トップ
<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
新千歳空港国際線ターミナル
30日(日)、千歳空港の国際線ターミナルに用事があって出かけてきました。
c0048117_081910.jpg

国際線ターミナルが出来て、もうすぐ一年になりますが、初めて行ってきた。
c0048117_084762.jpg広々して綺麗ですが、国内線ターミナルのようにお店が色々あるわけじゃないので、ぶらりと遊びに行く雰囲気はないわ。
帰りに、国内線に寄って、スイートでも買おうかと思ったのですが、長い通路を見たら行く気が消えました。車を国際線の方の駐車場に停めていたので、また戻って来なくちゃだしね。

行きの高速は夏道のように快適でしたが、帰りは途中で猛吹雪。あの黒い雲だ!みんな天気の急変も気にならないのか、車間距離もとらずにぶっ飛ばしてました。気持ち悪かったです。
c0048117_0175047.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-01-31 00:05 | あちこち | Comments(4)
ニセコモイワGATE6、ムービー編
その1



その2


その3。最後の滑走者は、この日一緒に行動した、カナダウイスラースキー場のインストラクターです。
Mr.Cameron MacKenzie→→→ULTIMATE SKI ADVENTURES


[PR]
by mrkgen | 2011-01-30 08:24 | 雪山/montana | Comments(4)
ニセコモイワ、GATE6
記事は後ほど(^_^;)
ニセコの深雪狙いで、ニセコモイワスキー場のゲイト6からのオフピステを楽しんできました。情報館から1時間半でスキー場に到着!早っ(=_=) 支度をして、現地集合の仲間と合流。4時間券で楽しむことに。4人乗り高速リフト、9時半から運行開始で乗り込みます。ゲート6は10時から開けるとのことで、一本目はゲレンデ横の林の中を滑ります。30cmほどの深雪ノートラックバフバフ!みんな思わず大声上げて滑ってしまった。2本目、ゲートが開きました。ボーダーのツボ足の跡があるけど、スキーヤーはまだ誰も出てない。4人で奥の稜線へ進みます。素晴らしいお天気。昆布岳が見えてましたよ。
c0048117_19161569.jpg

ボーダーは途中から斜面に降りていったようで、向こうの尾根に行くトレースがない。しばしラッセルしますが、シールつけてないスキーでは辛い。ココで、とりあえず滑りモードに。
c0048117_19162886.jpg

雪庇を外して、滑り降りました。なかなか、。一番左のトレースじゃ(^_^;)
c0048117_1215766.jpg

3本目のリフト、奥の稜線にボーダーが進んでます。私達もトレースを借りて進みます。稜線の向こう側が素晴らしい斜面なんです。斜面の上に着いて、ファーストトラックをいただきますよん! 後からついてきた単独の白人の方が、一生懸命「モイワ?モイワ?」と聞いてきます。こちらの斜面を滑って、モイワへ戻れるか心配して聞いているんです。私達もモイワへ戻ると言うと、安心してついてきます(^_^;) この後の滑りはムービー編で♪
 
大斜面を豪快に滑り降りたのはいいいのですが、モイワへ戻るトレースがまだ出来てない。緩やかな下り斜面で、下りラッセルです。一緒に着いてきた外人さん、カナダのウイスラースキー場のインストラクターと自己紹介してくれて、下りラッセル頑張ってくれましたわ。最後の三分の一はボーダーがラッセル頑張ってくれましたね。無事、リフト乗り場到着。その後三本、カナダのインストラクターさんと一緒に滑りました。美味しい斜面を、次々見つける私達と一緒に滑ると、とっても楽しいんだって(たぶん) この写真は、この斜面2回目に、自分達のトレースをバックに撮りましたが、なんでかボケボケ。ゴミンナサイ<(_ _)> 一番左端がインストラクターさん♪
c0048117_1917296.jpg

その後の下りラッセルしたトレースは、あっという間に一級国道に変身しましたわ。5本目の下りで、雪が降ってきて小沢のアンギュレイションが見えず、転倒して頭が沢の下のほうになって起きれない。みんなに引っ張り上げてもらいましたが、その前に、なんでみんなして証拠写真撮るんだよ<`~´> インストラクターさんまで、もがいている私を撮ってましたわ。
c0048117_1421864.jpg
 
