくぐらせたいけど、犬禁なんです。特に神門の中には、ジェーーーッタイ入れさせてもらえませんから<`~´> 
c0048117_2052201.jpg
「茅の輪」の上に書かれている言葉です。
『みな月の なごしの祓いする人は 千年の命 のぶといふなり』
[PR]
by mrkgen | 2007-06-30 21:45 | あちこち | Comments(0)
ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目/ジャノメチョウ科)
お昼、お庭にヒラリと立ち寄ってくれました。林道を歩くと普通に見れますが、お庭では初めて見ました。ウチも山中と言うことかしら(^_^;) 珍しい蝶を撮ろうとしているときに、目の前をジャマするように飛ぶことがあって、結構イライラする蝶なんですよ(^_^;)

ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目/ジャノメチョウ科)
発生:年2回ぐらい 5月~9月
c0048117_20593121.jpg
午後から川へ遊びに行った時にも見れました。お友達と一緒だったので、深追いもせずワンショットだけ撮りました。
c0048117_2114226.jpg

越冬キベリも飛んでいました。ここに来るたびに見るのですが、いつも暑い日中なので、なかなかとまらないのです。今日は涼しく日向ぼっこスタイルでした。友達の肩にもとまって、オォーーッとカメラを構えたんだけど、飛んでいってしまいました。黄色い縁が白くなって、越冬した歴史を感じるね!(^^)!

キベリタテハ(黄縁たては/タテハチョウ科)
発生:年1回8月中旬から見られます。成虫で越冬、翌年の6月位まで活動
c0048117_2141296.jpg

[PR]
by mrkgen | 2007-06-30 21:21 | 蝶/mariposa | Comments(0)
ヤマグワ(山桑/クワ科)
桑の実がずいぶん赤くなっています。黒く熟しているのもあって、歩道にポトポト落ちています。樹木図鑑に8月に熟すと書いてあるけど、まだ6月だよ(@_@) この実、美味しいんですよ。あまり食べると、口が染まってしまうけど。。。
c0048117_120577.jpg

5月18日に出している、ミツバアケビ。ずいぶん実が生りはじめています。まだ、小指ぐらいの大きさですが、これからドンドン大きくなるのが楽しみ♪
c0048117_1223434.jpg

[PR]
by mrkgen | 2007-06-28 23:45 | 実/fruta...種 | Comments(4)
アンギラス(1839m)
アンギラスはゴジラ映画に出てくる、ギザギザの背中が特徴の架空の恐竜です。日曜日、ニセイカウシュッペ山(1878.9m)から通称『アンギラス』と呼ばれる、恐竜の背中(吊尾根)を超えて、比麻奈山(ヒマナヤマ・1811m)⇔比麻良山(ヒマラヤマ・1796m)→平山(ヒラヤマ・1771m)を登って白滝に降りました。
c0048117_724440.jpg
以前、ニセイカウシュッペ山を登った時に眺めていた、平山山系へ抜ける吊尾根。一昨年、よく山行をご一緒する仲間が歩いた報告を、ワクワクしながら読んだ憧れの山道です。ニセイカウシュッペ山の登りと、平山の最後で雨に降られましたが、稜線上は雲の上でした。アンギラスのトゲ棘を一つ一つ、注意深く登ったり降りたり、遠くから見ているよりは木が多いので、恐怖感はなかったですが、木々の隙間から見える足元は、スッパリ切れ落ち高度感はすごいものがあります。でも、目を遠くに移すと大雪の山々が雲に浮かび、至福の稜線歩きでした。

お花はキバナシャクナゲ、イワウメなどなど、早い時期に咲くお花がそこかしこで咲き乱れ、天上の楽園そのものでした。帰りは上川の無料の高速道路から道央道にそのまま入りました。2時間半の予定でしたが、眠くなって砂川SAで一休みのつもりが、一時間も眠ってしまい、札幌に着いたのは9時を過ぎていました。でも、高速は高いけど、つくづく早くて楽だわいと感心しました。

大千軒岳の山行記も作ってないのに、、アァ~~~(@_@;)

山行記作りました!MainSiteのHP「montana」からお入りください♪
[PR]
by mrkgen | 2007-06-25 23:59 | 夏山/montana | Comments(6)
ポプラ(ヤナギ科)
今日は夏至。日の出が3時55分、日の入が19時18分。お昼休みのお散歩も影が短く、日陰を探して歩くのが一苦労です。札幌はフワフワと白いものが舞っています。雪ではありません。ポプラの種でっす。樹木図鑑を見ていて、ポプラってヤナギ科なのに気がつきました(^_^;)正式な名前は「セイヨウハコヤナギ」というらしい。でも、今飛んでいる綿毛は、「エウロアメリカポプラ」かも。強い陽射しを受けてフワフワ飛んでいる姿は、なんとなく雪の様でもあり、不思議なメルヘンの世界です。

白い雪みたいなのが見えるかしら(-_-;)
c0048117_21382471.jpg
c0048117_21391183.jpg

フワフワ綿毛が飛んでいる側で、エゾシロチョウもフワフワ飛んでいます。今、街中で飛んでいる白い蝶は、ほとんどがエゾシロチョウのようです。
c0048117_21445575.jpg

[PR]
by mrkgen | 2007-06-22 21:42 | 実/fruta...種 | Comments(4)
ベニシジミ(紅小灰蝶/シジミチョウ科)
日曜日の川遊びポイントでも見ましたが、今朝のジェイ散歩で、とっても綺麗なのを見つけました。どこでも見れる普通種ですが、初めて意識して写真に撮った時は綺麗で感激しました。発生は年数回だそうですが、夏に発生する固体は黒っぽいんですね。今頃のは赤味が強くて、本当に綺麗です。普通種でよかったわ。数が少なければ採りまくられそう。

