トップ
<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
黒岳白水沢
c0048117_1811648.jpg土曜日、大雪山の黒岳を白水川から登ってきました。水量が多目だったと言うことで、なかなか大変でしたが、ものすごく楽しかったです。
体力的にも技術的にも精一杯の力を出し切ったという感じで、達成感に満ちています。
詳細は後日(^_^;) 
ヤマレコの「大雪山黒岳」にアップしましたよん

←今の気分はこんな感じでしょうか!
やったぜー!(^^)!

c0048117_18113652.jpg










エッちゃんが撮った大滝のムービーです。下の方でエッチラ登っているわ。


c0048117_18315297.jpg

[PR]
by mrkgen | 2010-08-29 18:32 | 沢登/montana | Comments(4)
読書中~(^_-)
先日、HYMLのメールで話題になっていた本、図書館で借りてきました。
c0048117_1233596.jpg

上川と十勝を最短で結ぶ予定だった、大雪縦断道路の建設にまつわる話です。
渡辺淳一がこんな本を書いていたなんて知りませんでしたわ。もう絶版になっているそうです。まだ読み始めたばかりですので、感想はナシ(^_^;)
[PR]
by mrkgen | 2010-08-25 12:38 | Comments(0)
ゼフの♀(^_^;)
朝散歩で見かけました。
今年の夏は、蒸し暑いせいか蝶が多いように感じます。
c0048117_915269.jpg

[PR]
by mrkgen | 2010-08-21 07:00 | 蝶/mariposa | Comments(4)
アゲハモドキ(蛾です!)
朝のお散歩で、道路で休憩中でした(^_^;) 一度見たいと思っていた蛾です。右の翅が汚れているのが残念。写真を撮ったあとで、突いてみたらふわふわと飛んでくれました。飛び方、蝶っぽいです(^_-)
毒を持っているジャコウアゲハのメスに擬態していると言われてます。ジャコウアゲハは北海道には生息していないので、見たことがないです。大きさはこのアゲハモドキよりだいぶ大きいいようですね。このアゲハモドキはクジャクチョウぐらいの大きさでした。

アゲハモドキ(揚羽擬蛾/チョウ目・アゲハモドキガ科)
c0048117_14512892.jpg

「蛾」と「蝶」の区別は触角の形で区別がつきますが、ごく一部に例外もあるらしく、きちんとした線引きは難しいらしい。まぁ、北海道で見れる蝶と蛾には、関係ないけどね。蛾は絶対に見たときの雰囲気で分かりますね。イカリモンガを蝶に間違える人もいますが、全然蝶らしくないです。で、蝶らしさって何と聞かれると、上手く説明できません。蝶は触れるけど、蛾は触る気がしません。そうそう、撮ってみたい蛾にオオミズアオという、薄緑色で大きくて綺麗な蛾がいます。どこで会えるのかな。蛾は夜行性が多いからな。
[PR]
by mrkgen | 2010-08-19 07:50 | 蝶/mariposa | Comments(4)
ゆるゆる黒岳(^^ゞ
14日、ノンビリ朝8時札幌出発。黒岳7合目リフト終点を12時に登り始めます。一泊装備(テント・水・寝袋など)の重たいリュックで、ダラダラ登ります(^_-) 

14日 リフト終点12:00~13:35黒岳頂上14:00~14:30テン場
15日 テン場~7:00桂月岳~テン場8:00~8:30黒岳8:35~9:35リフト


暑いですが、久々の表大雪が新鮮。暑さのせいか、蝶がイッパイ飛びまくって、蝶を堪能しながら登りましたわ。黒岳の頂上は風が心地よく、寒くなるぐらい。景色を堪能しながら、黒岳石室のキャンプ指定地へ。登山道脇の花々は、チングルマが風車の穂になっており、イワギキョウ・ミヤマリンドウなど青いお花が多かったです。途中でビールが入った袋に、雪渓の雪を詰めるのを忘れずにね♪
c0048117_1252652.jpg

キャンプ地、テントがイッパイですが、丁度撤去しているチームがいて、そこの跡地へテント2張り設置!今回は、超ノンビリでテン泊が目的なのだわ。
c0048117_12524135.jpg

夜はペルセウス座流星群を見たかったのですが、2日ほど遅かったかも。人工衛星一個と天の川を見て満足しました。三日月が綺麗。
c0048117_12532182.jpg

翌朝は、北大の「熊研」の方達が凌雲岳に熊を見つけて、フィールドスコープで見させてもらいました。肉眼でも黒い点が動くのが分かりましたが、スコープで見ると軽やかに動き回る姿が素晴らしかったです。朝食を済ませ、桂月岳に登りました。キャンプ地からゆっくり15分ほどです。桂月岳は2度目です。
c0048117_12535832.jpg

