トップ
<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
オプタテシケ山(2012m)
日曜の早朝、登山口出発で標高年のオプタテシケ山に初めて登ってきました。雲が流れて景色はイマイチでしたが、涼しくお花もイッパイ、ナキウサギを何回も目撃でき、とても楽しい夏道登山でした。
詳細は後日。

ヤマレコにアップしました⇒「オプタテシケ山

コガネギクとエゾウサギギク
c0048117_91462.jpg

ピチーっと警戒の声をたてるナキウサギ 
c0048117_914591.jpg

イワギキョウの青とコガネギクの黄が綺麗
c0048117_9163042.jpg

エゾヒメクワガタ、奥はチングルマの綿毛
c0048117_9151037.jpg

ヨツバシオガマのピンクが明るい♪
c0048117_9152459.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-07-29 23:59 | 夏山/montana | Comments(0)
ゼフィルス♂終盤
札幌近郊で見ることができるミドリシジミ類は8種と言われてます。
ミドリシジミ・アイノミドリシジミ・メスアカミドリシジミ・オオミドリシジミ・ジョウザンミドリシジミ・ハヤシミドリシジミ・エゾミドリシジミ・ウラジロミドリシジミ
道内では、これにフジミドリシジミが加わり9種になります。日本では13種。

ゼフ=ゼフィルス=Zephyrus:西風の意味。ミドリシジミ類を中心とした樹上性のシジミチョウの愛称。卍飛行はオスが一定の範囲を占有して、追飛行動を繰り返す為です。

このミドリシジミ類の同定が、とっても難しいです。表の翅の色・縁取りの太さの違い・裏の線の太さ・短い線のクッキリ度、そしてオレンジ紋の模様などから判別します。言われればなるほどと納得するのですが、でも色褪せていたり擦り切れていたりすると、お手上げ。と言うことで、同定しないで出しておきますわ(^_-) 撮影ポイントは、いつものゼフポイント一箇所です。ここではオナガシジミ3種のほか、去年はウラキンシジミも写す事が出来ましたが、今年は見れてないです。アカシジミ・カラスシジミは普通種のようにいます。

7/17撮影
c0048117_10524191.jpg

c0048117_10525899.jpg

c0048117_105367.jpg

7/19撮影
c0048117_10531986.jpg

7/20撮影
c0048117_10532783.jpg

発生から日数が経っているので、少し翅がいたんできてます。
c0048117_1053419.jpg

7/23撮影
c0048117_10534870.jpg
c0048117_10535528.jpg

オスの卍飛行、朝のお天気がいいと、6時過ぎくらいから始まっています。曇っていると静かに寝ているのかな(^_-) この卍飛行、例年通りなら8月初旬までは続くと思われます。毎朝の楽しみです♪
[PR]
by mrkgen | 2012-07-26 23:42 | 蝶/mariposa | Comments(0)
ゼフィルスの♀
ミドリシジミの仲間の♂の翅は、メタリックブルーやグリーンに輝いて、森の宝石といわれるぐらい綺麗ですが、メスは地味な色です。メスアカミドリシジミは、表に赤い斑紋があるので蝶の名前になったぐらいですが、その他はみな地味でたまにオレンジや青い色が出ることもありますが、オスの様な輝きにはなりません。動物もオスが綺麗なことが多いけど、蝶もなのかい(^_-) メスはオスが発生して、しばらしてから発生しますので、メスが飛ぶようになるとゼフィルスも終盤ということなります。淋しいね、、。

