トップ
<   2016年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
札響の定期演奏会、第595回
またチケットが回ってきたので(^_-)出かけてきました。金曜の夜にしようか土曜の昼にしようか迷ったのですが、まだ雪山へのテンションが上がらず、昼間っからノンビリと音楽に浸ってきましたわ♪
c0048117_10572658.jpg

c0048117_11131732.jpgベートーベンの皇帝は大好きな曲。ピアノのニコライさん、若々しく見た目も演奏も素晴らしい。同じ演奏を聴くなら、やはり見た目の美しさはポイントだよなとオバサンは思った。アンコールの曲が凄かった。超絶技巧満載で、席からは手元が見えなかったのが残念だった。

ビゼー(ブゾーニ編):カルメン
リスト:グランドギャロップクロマテック
ワーグナーは苦手。でも「ニーベルングの指輪」の聴きどころを選りすぐったと言うだけあって、まあまあ楽しかったかな。ワレキュールの騎行を聞いていると、あのヘリコプターの映像が頭を占領したのには参りました、、。

演目
■ベートーヴェン」:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 op.73 「皇帝」 
Piano Concerto No.5 in E-flat major op.73 ”Emperor"

■ワーグナー:「ニーベルングの指輪」より
excerpts from "Der Ring des Nibelungen"
・ワルハラ城への入場
・ワルキューレの騎行
・魔の炎の音楽
・森のささやき
・ジークフリートの葬送行進曲
・ブリュンヒルデの自己犠牲

指揮:飯森泰次郎
ピアノ:ニコライ・ホジャイノフ Nikolay Khozyainov


帰り道、豊平館の窓がツリーに見えたけど、近づいたらカーテンの開け方だった。
c0048117_11334845.jpg

帰りにループになってからの市電に初めて乗ってみました。中島公園通から内回りで西4丁目まで。ススキノを越すと道路の中央から端に走路が変わります。歩道の人がすぐそばにいて、運転手の方は神経使うだろうなと思いました。急がない時は市電もいいですね。この運行速度がなかなか。観光するにはバッチリじゃないでしょうか。地下鉄の3倍の時間が掛かったかもしれないけど景色が見れて楽しいです。
c0048117_11342744.jpg

なんか熱帯のキナバルに行ったせいか、冬山というか雪山に行く気持ちが湧かないです。仲間にワイワイ楽しく引きずられないとダメかも。スキーは支度が大変なんだよね。まず、ゲレンデスキーで雪に抵抗力つけなくちゃだわ(=_=)
[PR]
by mrkgen | 2016-11-26 23:55 | あちこち | Comments(0)
豊かな植草♪
キナバル山に関しては、これが最後の記事になるかな。山道を歩きながら見る植物、珍しいものばかりで退屈する暇がないです。耳も楽しかった。鳥のさえずりはもちろん、蝉やカエルの声も。とっても小さな猿も目撃。熱帯雨林の中にどっぷり浸かっているんだなぁ~だった♪

針葉樹に見えるのに花が咲いていた。
リップスティックと言っていたけど本当の名前かな、。
c0048117_11592568.jpg

スイカズラに似ている花だと思ったら、ウツボカズラがぶら下がっていました。
c0048117_1201891.jpg

Laban Rata Resthouse 前にもあったし、あちこちで実っていました。ラズベリーみたいだけどメチャ酸っぱい。
c0048117_1232030.jpg

ランはアチコチで目にします。写真を撮っていたらきりがない感じ。
c0048117_1244995.jpg

いろいろなお花だらけ。山からの帰りに、簡単な花図鑑が欲しくて本屋さんに立ち寄ってとお願いしたら、お土産屋さんに寄ってみましょうと言われました。お土産屋さんに花図鑑はなかった(`´)
c0048117_127253.jpg

お休み処のシェルターでは、ボルネオカオナガリス?がちょろちょろしまくっていました。尻尾の毛が短くてリスよりネズミっぽかったな。
c0048117_1283544.jpg

楽しい楽しい山道でした♪
c0048117_1239161.jpg

[PR]
by mrkgen | 2016-11-20 23:00 | あちこち | Comments(0)
Toropical じゃ♪
コタキナバルからキナバル山へ行く途中のマーケットでの立ち寄りが楽しかった。マーケットから見るキナバル山。登れるんだろうかと思わせるほどそそり立っていました。
c0048117_1141441.jpg