ベニシジミ(紅小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年数回、5月位から10月位
c0048117_0443887.jpg

下の3枚は日曜日(17日)の川遊びポイントで
c0048117_045574.jpg
c0048117_0463090.jpg
c0048117_0502849.jpg

川遊びポイントのベニシジミを撮っていた側に咲いていました。Mamoさんに名前を教えていただきました。帰化植物だそうですが、小さく可憐で好きだわ。お庭に植えようかしら(^_-)
ニワゼキショウ(庭石菖/アヤメ科)
c0048117_342274.jpg
c0048117_23581863.jpg

[PR]
by mrkgen | 2007-06-19 23:59 | 蝶/mariposa | Comments(4)
アキグミ(秋茱萸/グミ科)とオニグルミ(鬼胡桃/クルミ科)
去年の11月23日に出しているアキグミの実は、この木なんですよ。目立たないけど、よく見ると可愛い花をビッシリつけています。6月15日撮影
c0048117_23512319.jpg
c0048117_23514397.jpg

実のなる木ついでに、オニグルミの雌花です。6月9日撮影
c0048117_23585513.jpg

あっという間にこんなに大きくなっていました。6月17日撮影
c0048117_012385.jpg

[PR]
by mrkgen | 2007-06-19 00:02 | 樹木の花/flor | Comments(2)
サカハチチョウ(逆八蝶/タテハチョウ科)
17日、ジェイの川遊びで会った蝶です。羽を開いた模様が八の字の逆さまに見えるからという、とても分かりやすいネーミングですね。以前、川原で集団吸水していて、手を伸ばすと簡単に手乗りになってくれた思い出があります。人の汗が好きなようです。日曜日のサカハチは、全然遊んでくれませんでした。汗のかきかたが少なかったのかも(^_^.) ジェイもすぐ側でチョロチョロしていたしぃ~。。。
似た蝶にアカマダラという蝶がいますが、まだあったことがありません。いつもサカハチに会うたびに、アカマダラか?!って緊張するのですが、ガックリなのです。

発生:年2回、6月頃の春型 8月頃の夏型
c0048117_2315138.jpg

c0048117_23144490.jpg

目が合ってしまった(+_+)
c0048117_23153651.jpg

[PR]
by mrkgen | 2007-06-18 23:24 | 蝶/mariposa | Comments(0)
エゾシロチョウ(蝦夷白蝶/シロチョウ科)
6月5日のトラフシジミの記事に、エゾシロチョウの幼虫に食べられた、丸坊主の桜の木の写真を出していますが、先週ぐらいからフワフワと飛び始めています。お昼休みのジェイ散歩で撮りました。もうすでに擦れてきていますね。オオモンシロチョウより一回りほど大きく、飛び方もボンヤリした感じかな。神経質じゃないので、簡単に撮ることができます。ヒメウスバシロチョウに少し似ていますね。蝦夷とつくとおり、日本では北海道にだけ生息しています。

エゾシロチョウ(蝦夷白蝶/シロチョウ科)
発生:年1回、6月~7月頃
c0048117_2210333.jpg

イヤだって言ってるのに、しつこいんだから(>_<) 下の蝶、羽の鱗粉が取れてるわ。
c0048117_2215389.jpg

この間まで毛虫だったのに、あっという間にこんなことになってる!(^^)! (19日撮影)
c0048117_0561119.jpg

フワフワと優雅に飛びますが、幼虫は集団で発生するので、バラ科の樹木が広範囲に食べられてしまうのです。越冬は巣の中で幼虫態でなされるそうです。不思議、凍らないのかしら。

木を丸坊主にした毛虫たち(ウギャー(@_@)気持悪いです!
[PR]
by mrkgen | 2007-06-18 22:25 | 蝶/mariposa | Comments(0)
ヒメウスバシロチョウ(姫薄羽白蝶/アゲハチョウ科)
川遊びポイント、昨日も飛んでいましたが、オナガアゲハに夢中になって、撮らなかったので、今日は、遊んでもらいました。朝の日向ぼっこのスタイルとは違って、花から花へヒラヒラというかフラフラ飛んでいました。ゆったり飛んでいるわりには、なかなかとまらないし、結構神経質かな。でも、陽射しに透ける羽は綺麗ですね。今までじっくり見たことがなかったので、感激です。シロチョウっぽいけど以外やアゲハ科なんですね。

発生:年1回、5月下旬~6月中旬
c0048117_1731294.jpg

下の蝶はお尻に何かついていますね。図鑑によると交尾板のようです。
c0048117_1732017.jpg
交尾板:♂が交尾した♀が他の♂と交尾できないようにするために、自分の粘液で作った殻を♀の下腹部につけるものだそうです。なので、これは♀なんだわ(^_^.)
c0048117_1755898.jpg
日本に生息するウスバシロチョウの仲間は、ウスバキチョウ(大雪山)、ウスバシロチョウ(北海道・本州・四国)、ヒメウスバシロチョウ(北海道)の3種。日本にすむウスバシロチョウの仲間は氷河時代に大陸から渡って来たと考えられるそうです。『札幌の昆虫』図鑑より抜粋。
[PR]
by mrkgen | 2007-06-17 17:13 | 蝶/mariposa | Comments(2)