トップ
<   2008年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
クサギ
朝のお散歩コースにあるクサギです。ちょっと離れて見るのも、お花が星のように見えて素敵ですね。

クサギ(臭木/クマツヅラ科) 
c0048117_23214946.jpg
c0048117_23215842.jpg
葉に強い臭気があると図鑑に書いてあったので、葉をこすってみましたが、それほどでもなかったです。ゴムのような臭いかな。この程度でクサギ(臭木)なんて名前をつけられて可哀相です。お花はとってもいい香なのに。  
c0048117_23253921.jpg
2006年8月2日のクサギ  秋の実も素敵です♪
[PR]
by mrkgen | 2008-07-31 23:19 | 樹木の花/flor | Comments(2)
クワガタ
朝のお散歩で、道を歩いていました(^_-)
c0048117_23375087.jpg
写真写りが悪いので、葉っぱの上にのせてみました。ハイ、やらせです。口を大きく開いて怒っています。図鑑によると、ミヤマクワガタの♀のようです。腿節に褐色の紋を持つのが特徴らしいです。
c0048117_2339418.jpg
よく見ると、メカニックな感じがして面白いですね。男の子がいかにも好きそうな感じだわ。
c0048117_23452777.jpg

[PR]
by mrkgen | 2008-07-30 23:34 | リスとか鳥とか.. | Comments(0)
ジャノメチョウ(蛇目蝶)
今朝の早朝散歩で、蝶らしく柔らかに飛んでいました。わりと見かける蝶ですが、あまりにも地味で撮る意欲がわかない蝶でもあります。キミは蝶なんだよ、蛾じゃないんだから、もう少しなんとかしたらって感じです。でも、pulalaさんが、蛇ののブルーが綺麗と指摘されてたので、ブルーを撮ってみました(^_^;)

ジャノメチョウ(蛇目蝶/ジャノメチョウ科)
発生:年一回、7月~8月頃 
c0048117_23384472.jpg
c0048117_23393861.jpg
c0048117_0424267.jpg

う~~~ん、やっぱり地味すぎだわ(^_-)
c0048117_23415472.jpg

[PR]
by mrkgen | 2008-07-29 23:22 | 蝶/mariposa | Comments(2)
サカハチチョウ(逆八蝶)
朝、出掛けに自宅の壁にとまっているのを見つけました。何かしら美味しいものが、壁から出ているのかしら(^_^;)

サカハチチョウ(逆八蝶/タテハチョウ科)
発生:年二回、春5~6月頃と夏7~8月頃

c0048117_045554.jpg
 
お庭にもよく来る蝶ですし、何年か前の初夏に、2頭を手乗りにもした蝶で、人の汗とかが好きらしい。春型と夏型があり、これは典型的な夏型で色黒です(^^)v  2005年6月19日のサカハチ
八の字を逆さにしたような柄から名前がつけられています。
これによく似て北海道だけにいる「アカマダラ」と言う蝶がいますが、まだ見たことがありません。
c0048117_034685.jpg

足の色が明るくて素敵ですね♪ 
c0048117_2357452.jpg

[PR]
by mrkgen | 2008-07-28 23:55 | 蝶/mariposa | Comments(2)
山のトイレデー
今年の山のトイレデーは、どこで広報活動をするのかな。リーダーについていかなくいちゃ(*^_^*)
c0048117_722535.jpg

[PR]
by mrkgen | 2008-07-27 07:20 | 山の勉強 | Comments(0)
アサヒヒョウモン(旭豹紋)
先日の大雪山で見ました。お日様が出ると、何頭も飛び回っていましたが、帰り道はガスがかかり、雲隠れしていました。いつも山仲間と歩いていると、蝶は見かけてもなかなか撮る機会がないのですが、今回はゆったり登山だったので、少し時間が取れました。
大雪山塊の標高1700m以上の高山帯のみに生息する、小型のヒョウモン蝶です。

アサヒヒョウモン(旭豹紋/タテハチョウ科)
発生:年一回、6月中旬~7月
国の天然記念物、国RDB準絶滅危惧、北海道RDB希少種
 
c0048117_7155435.jpg
c0048117_716142.jpg

この蝶は武士のように、松の枯葉を刀にして腰に挟めてます(^_^;)
c0048117_7163792.jpg

[PR]
by mrkgen | 2008-07-23 23:04 | 蝶/mariposa | Comments(6)
緑岳(2019m)から白雲小屋へ、その5(最終)
c0048117_131778.jpg小屋にはシマリスも泊っているようで(^_-)子育てで忙しく出たり入ったりしていました♪ 