見るものすべてがもの珍しいというか美味しそう♪
c0048117_11353896.jpg

お米の種類も多い。買ってくれば良かったと後になって思う(+_+)
c0048117_11373593.jpg

なんたってドリアンだよね。ドリアンもいろいろ種類が多いらしい。このドリアンは思っていたほど臭くなく、種が大きくて以外と食べる部分が少なかったです。とってもクリーミーだったけど、あとでゲップが出たらニンニク臭かった(^_^.) 炭酸飲料と一緒に食べてはいけないそうです。
c0048117_11401958.jpg

パイナップル、小さめだけど美味しそう。右の白いのはカブの仲間らしい。ハチミツも売っていたし、竹細工も器用そうに売っていました。
c0048117_11422877.jpg

お土産のTシャツ。自分のサイズが見つけれなかった、残念(T_T)
c0048117_11431442.jpg

[PR]
by mrkgen | 2016-11-20 20:30 | あちこち | Comments(0)
東南アジアの最高峰?
なんとなく不思議で調べていたら、分かりやすい説明を見つけました。
東南アジアとは、、、から考えなくちゃなんですね。

キナバル山は東南アジア最高峰?

Hkakabo Razi 5,881 m Myanmar
Ganlanrazi 5,834 m Myanmar
Dindawrazi 5,464 m Myanmar
Sheankalarazi 5,000 m Myanmar
Puncak Jaya 4,884 m Indonesia
Sumantri 4,870 m Indonesia
Ngga Pulu 4,862 m Indonesia
Puncak Mandala 4,760 m Indonesia
Puncak Trikora 4,750 m Indonesia
Ngga Pilimsit 4,717 m Indonesia
Pangramrazi 4,655 m Myanmar
Phonnyinrazi 4,560 m Myanmar
Mount Kinabalu 4,095 m Malaysia

一応マレーシアの言い分としてはこう。
カカボラジ山をはじめとするミャンマーの山々は実際はエベレストを頂点とするヒマラヤ山脈の一部で、カカボラジもミャンマー、中国(チベット)、インドの3カ国の国境上に位置するため南アジアの山であって東南アジアには含まれない。
プンチャック・ジャヤをはじめとするインドネシアの山々はインドネシアといってもニューギニア島にあるため、地理的にはオセアニアに分類され東南アジアには含まれない。よって、キナバル山が東南アジア最高峰!…う〜ん…微妙なところ?

ヤマレコに出していない写真、追加でこちらにアップしておきます♪

朝日でピンクに染まる!
c0048117_11132616.jpg

フェンスの横はは LOW'S GULLY でスッパリ切れ落ちています。
c0048117_116776.jpg

去りがたい気持ちで降りています。
c0048117_1151265.jpg
c0048117_1151573.jpg
c0048117_11723.jpg

登る時は暗くて目の前の足元だけ見て登っていましたが、降りながら振り返ると、階段だらけの急登だったです。見えなくて良かったわ(^_-)
c0048117_1182678.jpg

[PR]
by mrkgen | 2016-11-19 20:00 | Comments(0)
Transit Tour
11/10、千歳空港から仁川(インチョン)経由でコタキナバルに行きましたが、行きは6時間ほど乗継便までの時間がありました。教えてもらっていた無料のTransit Tour は、1時間、2時間、3時間、3.5時間、5時間と5種類あり、出発時間も決められているので、間に合わなければ難しい。5時間のツアーは8時発の一本だけだけど、無料と言うのが素晴らしいですね。ハブ空港として力を入れているのが分かります。出入国カードを書く手間があるけど、待ち時間を有効に使えます。おかげで空港以外の韓国を初めて楽しみました♪ 

私達は 13時発の2時間を楽しみました。帰りは4時間ほど待ち時間があるので、1時間の「龍宮寺お寺ツアー」を楽しむつもりだったけど、コタキナバル発が2時間遅れてしまい、帰りは諦めました。ガイドは英語のみですが、ゆっくり話してくれるし、難しいことは言わないので、なんとか楽しめましたよ♪
c0048117_11494358.jpg