表だけだと♂もだけど、♀はもっと判別不能(^_^;)
裏が写せたものだけ同定してみたけど、同定は難しくて全然自信ないのだけど、とりあえず。


ジョウザンミドリシジミ(定山緑小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:7月
食草:ミズナラ、コナラ、カシワ
  撮影7/19
c0048117_952030.jpg

c0048117_952725.jpg

c0048117_9523545.jpg

もしかしたら、みんなジョウザンミドリシジミなのかも(+_+) 7/20撮影
c0048117_10332893.jpg

尾状突起が長めですね。翅に少し青みが出ていました 7/23撮影
c0048117_9543273.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-07-26 23:39 | 蝶/mariposa | Comments(2)
ウスイロオナガシジミとオナガシジミ
毎朝のお散歩で、ゼフィルスを見ている今日この頃です。ゼフもそろろそ終盤なので、写真を整理してブログに出しておこうと思います。
そのゼフポイントでオナガシジミとウスイロオナガシジミを見ることができます。去年はミズイロオナガシジミも写すことが出来たのですが、今年は見れないです。気をつけて見ているのだけど見逃したかな。オナガシジミの仲間はこの3種類なので、すべてがこのポイントにいるのが嬉しいです。

ウスイロオナガシジミ(薄色尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7月頃
食草:カシワ、ナラガシワ、ミズナラ、コナラ  
撮影7/18
c0048117_9223962.jpg

翅をスリスリしています。表がチラッと見えます。
c0048117_9224758.jpg


オナガシジミ(尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7~8月頃 
食草:オニグルミ  
撮影7/20
c0048117_9172521.jpg

表は地味。オナガシジミは翅を開くことが多いです。
c0048117_9173432.jpg

撮影 7/19
c0048117_934771.jpg

オナガシジミの発生は普通8月くらいからなので、今年は早い発生ですね。
オナガシジミが見られるようになると、夏も終盤かなと少し悲しくなってきます。
[PR]
by mrkgen | 2012-07-24 23:05 | 蝶/mariposa | Comments(0)
無意根・白水沢
去年初めて遡行して、大好きになった白水沢、土曜日に行ってきましたよ!
相変らず登れる滝が楽しいです。
今年はゴルジュの突破を自力でと思ったけど、やはりロープで引っ張ってもらわないと、流れに逆らっての泳ぎがダメだった。しばらく泳ぎに行ってないので、泳ぎの勘が鈍っているわ。でも最高に楽しかったです♪



入渓してまず出てくるのが、この明るい美しいナメです。
c0048117_15343313.jpg

そしてゴルジュの突破。今年もiwaさんが泳いで突破してロープを出してくれました。
c0048117_15352792.jpg

泳がずにヘツって突破に挑戦。あと一歩がならずドボンでした。それも楽しですね。
c0048117_15364055.jpg

滝にたどり着けば、手がかりはイッパイあります。
c0048117_1538304.jpg

登れる滝が次から次に♪
c0048117_1539377.jpg

陽射しはあったのですが、涼しい風が吹き、全身濡れている体に焚き火が嬉しかったです。
c0048117_15401216.jpg

リーダーiwaさん準備のざる蕎麦でしばしマッタリ。林道を下って終わりでした。帰り、小金湯温泉で汗を流して帰宅です。札幌のすぐそばで、こんなに楽しく沢登りが楽しめるなんて、札幌ってつくづくいい街だなと思いました♪
[PR]
by mrkgen | 2012-07-21 23:30 | 沢登/montana | Comments(0)
知床縦走のあとで♪
山の後で、久しぶりに(?十年ぶり)カムイワッカ湯の滝を少し登ってみました。お湯は昔と比べると、ずいぶんぬるくなったような気がしましたが、足がスッキリしました。相変らず、多くの観光客で賑っていましたね。
その日はウトロのキャンプ場でテント泊。一人¥400でした。すぐ側には温泉もあり快適。
c0048117_1133407.jpg

帰る日は、ウトロ港にあるオロンコ岩をハイキング。10分ほどで登れて知床の山並が一望できます。岩の上は遊歩道で一回りできます。あそこを歩いたんだよねぇ~と。。。

知床八景のオロンコ岩
c0048117_11362185.jpg

縦走した山々がズラッと並んでいます。
c0048117_11363128.jpg

アヤメが綺麗。横をカモメと燕とウミネコが飛んでいました。
c0048117_11364317.jpg

c0048117_113711.jpg

c0048117_12101777.jpg

オシンコシンの滝も見てきました。昔も見ているのに、印象が違うわ、。沢登りでこんな滝が出てきたら、どこを登る?と見る目が変(^_-)
c0048117_11404838.jpg