朝早く起きれば、日の出が見れたんでしょうが、超ノンビリがコンセプトの今回でしたので、目が覚めた時は、すっかり太陽は高く上がっていました(^_^;) ノンビリ片づけて黒岳へ戻ります。頂上から北海沢の方を見ると、ゴーゴーと言う音が聞こえます。あの滝の音です。
c0048117_12565344.jpg
c0048117_1257988.jpg

登ってくる人たちが増えないうちに降りましょう。下りも蝶を見ながらゆっくり下山。次から次に子供づれなんぞが登って来てましたわ。久々に、人口密度の高い登山でした。。
c0048117_12552142.jpg

黒岳の湯で汗を流して帰ってきました。高速の渋滞が嫌で早めに出たのに、比布JTですごい渋滞にハマりました。旭川北を過ぎるまで、渋滞は続きましたね。その後は交通量は多かったですが、渋滞はなく無事に札幌着。超ノンビリ山泊も、たまにいいですね。
[PR]
by mrkgen | 2010-08-17 23:40 | 夏山/montana | Comments(0)
登山道は蝶いっぱい
記事は後ほど(^_^;)
土曜日は、ゆるゆる登山で、黒岳のテン場で一泊して今日帰ってきました。

リフトから降りて登り始めると、お花の上にはコヒオドシが群がって飛びまくっていました。よく見ると、シータテハ・エルタテハ・ヒョウモンチョウの仲間も混じっています。久しぶりの黒岳でしたが、この時期には登っていませんでしたね。テント・寝袋など、一泊装備を背負っての暑い登りでしたが、なかなか楽しい登山道でした♪

シータテハ(Cたては/タテハチョウ科)
夏型のシータテハは切れ込みが深くてカッコいい!
c0048117_18164649.jpg

エルタテハ(Lたては/タテハチョウ科) 
左手前のボケボケはコヒオドシ
c0048117_18165548.jpg

シータテハとコヒオドシが、一つのお花で仲良く吸蜜中♪
c0048117_18172315.jpg

シータテハとキベリタテハが仲良く吸蜜中♪ 右端にもシータテハが♪
c0048117_18173258.jpg

キベリタテハ(黄縁たては/タテハチョウ科) 
c0048117_18175634.jpg

キアゲハとコヒオドシ。カラスアゲハもイッパイ飛んでいましたわ♪
c0048117_1818725.jpg

アカタテハ(赤たては/タテハチョウ科) 
ヒメアカタテハは何度も見るのに、アカタテハは初めて撮れました。割と普通種らしいのに、今まで撮れなかったです。ここでも、これ1匹しか見ませんでした。
c0048117_18182237.jpg

クジャクチョウ(孔雀蝶/タテハチョウ科)普通に町でも見ます。
c0048117_18183011.jpg

コヒオドシはあえて撮りませんでしたが、すごい数が飛んでいました。さすが高山蝶、高い山が好きなんですね。
[PR]
by mrkgen | 2010-08-15 18:19 | 蝶/mariposa | Comments(2)
手乗せ(^_^;)
北海道で見ることができる、黒いアゲハは3種です。オナガアゲハ・カラスアゲハ・ミヤマカラスアゲハです。オナガアゲハは一度だけ、やっと撮ることができました。カラスアゲハとミヤマカラスアゲハは、一緒に集団給水していたり、山の頂上付近で飛んでいたりと、普通に目にします。ミヤマカラスアゲハには、カラスアゲハにはない裏側の白っぽい線で見分けがつきます。
赤い花が好きなんですね。この時も、赤いユリの蜜を吸っていました。早朝なのに暑かったのか羽をバタバタしまくって、写真に撮れないので捕まえてみましたわ(^◇^) このあと、元気に飛んでいきましたよ!