2時間のツアーは「仁川お寺ツアー」と言うもので、韓国でもっとも大きくて長い仁川大橋を渡り
c0048117_12104089.jpg

高麗時代に建てられた興輪寺(再建されたもの)を見学。
c0048117_1151225.jpg

台湾的というか、、、中も入れました。五体投地のお参りをしていました。
c0048117_11511495.jpg

その後、仁川上陸作戦記念館(北朝鮮から攻められた時、UN軍(マッカーサー将軍)が攻め返したことを記念したもの)を見学。北と南の攻防を身近に感じました。記念館から仁川の街が見えました。
c0048117_11542117.jpg

空港に戻ってフラフラ。クラシックの演奏やこんな行列があったりして、退屈させないようにしていますね。
c0048117_1212992.jpg

[PR]
by mrkgen | 2016-11-19 12:03 | あちこち | Comments(0)
キナバル山(マレーシア・ボルネオ島)
やっとこさヤマレコにアップしました。
写真を見ては思い出して、ニヤニヤしたり、なかなかはかどらなかったぜ(+_+) 
ミャンマーのカカボラジ山(5881m)が知られるまで、東南アジアの最高峰と言われていました。今はマレーシアの最高峰です。

ヤマレコの記録⇒「キナバル山(Mount Kinabalu 4095.2m)

70台のKT子さん、頑張ったわ。富士山を何度も登っている人なので、問題ないと思っていたけど、調子が悪かったらしい。まあ、そんな時もあるさ。私達二人だけの専属ガイドだから、周りを気にせずのんびり登れて良かった。

上部のスラブ地帯はロープとケルンで迷わないです。
c0048117_13371766.jpg

岩の山岳ガイドと一緒なら登れるST JOHN'S PEAKです
c0048117_13381788.jpg

頑張りました!
c0048117_1339598.jpg

山頂部の岩峰にはそれぞれ名前がついています。ちと盗んだ画像ですが勉強になるので、。最高峰のLow'S PEAKはイギリス人のLOW氏が初登頂で名前が付きました。
c0048117_19105335.jpg

マレーシア。赤道がすぐだわ。ボルネオ島のダヤク族には首狩りの風習があったようです(@_@) Wikipedia で調べてみて下さいませ。
c0048117_19204651.jpg

[PR]
by mrkgen | 2016-11-18 13:41 | 夏山/montana | Comments(0)
キナバル山!(Mount Kinabalu 4095.2m)
11/10~11/14、久々の海外旅行で、ボルネオ島の最高峰、キナバル山に登ってきました。
覚書として書いておきたいことがイッパイあるのだけど、とりあえずムービーをアップです。ぼちぼちヤマレコや山以外のことはブログにアップして行こうと思いますが、ものすごく時間が掛かりそう。楽しいことというかカルチャーショックと言うかがありすぎ!(^^)!

やっと宿泊する山小屋に到着です。小屋に着く前に降った雨で、岩盤に滝のような流れが出てます。
>


山小屋を夜中の2時半過ぎに出発して、ゆっくりゆっくり山頂へ。
70台のKT子さん、頑張りました!
>

下山日、のんびりしてから山小屋出発です。山小屋2泊は贅沢じゃ(^_-)

[PR]
by mrkgen | 2016-11-15 10:00 | 夏山/montana | Comments(2)
沢ヤなクライマー?
c0048117_1329278.jpg久々にブログネタにしたい本を読みました。夏ごろから図書館で予約していて、やっと順番が来ましたわ。一気に読み切りました。
あの御神体で世界遺産の「那智の滝」に登った事件は、この本が出た時に知りました。解説を書いているのが「角幡唯介」ですが、彼の書いた「空白の5マイル」より面白かったです。たまたまBSで、2014年に放送された番組が先日再放送(北アルプス 未知の大峡谷に挑む)されて見ていたのも、臨場感に拍車がかかったかもです。黒部峡谷の下の廊下を歩いたとき、室堂に行く途中で見た日本一の落差を誇る「称名滝」。その称名滝を登った人なんですね。称名滝の上流にある称名廊下の話も出てくる。なんかすごい。オチャラケているようだけど、中身は凄く濃いですね。

      
[PR]
by mrkgen | 2016-11-05 13:36 | 山の勉強 | Comments(0)