トップ
<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ぶな滝の沢、その1
10月31日、雪の予報がでている時期に沢登りって、意外な感じですが意外にメチャ楽しかったです。
黒松内岳は今年の夏にも重滝(シゲタキ)から登っています。ぶな滝の沢は、重滝以上に楽しいと聞いていたので、とても登りたかった沢です。寒さ対策として、ファイントラックという商品の長袖を着て行きましたが、非常に有効だったようで、寒いと感じることはなかったです。風がほとんどなかったのも、よかったです。

入渓地点を振り返って見ています。(8:08)
c0048117_7171214.jpg

すぐ滝が現れます。ワクワク♪(8:11)
c0048117_7175863.jpg

(8:21)
c0048117_7181125.jpg

どの滝も簡単ではないけど、直登できます。(8:29)
c0048117_718228.jpg

(8:30)
c0048117_725354.jpg

寒い時期なので、なるべく体を濡らさない為に、ヘツリを頑張ります(^_-)(8:36)
c0048117_7262815.jpg

***その2へ続く***
[PR]
by mrkgen | 2009-10-31 23:16 | 沢登/montana | Comments(2)
黒松内岳・ぶな滝の沢
速報版! 詳細は後日(^_^;) その1~4で!
登り:3時間25分(左股沢)
下り:2時間25分(右股沢)


雪の予報が出ている秋の一日、道南の黒松内岳のぶな滝沢を沢登りで楽しんできました。風がなかったせいか、寒さで震えることなくメチャ楽しみましたよ。ぶな滝沢の左股から登り、右股を降りるというフルコースでお腹イッパイに疲れました!






[PR]
by mrkgen | 2009-10-31 20:33 | 沢登/montana | Comments(2)
朝鮮五味子(チョウセンゴミシ)の実
午後から「ばんけい市民の森」をお散歩してきました。今回は車で行きました(^_^;) チョウセンゴミシがあるということで、草花に詳しいワン友(ノンカーさん)に場所を聞いて味見しに行ってきました。週初めに観察した方の写真では、丸々していたのに、もう萎びていました(+_+) でも、味見はできましたよ。5つの味『甘い・酸っぱい・塩辛い・苦い・辛い』は、イマイチわかりませんでした。酸っぱいと苦いは感じました。来年は、もっと早い時期に観察しに行かなきゃ。

朝鮮五味子(チョウセンゴミシ/マツブサ科)
落葉つる性低木
マツブサ(松房)房状の果実がなり松脂のような匂いがある
c0048117_22495186.jpg

朝鮮五味子の赤い果実は、漢方で古くから滋養・強壮・やせき止めとして使われている重要な生薬だそうです。1700年代前半に、薬用として中国から朝鮮を経由して日本に来たことから名前がついたようですが、もともと自生もしていたみたいです。収穫してくるべきだったかな。 果実酒にしたら、とっても健康に良さそうだし、五つの味もより深く味わえるかな(^_-)
c0048117_2250415.jpg

左上の赤いのがチョウセンゴミシで、右の黄色はツルウメモドキです。つる性の木が絡み合っているので、実の側に行くのが大変でした。
c0048117_0375683.jpg
6~7月にお花が咲くそうですが、ダニの時期ですね、見たいけど考えちゃうな、。

すぐ側にカンボク(たぶん)も赤い実をつけていました。こちらも味見をしてみました。スッペー(+_+)
カンボク(肝木/スイカズラ科) 
c0048117_2312209.jpg

お花の時期より実になった時の方が目につきますね。
ツルリンドウ(蔓竜胆/リンドウ科)
c0048117_23503760.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-10-24 23:17 | 実/fruta...種 | Comments(2)
三菱山(482m)
ばんけい市民の森を歩いたついでに、久しぶりに三菱山に登ってきました。以前は林道歩きの道しかなかったのに、直登する道が(黄色の点線)できていました。クリックで大
c0048117_23275826.jpg

c0048117_23282243.jpg

なかなかの急坂です。岩ゴロの道だけど4WDは強いな(^_-)
c0048117_23283110.jpg

頂上から、新しい道で笹が刈り払われているので、藻岩山がよく見えます。
c0048117_0472019.jpg

下りも、もう一つ道が新しく出来ていたので使ってみました。看板には×印がついてますが、降り口にはピンクテープがあるだけでした。岩ゴロゴロの道で、落ち葉があるので危なかしかったです。登山靴じゃなかったし、。
c0048117_23285237.jpg

途中、見晴らしのいいところから見る、盤渓山と砥石山。
c0048117_0231846.jpg

あとは林道歩きでタラタラと紅葉をたのしんできました。
[PR]
by mrkgen | 2009-10-24 21:36 | 里山/montana | Comments(0)
尻別岳(1107.4m)、笹刈りボランティア
c0048117_11131452.jpg土曜日、HYML(北海道の山メーリングリスト)の有志で作る「山の道を考える会」主催、恒例の年一回の笹刈りボランティアに参加してきました。

尻別岳の北面にある喜茂別側コースです。何日か前に下見をしたメンバー達は、頂上まで無理かもと思ったほど酷い笹被りで、道が分からなくなりそうな所もあったそうです。でも、30名ほどの参加者と笹刈り機8台で、廃道化した登山道は見事に蘇りました。
c0048117_11211562.jpg

このコースは大昔に、一度登ったことがあります。今はルスツスキー場の橇負山コースが、結構上まで車で行けるので、そちらを使う人がほとんどで、こちらの急登コースは敬遠されています。そのため廃道化状態になっているんですね。でも、笹を刈りながら後を振り返ると、喜茂別の街が見え、なかなかステキなルートだと思います。 
c0048117_11223537.jpg

