トップ
<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
楽古岳(1471.5m/ラッコダケ)
土曜日の早朝?夜中?(02:00)札幌出発で、南日高の楽古岳をコイボクシュメナシュンベツ川から登って来ました。降りてから楽古山荘で登頂祝いを豪華に行い、今朝ノンビリ起きて札幌に帰ってきました。
詳細は後日(^_^;)
ヤマレコにアップしました。
iwa隊長の割腹絶倒バージョンと私の力の入った感想を楽しんでね。
⇒⇒⇒ 「コイボクシュメナシュンベツ川から楽古岳

コイボクシュメナシュンベツ川、噂に違わず急峻で痺れる沢でした。
c0048117_1582959.jpg

下を見ても急すぎて、登ったルートが見えない。
c0048117_1594527.jpg

稜線に流れる雲が、疲れた体と神経を癒してくれる。
c0048117_15105136.jpg

初登頂が沢からとは嬉しいぞうー!
c0048117_1512692.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-07-31 15:16 | 沢登/montana | Comments(12)
ミドリシジミの仲間(*_*)
24日朝の蝶、その5(最終)

この頃、持って歩くカメラには鳥やリス狙いのために、55-200mmのレンズをつけている事が多い。この日も、その望遠で撮ったので、なんかイマイチだわ。この日、ジェイを広場で駆けさせて戻る時に、もう一度ポイントを覗いてみました。行きには見れなかったミドリシジミの仲間が卍飛行を始めていました。そしてメスも出ていました。小樽赤岩へ行かなくてはならないので、ゆっくり裏の斑紋が写せなかったのがちと悔しいね。

何ミドリシジミかな
c0048117_20575120.jpg
c0048117_2039652.jpg

メスはオスと違って地味な色合い。
c0048117_20584247.jpg
c0048117_20391664.jpg
c0048117_20395329.jpg

オスも卍飛行の合間に、テリ張ってましたわ。発生から日にちが経っているので、キラキラがだいぶ色褪せています。テリトリー死守の卍飛行しすぎだわ(^_-)
c0048117_20401055.jpg
c0048117_20411848.jpg
c0048117_20511989.jpg

次の日からマクロにしたけど、そういうときに限って蝶も出てこない。
[PR]
by mrkgen | 2011-07-27 21:04 | 蝶/mariposa | Comments(0)
ウラキンシジミ・カラスシジミ・ルリシジミ
24日朝の蝶、その4。

ウラキンシジミ、一度だけお庭で写真を撮っていますが、見たのはその1回だけでした。ここのポイント、2頭のウラキンがいました。わりと神経質じゃなく、オットリ系の蝶だわ!(^^)! 日本固有種だそうです。

ウラキンシジミ(裏金小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7月~8月 越冬態:卵
c0048117_1932946.jpg
c0048117_19322034.jpg


カラスシジミはこの辺では普通種と言えるぐらいよく見かけます。お庭でも何度か写真に撮ってます。表は黒っぽい事から名前がついたんでしょうね。

カラスシジミ(烏小灰蝶/シジミチョウ科) 
発生:年一回 7月~8月 食草はハルニレ
c0048117_19385629.jpg
c0048117_1939380.jpg


シジミチョウの仲間で一番目にすることが多い代表格がルリシジミというぐらい、何処でも見かけますね。発生が年2~3回、本州では4・5回発生するので春から秋まで、見る機会が多いのでしょうね。

ルリシジミ(瑠璃小灰蝶/シジミチョウ科)
食草はマメ、バラ、ブナ科植物
c0048117_1949363.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-07-27 19:50 | 蝶/mariposa | Comments(2)
アカシジミとウスイロオナガシジミ
24日朝の蝶、その3。

この朝で、今までたまにしか見れなかった蝶がてんこ盛り!(^^)!