ミヤマカラスアゲハ(深山烏揚羽/アゲハチョウ科)
発生は6月頃と8月頃の2回
c0048117_825076.jpg

裏側の白い線↓
c0048117_83170.jpg

[PR]
by mrkgen | 2010-08-13 08:03 | 蝶/mariposa | Comments(3)
シジミ蝶だらけ(^_^.)
記事は後ほど(^_^;)
土曜の朝散歩で見た蝶です。街中は熱帯夜(25℃を下回らない)だったらしいけど、この辺はたぶん1・2℃は気温が低いので熱帯夜ではなかったと思います。そんな日の朝の気温は25℃弱。いつもの散歩道、妙にチョウチョが飛びまくっています。高い木の梢の先ではゼフの♂が何匹もバトル中。オスは下に降りてきそうにないけど、メスが一匹下草の辺りで飛んでいました。ゼフの仲間の同定が、これまた難しいんだな。札幌圏内で見れるミドリシジミの仲間は8種類だと思います。(札幌の昆虫図鑑によると)

ミドリシジミ・アイノミドリシジミ・メスアカミドリシジミ・オオミドリシジミ・ジョウザンミドリシジミ・ハヤシミドリシジミ・エゾミドリシジミ・ウラジロミドリシジミ

ゼフィルス(Zephyrus):西風の意味。ミドリシジミを中心とした樹上性のシジミチョウの愛称。簡単にゼフ!

オスは翅の表が綺麗な緑~青に輝き、本当に魅了されますね。それに反してメスは、みな地味な色です。たまに青やオレンジ色の模様を持っているものもいます。メスアカミドリシジミはメスが赤い(オレンジ)模様を持っていることから名前がついてます。人間の血液型のように、でる模様の色によってA(オレンジ)・B(青)・AB(オレンジと青)・O型(模様ナシ)に分けられています。

この蝶、図鑑と首っ引きで同定してみました。
ジョウザンミドリシジミ(定山緑シジミ/シジミチョウ科)かな。
♀のB型は間違いなし(^_-)
c0048117_1473983.jpg

どちらにしても、♀のB型、初めて撮れましたわ♪コンデジだったのがチト悲しいけど。
c0048117_1474874.jpg

この蝶の裏側です。斑紋の出方と白線の太さ、。悩むな(-_-;)
c0048117_1481953.jpg
c0048117_14131112.jpg

アカシジミ(赤シジミ/シジミチョウ科)
図鑑によると、アカシジミが山地のミズナラ、キタアカシジミが海岸沿いのカシワ林に生息だそうです。どちらも区別が難しいようです。ここは山地でミズナラの側にいたので、、(^_^;)
c0048117_1483978.jpg

カラスシジミ(烏シジミ/シジミチョウ科)
この辺りでは、普通に見ることができます。表の翅の色が黒っぽく地味。
c0048117_1484944.jpg

ツバメシジミ(燕シジミ/シジミチョウ科)
普通種らしい。私はあまり出会うことが少ないんだけど(^_^;)
c0048117_149651.jpg

この日はジャノメチョウの仲間も飛んでいました。クロヒカゲ・ヒメキマダラヒカゲ・ジャノメチョウ・ヒメウラナミジャノメなど。撮る気が起きなかったけど、。
[PR]
by mrkgen | 2010-08-08 08:08 | 蝶/mariposa | Comments(2)
Poison Ivy (ポイズンアイビー)
ウルシ皮膚炎・ツタウルシ皮膚炎、真っ盛り中(+_+)
c0048117_162414100.jpgウルシにカブレました。ツタ類にカブレたのは初めてではないです。春の赤岩でも少しカブレて、それほど酷くなかったので自力で治しました。
昔、ヤマブドウを採った時に、ブドウの蔓でも被れたことがあります。ツタのものは気をつけなくちゃです。今回は、たぶんウルシをムンズと掴んだのかな。気をつけていたんだけどね。右の薬指と中指の間の、水ぶくれ状態が酷く病院へ行きました。ウルシカブレ、弱い方じゃないと思います。触らなければ大丈夫です。近くを通っただけで被れる人もいますし、漆器でも被れる人は被れるらしいよね。掻いたりした時に出る液で広がります。自力で直した時は3週間ぐらいかかったかな。今回、ウルシカブレで初めて病院に行きました。ヒスタミン系の飲み薬、眠くなるんだわ。お酒とお薬、時間差にしなくちゃだし(^_^;) 
[PR]
by mrkgen | 2010-08-07 07:21 | Comments(2)
大通りビアガーデン
青春の仲間5名で、7丁目のキリンに行ってきました。暇ありのお友達2名が5時過ぎくらいから場所取りしてくれ、勤め人3名は6時半頃合流!暑くて最高でしたね。このキリンのタワーで飲みたかったけど、5人じゃ冷たいうちに飲み切れそうにないので、ジョッキでグビグビ。今年から21時オーダーストップ、21時半で終わりです。騒音も音量を下げているので、叫ばずにお喋り出来て良かったです。その後、別腹でスイートのお店に移動(^◇^) 飲んで食べて、今年の夏も楽しく会えて良かったです。
c0048117_7471567.jpg

[PR]
by mrkgen | 2010-08-06 07:48 | あちこち | Comments(4)