6本目の滑りで、スキーパトロール中の方に、同時滑走しないように注意されました。同時滑走しているつもりはなかったのですが、やはり雪崩の危険が少しでもある斜面では、滑走者が完全に斜面から出たのを確認してから、次の滑走をしなくちゃですね。

最後のリフト、雪の降りも激しくなったので、登るのはやめました。男性人二人とインストラクターさんが行きました。そのリフトの中での話しでだそうです。ウイスラーの雪はwetで重たいんだそうです、。ニセコのパウダーは素晴らしいと言っていたとのこと。世界に誇れるニセコのパウダーですね♪ モイワのゲイト6からのオフピステ、いつもハズレがないです。最高でした♪
c0048117_19172038.jpg

帰る前に、ロッジの食堂でラーメン食べましたが、ニセコの公用語は英語だと言う冗談は、冗談じゃなかった!(^^)!
[PR]
by mrkgen | 2011-01-29 19:18 | 雪山/montana | Comments(2)
札響、定期535回
金曜日、久々に札響の定期演奏会に行ってきました。土曜日は早朝から、ジェイを連れていけないスキー場に出かけるので、ジェイを預けてからキタラに向かいました。車はパークホテルの駐車場に入れて、走ってキタラへ向かいましたが、演奏が始まっていました。第一楽章が終わった所で、係りの方がドアの内側に入れてくれましたが、席へは行けません。舞台が見えない位置で、聞きましたがブラームス、素敵でした。久しぶりに、ピアノとオーケストラの心地よい音にどっぷりと浸かりました。

指揮:エイドリアン・リーパー Adrian Leaper,conductor
ピアノ:河村 尚子
管弦楽:札幌交響楽団


■ブラームス:ピアノ協奏曲第一番ニ短調 op.15
■プロコフィエフ:交響曲第5番変ロ長調 op.100


休憩時に待ち合わせしていたお友達とドッキングして、それぞれの席が離れていたので、久しぶりにオーケストラの裏側の空いている席に移動してお喋り♪ 撮ってはいけない写真、撮ってしまった。楽譜がよく見えますね。この裏側に席、指揮者の顔や演奏者が身近に見えて楽しいのですが、音に響きを求める人には不向きだと思います。
プロコフィエフ、パーカッションの音の彩りが楽しかったです。
c0048117_11382762.jpg

車で行くとオチャケが飲めないのが淋しい。お友達と、自宅近くのファミレスで食事して帰ってきました。早く寝ないと(=_=)、次の日のスキーが待ってるんだ、、。
[PR]
by mrkgen | 2011-01-28 23:22 | あちこち | Comments(2)
日の出
日の出が6時55分。一番寝坊の時より10分ほど早くなりました。夕方は、30分以上のびていて、陽の長くなっているのを実感するこの頃ですね。曇りの雲が多い日でも、地平線あたりの雲が切れていると、とても綺麗な朝日に出会えます。雲が多かったので、雲に朝日が赤く染められて、とても綺麗でした。だんだん日の出の位置が北にずれてきて、円山の影になるようになってきてます。日の出を見る場所を考えなきゃかな、、。
c0048117_12571263.jpg

夕張・芦別山系のスカイラインがクッキリ♪
c0048117_12574818.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-01-27 23:53 | 空...景色 | Comments(2)
塩谷丸山(629m)
2時間弱で登れる山なのに、深雪バフバフ堪能しました。頂上直下のオープンバーン、登り返して楽しみました。ヒャッホーって感じ。ほんでムービー、張り切って撮ったのに、撮れてなかった。雪で眩しくて、画面が確認できてなかった。ガックリ(>_<) ゴミンナサァ~イ<(_ _)>
近々ヤマレコに写真と記録をアップしました。(予定です!)
ヤマレコの記録→→「塩谷丸山
c0048117_1742328.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-01-23 17:05 | 雪山/montana | Comments(6)
大寒で満月
雪模様の今夜、写真は昨日の夜散歩で写したものです。満月に近い頃の夜散歩は、雪の白さと相まって明るいです。
c0048117_20181866.jpg