この日は高曇りで札幌方面の山、余市岳・無意根山・喜茂別岳も見えていたのですが、写真には写らなかったのが残念。笹刈りで広くステキな登山道が復活しましたので、是非使っていただきたいです。車は1合目付近の林道脇に何台か停めれます。今回も10台ほど停めました。農家の方の車が通るので、邪魔にならないよう駐車すればOKです。8合目を過ぎると頂上の稜線が見えてきます。先行したチームが笹刈りした、気持のいい道を頂上へ進みます。
c0048117_1125535.jpg

9合目にある岩。
c0048117_11262959.jpg

c0048117_11291220.jpg頂上で全員集合。道を貫通させた充足感に包まれています♪ 登山で登ると1時間半ほどで登れる道ですが、8チームに分かれて、笹を刈りながら登るので、6時半1合目出発、笹刈り終了頂上は12時15分でした。笹刈り機のガソリン代など、手弁当でお金を出しあい頑張りました。みんな素晴らしい仲間達だわ!1時間あまりノンビリして、自分達が笹を刈った広い気持のいい登山道を、急坂で「つかまる笹がない!」と文句を言いながら(^_^;)楽しい気分で降りてきました。
c0048117_11424015.jpg

真狩の温泉で汗を流し、ニセコにある仲間の山荘で打ち上げ飲み会に突入! 今日はお天気が良ければ沢登りの予定でしたが、雨降りの天気で中止になり、山荘から真っ直ぐ帰ってきました。さて、ぽっかり空いた日曜日、ジェイはお友達の所なので、ちょっとノビノビしようかな、、。
[PR]
by mrkgen | 2009-10-18 11:51 | 夏山/montana | Comments(8)
M邸のM-wall
毎週一回は通っているM-wall。師匠達は、次から次に難しいルートを作っています。作っては落ち、、、で、落ちなくなるんですね。その過程が勉強、楽しいと言えば楽しい。悔しいといえばクヤシイ(^_-)

師匠が、お手本をと思ったら、落ちちゃいました!(^^)! 超困難ルートです。私は、触れる気もしませんです。



あまりにもヘタッピー(P組)なので、私専用ルートがあります。エヘンと威張るほどのものじゃないですね(+_+) おかげさまで、ジワジワとムーブなるものも覚えてきているような気がする今日この頃じゃ。
c0048117_21444583.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-10-15 21:51 | 岩壁/montana | Comments(4)
砥石山(827m)へ
自宅から全行程、歩いて一周してきました。円山西町神社の横を通って藻岩山登山道へ。藻岩山のT6分岐~小林峠へ抜けて、小林峠の砥石山登山口から砥石山山頂へ。山頂からは、初めて歩く源八沢口へです。たぶん総行程25kmぐらいかなと思います。9時自宅発、砥石山山頂は12時半でした。帰りは源八沢口へ、静かな山道ですね。福井のワン友宅で小一時間休んで、自宅着17時ちょうど。9時-17時のお勤めみたい!(^^)!
c0048117_2135678.jpg


昨日の嵐で、無意根山も白くなったんですね。
c0048117_21363295.jpg

樽前山と風不死岳
c0048117_19443063.jpg

手稲山
c0048117_19451339.jpg

藻岩山と手前に盤渓山
c0048117_19463343.jpg

源八沢口への登山道は静かで、日本海が見えて素晴らしいです。
c0048117_19475287.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-10-12 21:37 | 里山/montana | Comments(4)
遠くの山は真っ白
午後から、大倉山を登って手稲福井のワン友の家までノンビリお散歩です。

自宅→荒井山→大倉山→小別沢→福井堰堤→ワン友宅(2時間)
帰りは普通に住宅街経由にしたら、40分で自宅着でした!(^^)!


荒井山の途中から街を見ると、奥に夕張岳が白くなってます。
c0048117_16261912.jpg

芦別岳も!
c0048117_16254933.jpg

クリックで大きく!
c0048117_1652521.jpg

そして大倉山シャンツェから芦別岳の左奥に真っ白な山々が!十勝連峰かな。
c0048117_15241629.jpg

小別沢へ、気温も快適なハイキングですわ。
c0048117_1526442.jpg

手稲山も上の方は紅葉も終盤かな。初冠雪も間もなくでしょうね。
c0048117_15264944.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-10-10 23:11 | 里山/montana | Comments(0)
妖しい夕焼け
帰り道、日が短くなってすっかり夕焼けですわ。
c0048117_151048100.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-10-07 15:09 | 空...景色 | Comments(0)
不動岩稜、その3(最終)
なかなかな景色が後に広がっていますね!(^^)! photo by fel
c0048117_23175255.jpg

海の青さ、最高!私も笑顔だぜい! photo by fel
c0048117_2318292.jpg
 
photo by fel
c0048117_23181446.jpg

こんな景色を見ながら登れたのは最高でした。登ってる間は見てないですというか、見る余裕はありません。上に着いてビレイしてからです。
c0048117_23164620.jpg

フェルさんのいる岩峰を過ぎると、マーブルテラスに下りることになります。午後から雨予報ですが、全然降りそうにないです。 
c0048117_2316445.jpg

こんな景色を見ながら、まったり昼食タイムです。テーブルリッジも楽しかったけど、不動岩稜もなかなか緊張して楽しかったです。室内壁で練習して、次回は鬼の踊り場から登れるようになるのが夢になったわい♪フェルさん、またまたお世話になりました。フェルさんの「登れるはず!」という診断に間違いがなくて良かったです。 
c0048117_1449391.jpg
見えてる窓岩を登るのは上級コースだそうです!
[PR]
by mrkgen | 2009-10-06 23:15 | 岩壁/montana | Comments(2)