アカシジミ(赤小灰蝶/シジミチョウ科) 
発生:年一回 7月頃 食草はコナラ、クヌギ、カシワ、ミズナラナ
c0048117_0162383.jpg

図鑑によると夕方に活動して見かけることが多いそうです。
c0048117_0163255.jpg

朝なので休憩中だったかな。あちこちの葉の上にいましたわ。
c0048117_0164462.jpg



これはアカシジミが左に、右にウスイロオナガシジミが写っています。ウスイロオナガシジミはこの写真のみ(+_+)

ウスイロオナガシジミ(薄色尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年1回 7月頃 食草はコナラ、カシワ、ナラガシワ、ミズナラ
c0048117_021920.jpg

北海道で見れるオナガシジミの仲間は3種なので、すべてがこのポイントで見れるんですね。こんなに貴重なポイントだとは、なんで今まで気づかなかったんだろう(?_?)
[PR]
by mrkgen | 2011-07-27 00:08 | 蝶/mariposa | Comments(2)
ミズイロオナガシジミ
24日朝の蝶、その2です。

以前、某所で何度か見てはいますが、写真に撮ったのははじめてかも。

ミズイロオナガシジミ(水色尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7月中旬から8月 食草はコナラ・ミズナラ・カシワ
c0048117_022485.jpg

水色じゃないけど、他の蝶に比べたら水色っぽいかもね。
c0048117_031273.jpg

翅をすり合わせています。何の意味があるのかな。
c0048117_04280.jpg

表は地味ですね。
c0048117_0427100.jpg

c0048117_043654.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-07-26 23:52 | 蝶/mariposa | Comments(0)
オナガシジミ
24日・日曜日の朝、ジェイの散歩でゼフィルスが飛びまくっていたポイントを、ちょっとキョロキョロ。朝から気温が高かったので期待して眺めると、ミドリシジミの卍飛行は見れなかったけど、ずいぶん多くの種類のシジミチョウの仲間がいました。ちょっとビックリです。ここはそんなポイントだったの!ジェイの散歩中だし、小樽赤岩に行かなくちゃなので、15分ほどの観察でしたが、8種類のシジミチョウを見ることができました。

1種類づつアップします。24日朝の蝶、その1。

オナガシジミ(尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 8月頃 食草はオニグルミ
c0048117_23371147.jpg

オナガシジミもゼフィルスの仲間ですが、オナガシジミが発生するとゼフィルスも終盤です。普通は8月になってから見ることが多いのだけど、もう見ちゃいましたわ。
c0048117_23421124.jpg

尾状突起が長いかな。
c0048117_2342227.jpg

表は地味な色ですね。
c0048117_23423131.jpg

c0048117_23424244.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-07-25 23:24 | 蝶/mariposa | Comments(2)
小樽赤岩・西奥壁
真っ青な海を見ながら、憧れていた西奥壁のマルチピッチを楽しんできました。高度感たっぷりで、変な汗が出ましたが登ったぜ!
詳細は後日です(^^ゞ
ヤマレコに書きました⇒⇒「小樽赤岩・西奥壁

1ピッチ目終了点から増毛の山並が綺麗♪
c0048117_2131433.jpg

登攀中。ガクブルしながら積丹方向を見て、ちと一息♪
c0048117_21315410.jpg

西奥終了点ですよ。
c0048117_21321072.jpg


長い長い懸垂下降。

[PR]
by mrkgen | 2011-07-24 21:36 | 岩壁/montana | Comments(6)
登山靴騒動(+_+)
先日の札幌岳を下りてからの騒動です。登山口でドロドロの登山靴を脱ぎ、帰り支度を済ませ、友達の車が置いてある除雪センター(昔の情報館)へ戻ります。ドロドロのジェイにはダニが付いていそうなので、お友達に運転を頼み、私はジェイの体をチェックしながらです。除雪センターに着き、お友達は自分の車に荷物を移動。車の後ろには靴がなぜか一足だけ。エーーーッ?その一足、私のだと思ったら、お友達がこれは自分のです!とキッパリ。登山口で乗せ忘れたの?まさかと思ったけど、探しても車の中にはその一足だけです。仕方がない、乗せ忘れたんだと思い、すぐ一人で引き返しました。