昨日の夜散歩は、荒井山をガシガシ雪漕いで歩いてきました。荒井山シャンツェで子供達がジャンプの練習中だったので、シャンツェの照明も明るくて助かります♪ この明りがないと、満月で明るくても夜の荒井山を歩く気にはならないかな(^_-) 荒井山の斜面、シールをつけたスキーで登って、滑っているらしい跡や、輪カンジキの跡もありました。昨日は、雪が降って日にちが経っていたので、ツボ足でもそれほど埋まらずに歩けました。今日は大寒。節分までの10日ほどが、冬の頑張り時ですね。さて、雪が降っているので、夜散歩はどぼしよう。
[PR]
by mrkgen | 2011-01-20 20:39 | 空...景色 | Comments(4)
雪雲(=_=)
気象庁の衛星画像を見ると、雪を降らせる筋雲が見られますよね。地上からはこんな感じ。あのモクモクした白い雲の下では、ワサワサ雪が降っているらしい。こんな雲がある日は、高速道の美唄周辺は、通行禁止になっています。この筋雲が少しずれただけで、雪かきの明暗が分かれるんだな((+_+))
こっちに来るなぁーーーっ!雪雲!!!
c0048117_9564253.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-01-14 23:53 | 空...景色 | Comments(8)
雪山へ、その3:富良野岳ジャイアント尾根
10日、15名で富良野岳ジャイアント尾根を登りました。一緒に行ったNAKさんがヤマレコに記録を作ってくれたので、見てね!私の写真も少し追加してあります。ヤマレコの記録→「富良野岳ジャイアント尾根

三段山とは又趣の違う山道、美しかったです♪
c0048117_0123443.jpg

ボーダー達も登りに来ていましたが、スノーシューで急斜面をガシガシ登っているので、そのトレースに惑わされて登ると山スキーは疲れます(^_^;) ジグを切って登りました。
c0048117_0141419.jpg

NAKさんや他の一部のメンバーが1泊で帰りましたが、2泊目だけの参加の仲間もやって来たので、1泊目とほとんど同じ人数が2泊目も参加。やはり楽しく宴会があったのです♪ 2泊すると、中日がなんともいえずノンビリできるので最高です。白銀荘での温泉、しっかり堪能しましたです♪
c0048117_0223261.jpg

c0048117_0283038.jpg最終日(11日)は、札幌での降雪が心配で、山に登らずに帰ってきました。幾春別でちょうどお昼だったので(^_^)、美味しいお蕎麦屋に寄って、ラーメンともり蕎麦を食べました!お蕎麦屋さんのラーメン、昔風で美味しかったです。もち、御蕎麦も!
途中、岩見沢近辺の大雪にはビックリで、帰宅してからの雪かきが思いやられましたが、さほどの積雪じゃなくてホッとしました。
[PR]
by mrkgen | 2011-01-12 00:34 | 雪山/montana | Comments(6)
雪山へ、その2:白銀荘にて
次の日の富良野岳ジャイアント尾根の前に(^_-)、白銀荘1泊目の様子です。
c0048117_23114287.jpg

c0048117_23164452.jpg宴会が始まる前に、HYMLメンバーの重鎮、Dmjnが手打ちそばを打ってくれました。打ちたて茹でたての贅沢な御蕎麦を美味しく頂きました。その後、宴会です。

宴会が一段落した時に(?)、スキーの手入れの仕方を、その道に詳しいメンバーが地下のスキー置き場で講習。
まず、ベースワックスのかけ方です。ベースワックスの大切さが分かったけど、道具もないし器用じゃないし面倒だわ(^_^;) 
c0048117_23213295.jpg

そしてシールの糊の張り替え方の講習。これも以外と簡単に出来そうで難しそう。でも、とても参考になりました。
c0048117_23233618.jpg

HYMLメンバーには、その道のプロっぽい(?)熟練の人が多いです。自分でやれる人がいて、やりたければ教えてくれる人がいて、素晴らしい仲間ですね。そんなことを思いながら、宴会は楽しく続いたのです。
c0048117_23265715.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-01-11 23:28 | 雪山/montana | Comments(2)