トップ
<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
空沼岳・湯の沢~万計沼
真夏日になった札幌、沢登り日和で、仲間と楽しく登ってきました。
2008年に、沢デビュウした年に登って以来の湯ノ沢でした。その時は必死でしたが、今回はユッタリした気分で歩くことができました。沢の様子は去年の大雨の後遺症か、倒木が多くなって荒れた感じがしました。でも、暑い日の沢登りは最高ですね♪

詳細は作成中(^_^;)
ヤマレコにアップしました⇒「真駒内川 湯ノ沢遡行-万計沼

前回より下流から入渓しましたが、なかなか美しい小滝やナメがあって良かったです。
c0048117_9292215.jpg

最後の滝、相変らず涼しげ♪ この滝の下で修行僧に変身したオジサンが一名いました(^_-)
c0048117_930336.jpg



[PR]
by mrkgen | 2012-06-30 23:19 | 沢登/montana | Comments(0)
リンゴシジミとか、、(^^)v
朝のお散歩シリーズ、チョウ編です(^^ゞ

久しぶりにリンゴシジミを見ましたわ♪ 何年も前に、この辺で撮ったというか見た事が一度だけあります。やはりいらっしゃたのね。でも、こんな縁石でポーズしなくてもいいんじゃないの(+_+) この蝶は以外とレアな蝶らしく、日本では北海道の道央~道東のみに分布だそうです。

リンゴシジミ(林檎小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:6~7月
食草:エゾノウワミズザクラ、シウリザクラ、ウメ
越冬態:卵

c0048117_995875.jpg


今朝は、羽化不全のアカシジミも見ました。
アカシジミ(赤小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:7月だそうです(^_-)
食草:ミズナラ、コナラ
越冬態:卵

c0048117_9231687.jpg

c0048117_9235927.jpg


蝶ついでに、6月はじめに撮った蝶です。
ヒメウスバシロチョウはシロチョウとつきますが、アゲハチョウ科ウスバアゲハ亜科です。毎年、札幌祭りの頃に見るのですが、今年はずいぶん早く、この撮影は6/5でした。一週間ほどで、見れなくなってしまいましたね。同じく北海道だけでしか見れないウスバキチョウ、山仲間が6月初旬に大雪山で撮ってます。ずいぶん早くに発生するんですね。

ヒメウスバシロチョウ(姫薄羽白蝶/アゲハチョウ科)
発生:6月
食草:エゾエンゴサク
c0048117_9372176.jpg

c0048117_9373411.jpg


この撮影は、ハンカチの木を見に行った6/06の北大植物園です。春型のコントラストの強い線がいいですね。
トラフシジミ(虎斑小灰蝶:シジミチョウ科)
発生:通常年2回5~6月頃と、7月中旬から8月
食草:トチノキ、シナノキ、キハダなど
越冬態:蛹
c0048117_9453027.jpg

c0048117_9453975.jpg


朝のお散歩で、ヒメウラナミジャノメがピョンピョン飛びまくっています。エゾシロチョウもフワフワ飛んでいます。毎年、ボヘーッとしていても必ず目にする蝶は、なんとなく撮る気が起きないな。
[PR]
by mrkgen | 2012-06-29 08:03 | 蝶/mariposa | Comments(2)
コクワの花
お散歩コースに、秋になるとたわわに実るコクワの木(蔓?)があります。
今時期、花が咲くんだよなぁと、上を見上げると、ちょうど見頃でしたわ。図鑑によると、雄花と両性花があるようですが、実がなるんだから両性花なのかしら。

サルナシ(猿梨/マタタビ科)コクワ 
c0048117_8562410.jpg

今年も手が届かないところで、イッパイ実るんだろうな(=_=)
c0048117_8571439.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-06-28 07:53 | 樹木の花/flor | Comments(0)
黒松内岳・ガロー越沢
土曜日日帰りで登ってきました。前半はダレた沢で、ブタ沢か~とか言いながら登っていたのですが、後半出てきましたよ、なかなか微妙な滝が!最後は短い距離ながら、根マガリダケの濃い藪コギで、楽しみました、ヘロヘロ。

詳細は後日ヤマレコに記録作りました⇒「黒松内岳ガロー越沢 」 

c0048117_9285216.jpg

c0048117_9291127.jpg





c0048117_9292756.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-06-24 08:27 | 沢登/montana | Comments(0)
芦別岳旧道リベンジ!
先週の日曜日に登った芦別岳、イマイチのお天気で、旧道から登る醍醐味の牙が見れませんでした。土曜日、リベンジしてきました。ハードな山を2週連続、ちと不安もありましたが挑戦です。自分でもビックリするぐらい頑張れたし、素晴らしい牙も堪能できました。やったぜ!(^^)!

詳細は後日 ヤマレコにアップしました⇒「芦別岳・旧道リベンジ!

芦別岳が鋭い牙となって見えてます♪
c0048117_1254661.jpg

先週はガスで、さほどの高度感を感じれなかった旧道も、今回はなかなかワクワクしました。
c0048117_1255893.jpg

ツクモグサも何とか咲いていてくれました。
c0048117_12555114.jpg

第一稜のてっぺんに立つ人。この後私も立ってみる♪
c0048117_12573742.jpg

見下ろして本谷をズーム!
c0048117_12582086.jpg

新道への下り、雲峰山(第三稜)手前から見るXルンゼ。
c0048117_12594931.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-06-17 07:48 | 夏山/montana | Comments(4)
三角山へ
朝のお散歩で大倉山へはチョクチョク登りますが、三角山は犬禁の山と言うこともあって、あまり行きません。お花を期待して、久しぶりに縦走(^_-)してみました。昨年、6月22日に藻岩山で見たモイワランが咲いていました。三角山にもいたのね!とちょっと感激。サイハイランも咲いていました。