3年前に来た時も同じ時期でしたが、雪解けの遅い年でテント場にも残雪がありましたが、今年は綺麗に乾いており、その年によってずいぶん違うようですね。

水場は小屋からテント場の横を通ってすぐです。水場の周りは黄色いお花がいっぱい咲いていて、見に行ってきましたが、白雲岳から美味しい水が流れてきていました。

ウコンウツギ・ミヤマキンポウゲ・シナノキンバイ
c0048117_181358.jpg

小屋の周りはお花の種類も多くて、楽しいです。写真に撮りきれないので、目に焼き付けて下山しましょう。

ヨツバシオガマとチシマフウロ 
c0048117_1214418.jpg

天気予報では午後は晴れになっていたはずですが、相変らず雲が多いです。時々雨がポチポチしますが、降るほどでもありません。綺麗なお花を見ながら歩きます。
今回はエゾツツジの時期にピッタリ合った様で、本当に素晴らしかったです。
c0048117_129429.jpg
緑岳頂上で一休み。岩場の急斜面の下りは気をつけてゆっくり降りましょう。朝6時から登り始めてから9時間、登り口の高原温泉に無事到着です。。
c0048117_142154.jpg
久しぶりの大雪山は、やはり期待を裏切らない素晴らしさでした。今回はノンビリお花を楽しみながらのユッタリ登山でした。高原温泉で登山靴を洗って、足湯があったのでチョットだけ足湯しました。ものすごく熱くて、熱すぎ(^_^.) この日は層雲峡のバンガロウに泊って、次の日の朝戻ってきました。ユッタリの2泊3日で、山登りは一日だけでしたが堪能しました(*^_^*) ご一緒して頂いた仲間の皆様、ありがとうございます<(_ _)>
[PR]
by mrkgen | 2008-07-22 23:50 | 夏山/montana | Comments(4)
緑岳(2019m)から白雲小屋へ、その4
c0048117_19514768.jpg緑岳頂上から、ゆっくりお花を見ながら1時間で白雲岳避難小屋です。小屋は、綺麗にペンキが塗りなおされていました。小屋の奥にあるテント場には、昨夜は50張り以上のテントが張られたそうです。連休とあって本州からの登山者やらで、小屋の周りは大賑わいです。お花も小屋の周りは素晴らしいです。雲も流れたり晴れたりなので、お花と景色をのんびりと楽しみながら、昼食タイムとします。お花を見たりしているうちに、あっという間に1時間半が過ぎてしまいました。

エゾイワツメクサ(蝦夷岩爪草/ナデシコ科) 
c0048117_2084965.jpg

キバナシオガマ(黄花塩竃/ガマノハグサ科) 
c0048117_20105073.jpg

チシマクモマグサ(千島雲間草/ユキノシタ科) 
c0048117_20175428.jpg

エゾタカネスミレ(蝦夷高根菫/スミレ科) 
c0048117_20112088.jpg

チシマギキョウ(千島桔梗/キキョウ科) 
c0048117_20154965.jpg

コマクサ(駒草/ケシ科) 
c0048117_2020569.jpg

***その5へ続く***
[PR]
by mrkgen | 2008-07-21 20:24 | 夏山/montana | Comments(2)
緑岳(2019m)から白雲小屋へ、その3
ここから大雪山らしい天空の稜線歩きです。雲が多く遠望がききませんが、足元の可愛らしいお花を見ながら進みます。
c0048117_194133.jpg

大好きなクモマユキノシタ(雲間雪の下/ユキノシタ科)もそこかしこに咲いています。
c0048117_195734.jpg

小泉岳への道から板垣新道へ進み白雲岳避難小屋を目指します。
c0048117_1985410.jpg

雪渓を横切ると、小屋も間近です。
c0048117_1972961.jpg

チョウノスケソウ(長之助草/バラ科)
c0048117_19124220.jpg

チシマキンレイカ(千島金鈴花/オミナエシ科) 別名タカネオミナエシ(高根女郎花)
c0048117_19151086.jpg

小屋の周りはお花畑。チシマフウロ(千島風露/フウロソウ科)
c0048117_19195976.jpg

***その4へ続く***
[PR]
by mrkgen | 2008-07-21 19:28 | 夏山/montana | Comments(0)
緑岳(2019m)から白雲小屋へ、その2
大斜面の下で大休憩してから(^_-)斜面に取り付きます。 雲が流れており、ガンガンの直射日光には攻められないようです。
c0048117_1822253.jpg

高根が原方面には雲が流れており、今回は一度も高根が原の上は見れませんでした。
c0048117_18225338.jpg

この岩石地帯の急斜面をジグを切って登って行きますが、近いようでなかなか頂上に着かないよう。ホシガラスが時々飛んできて、人間を観察しているようでした(^_-)
c0048117_18231865.jpg

高原温泉の登山口を出発してから、3時間15分で頂上です。お花を見ながらのゆっくり登山です。緑岳頂上に着いた時は、雲が流れてきて真っ白です。風も冷たくウインドブレーカーを着て一休みしているうちに、すぐ雲も切れ始め、小泉岳方面から白雲岳も見えてきました。
正面に白雲岳(2229m) クリックで大
c0048117_18234010.jpg

白雲岳の左には北海道最高峰の旭岳(2290m)、左手の高根が原は雲の下です。 
c0048117_18284098.jpg
人も沢山登ってきたので、先へ進むことに。小泉岳への道を進みます。こちらの斜面はエゾツツジが花盛りです♪
c0048117_1835045.jpg
c0048117_18594688.jpg
***その3へ続く***
[PR]
by mrkgen | 2008-07-21 18:37 | 夏山/montana | Comments(0)