登山口に着いても車が一台あるだけで、何も残っていません。あんな臭い靴下が入っているドロドロの靴、持って行く人がいるなんて信じられないけど、ありません。この頃は夏は沢登りばかりで夏道登山していないので、買ってから3シーズン経っていますが、まだまだ新品と言えなくもない2代目のLOWAの大好きな靴です。悲しくなって家に戻りました。
家に帰って片づけしたりしていたら、お友達から電話があり、あの一足は私のでお友達が忘れたという電話でした。エーーー?だってキッパリ自分の靴だと宣言したじゃない。どうやら脱いだ手袋を私の靴が入っている袋に入れたそうで、手袋を見て自分の靴だと思い込んだそうです。そして、登山口には忘れ物は一切なかったと言ったのですが、もう一度見に行くとの事。その後、しばらくして電話があり、やはり登山口には何もなく、帰りに定山渓の交番で忘れ物の届を出して行くと言ってました。

次の日、お友達が新しい靴を買いに行くついでに、私の靴を届けに来てくれました。車から私の靴を出すために、ドアを目いっぱい開けた時、後ろの座席の足元にもう一足靴が!!!なんと、お友達の登山靴じゃないですか。
エーーーッ!?!お友達、自分で自分が信じられない。どうしてここに靴があるの?私が聞きたいです。たぶん、私の車の運転席から降りる時に、無意識に自分の靴を持って、まず車を開けに行った。そして、リュックを取りに戻り、一足しか残っていない靴を自分の靴だと言って持って行ったんだわ。どっちにしても登山口に忘れたんじゃなくて良かったです。

その次の日、ボケたんじゃないかって落ち込んで、昨夜は眠れなかったとメールが来ました。笑い話で終わって良かったです。警察に届けを出した後始末はどうしたんだろう。聞くのが恐い!(^^)!
[PR]
by mrkgen | 2011-07-19 23:39 | 夏山/montana | Comments(13)
札幌岳(1293m)
三連休の最終日、イマイチのお天気でしたが、お友達のリハビリ登山にお付き合いで、札幌岳に登ってきました。札幌岳は2009年7月4日に蝦蟇沢から沢登りで登っています。

夏道での登山は大昔、山登りっちゅうものをしてみようかなって思い、札幌市民だし、札幌岳を登らなくちゃと登ってます。でも、その時は山登りなんて何も分からず、ヘロヘロになって辛い思い出しかありません。あまりにも辛くて暑くて虫がいて、その後5年ぐらい山に行かなかった、その山が札幌岳なんです。

何十年ぶりかで登った冷水小屋コース、お友達のリハビリ登山で超ゆっくりだったせいもあり、全然辛くなかった。夏道というお気楽さもあったしね。ガスガスで、道は所々泥道だったりですが、涼しくて快適でしたわ。

詳細は後日(^_-) ヤマレコに記録出しましたん⇒⇒「札幌岳
c0048117_21124819.jpg
c0048117_21125939.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-07-18 21:15 | 夏山/montana | Comments(0)
赤い実
三連休の中日、初日と同じに雨っぽい(+_+) お散歩も傘が手放せません。
木々に実がなっています。夏から秋になろうとしているのかしら。綺麗な赤い実を見つけても、なんだか複雑な気持。

エゾニワトコ(蝦夷接骨木/スイカズラ科) 
骨折の治療にも使われたところから接骨木の字が当てられたということです。
c0048117_2053376.jpg

あっという間に実が大きくなりました。
オニグルミ(鬼胡桃/クルミ科) 
c0048117_205563.jpg

マルメロ/バラ科 
まだ実がついたばかり。これから大きくなります。熟すと香がいいです。
c0048117_20591263.jpg

ラズベリー(raspberry/バラ科キイチゴ科) 
つまみ食いしたら美味しかったです(^_-)
c0048117_2134049.jpg

今年も豊作、お庭のカリンズ。収穫するのが億劫だけど、カリンズ酒残り少ないんだな、。
カリンズ(Red currant/ユキノシタ科)
c0048117_14593839.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-07-17 21:24 | 実/fruta...種 | Comments(0)