去年のモイワランとサイハイラン

三角山のモイワラン。もっと増えるといいな。 
モイワラン(藻岩蘭/ラン科) 
c0048117_9271047.jpg

c0048117_9264181.jpg

サイハイランも咲いていました。
サイハイラン(采配蘭/ラン科) 
c0048117_9273937.jpg

ノンビリと歩いたので、色々と目に付きました。写真には撮らなかったけど、ギンリョウソウ・クゲヌマラン・クルマバツクバネソウなどなど。もう少ししたらフタリシズカが咲きそうでしたね。
c0048117_9302799.jpg

三角山頂上から円山とその上に札幌ドーム♪
c0048117_9342666.jpg

大倉山からは山の影で見えない恵庭岳が、三角山まで来ると見えるんですね。
c0048117_9351992.jpg

この日は、昼頃にお友達がハイキングに来たので、お付き合い。また荒井山~大倉山~三角山と歩いてきました。ご無沙汰していた三角山、犬禁の山なのに、一日2回も登ってしまいましたわ。三角山で会う人たちは、みなジェイを好意的に見てくれましたけどね。
[PR]
by mrkgen | 2012-06-13 23:21 | 里山/montana | Comments(2)
芦別岳、旧道~新道
日曜日、イマイチの天気の中、旧道から芦別岳を登ってきました。新道からは3度ほど登っていますが旧道は初めてです。景色はあまり見れなかったのですが、目当てのツクモグサに逢えて大満足です!(^^)!

ヤマレコに記録アップしました⇒「芦別岳、旧道~新道周回コース

ツクモグサ(九十九草/キンポウゲ科) 
花弁に見えるのはがく片で6枚ついてます。
c0048117_14453945.jpg

c0048117_14455149.jpg

c0048117_14473576.jpg

c0048117_1446248.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-06-11 23:41 | 夏山/montana | Comments(2)
チョウジソウ
雨上がりの早朝、石狩防風林の中に咲いていると聞いて、防風林近くに住んでいる山仲間に案内してもらい見に行ってきました。広大な防風林の中に、ピンクテープで囲われた1m四方ほどの所で、ひっそりと咲いていました。これは案内してもらわないと見つけれないですね。

チョウジソウ(丁字草/キョウチクトウ科)
c0048117_845117.jpg
 
花形がフトモモ科のチョウジに似ているので、この名前がついたそうです。
c0048117_8443917.jpg

c0048117_8445652.jpg
 
c0048117_8451873.jpg

1m四方ほどの小さな群落です。囲っているピンクテープが、なんとも写真の邪魔になりますが、囲われていないと周りの笹やらにまぎれて全然分かりません。近くに行って、やっと花が確認できました。
c0048117_8472812.jpg

フウロソウやハナシノブなど青いお花は大好きです♪ チョウジソウ、もっと華やかな感じを思い浮かべていましたが、ひっそりと上品に咲いていました。雨上がりの早朝、林の中で薄暗かったせいもあるのかな。

フトモモ科に反応してしまったアナタ!太腿ではありませんよ。フトモモの名は中国名の蒲桃(ほとう; プータオ pútáo)からきてます。

チョウジ(丁子または丁香とも言う)は英語でいうところの香辛料のクローブ(Clove) ですね。
[PR]
by mrkgen | 2012-06-07 07:40 | 花/flor | Comments(0)
ハンカチノキ
この頃は、色々な樹木の花が咲き誇っていますね。桐・栃の木・ユリノキ・朴の木・紫ハシドイなどなど。先日、北大植物園でハンカチノキの花が満開と聞いて、見に行ってきました。少し遅かったようですが、それなりに不思議な雰囲気の花を楽しんできました。香も不思議で、甘いような青臭いような好き嫌いが分かれるかも。 
c0048117_21595612.jpg

日本に初めて入ったのは1952年と、以外と新しい木なんですね。
c0048117_220750.jpg

大きな白い苞が天使のハトに見えることから、別名「ハトノキ」とも言われているようです。
c0048117_2202928.jpg

「ユウレイの木」とも、。
c0048117_2203963.jpg

日当りのいい枝にイッパイ花(正確には苞)をつけ、反対側はあまりついていませんでした
c0048117_2205081.jpg

樹形は普通。
c0048117_221016.jpg

詳しく書かれたページを見つけました⇒「ヤサシイエンゲイ:ハンカチノキ

久しぶりに行った植物園ですが、原始の森の雰囲気がすっかりなくなったように感じますわ。
[PR]
by mrkgen | 2012-06-06 23:50 | 樹木の花/flor | Comments(0)
大倉山から
朝のお散歩で、大倉山シャンツェの上まで登ることが多いこの頃です。遊歩道の木の階段にはマムシが出るらしいのですが、足音高く歩いていけばいいかなと気にせず登ってます。折角登ったので、上からの写真を出しておこう。
c0048117_902786.jpg

荒井山付近では聞こえなかったエゾハルゼミの鳴き声が、大倉山の上では早朝なのにビジービジーと煩い。朝は何時頃から鳴きはじめるんだろう。足元からもと思ったら、もう少しで踏みそうになりました。写真を撮ったあとで木に移動してあげました(^_-) 
c0048117_92521.jpg

帰りも荒井山経由です。大倉山シャンツェ側登山口に格好いい自転車が2台。よく見かける親子のだわ、きっと。「MUD FLAP」、いいですね!これが付いてない自転車に乗ると、濡れた路面の時は背中が悲惨なことになりますからね。荒井山展望台には親子が一休みしていました(^_-)
c0048117_95166.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-06-05 20:57 | 里山/montana | Comments(2)