久しぶりの知床、楽しい仲間と山だけじゃなく、いろいろ堪能してきました(^_-)。
c0048117_11415027.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-07-18 23:59 | あちこち | Comments(0)
知床縦走!ムービー編♪
ヤマレコに記録をアップしました!
1日目(7/14)「木下小屋~羅臼岳~二つ池キャンプ地
2日目(7/15)「二つ池キャンプ地~硫黄山~硫黄山登山口






[PR]
by mrkgen | 2012-07-17 23:58 | 夏山/montana | Comments(0)
知床縦走(羅臼岳→硫黄山)!
連休、夢だった知床の山を縦走してきました。知床は遠いけど、仲間と美しい険しい山々を楽しむことができました。
詳細は後日です。
1日目(7/14)「木下小屋~羅臼岳~二つ池キャンプ地
2日目(7/15)「二つ池キャンプ地~硫黄山~硫黄山登山口

c0048117_2353429.jpg

c0048117_2354352.jpg

c0048117_23541258.jpg

c0048117_23542116.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-07-16 23:56 | 夏山/montana | Comments(4)
ゼフのシーズン到来♪
久しぶりに朝から快晴♪ 

ゼフ=ゼフィルス=Zephyrus:西風の意味。ミドリシジミを中心とした樹上性のシジミチョウの愛称。卍飛行はオスが一定の範囲を占有して、追飛行動を繰り返す為です。

7月初旬から、お散歩コースのゼフポイントでは、♂の卍飛行が始まっていました。でも、下に降りてこなくて撮れない(+_+)
c0048117_2113544.jpg

そろそろ発生もピークかしらと、今朝はポイントをじっくり観察してきました。早朝なのに、すごい数の卍飛行が始まっていましたわ。下に降りて一休みする個体も出てきて、ヨシヨシですね。

ブルーの輝きが綺麗♪
c0048117_20392173.jpg

c0048117_2039379.jpg

グリーンの輝きも素敵♪
c0048117_20401171.jpg

c0048117_20402020.jpg

翅の裏が撮れたので、ハヤシミドリシジミかな、かな(=_=)
c0048117_2094614.jpg
 
こちらは、アイノミドリシジミかな、、かなですわ。 
c0048117_20203023.jpg

ここのポイントに、何種類のゼフがいるんだろう。同定はわからん(+_+) 
でも、美しい輝きが見れるだけで満足です♪

去年はゼフポイントで見れたのに、今回は少しはなれた歩道でした(=_=)
ウスイロオナガシジミ(薄色尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年1回、7月頃
食樹:カシワ、ミズナラ、コナラなど
c0048117_20434225.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-07-11 23:50 | 蝶/mariposa | Comments(2)
チロロ岳とペンケヌーシ岳
週末、北日高の名峰チロロ岳とペンケヌーシ岳を登ってきました。両山とも沢からのアプローチで、なかなか楽しい山でした。雲が多く、山々の景色はイマイチでしたが、お花が多くてヘロヘロと楽しんできました。
詳細は後日でごじゃる(=_=)
ヤマレコに記録をアップしましたん(^_^;)
⇒⇒「チロロ岳
⇒⇒「ペンケヌーシ岳

沢シューズで全行程を頑張ったチロロ岳。西峰の花の多さに感動しました。
c0048117_10443096.jpg

c0048117_10462459.jpg





c0048117_10445051.jpg

ペンケヌーシ岳は、夏靴で問題なく歩ける沢です。
c0048117_10445936.jpg

c0048117_104583.jpg

[PR]
by mrkgen | 2012-07-09 06:32 | 夏山/montana | Comments(2)