トップ
タグ:アゲハチョウ科 ( 32 ) タグの人気記事
白馬岳大雪渓
4/29~5/03、北アルプスの白馬岳に行ってきました。白馬岳だけなら、お天気が良ければ日帰りも出来る山ですが、天候不順で山小屋に足止めされたりで2泊三日びっちり堪能してきました。

ヤマレコの記録⇒「白馬岳で爆風を体験!

芦別岳の本谷を巨大化したような景色
c0048117_21482212.jpg

爆風に負けずに山頂GET!
c0048117_2149297.jpg

下山は強風なれど、景色堪能でした
c0048117_21493546.jpg

熱田神宮にお参りしたら、アオスジアゲハが飛んでいました
c0048117_2151031.jpg

[PR]
by mrkgen | 2016-05-05 23:59 | 雪山/montana | Comments(0)
アゲハとキアゲハ
そろそろチョウも終盤ですね。以前撮っていたナミアゲハとキアゲハです。どちらも普通種です。キアゲハは山の山頂部にも上がってくることが多いです。ナミアゲハ、北海道ではナミと言うほどには見かけないです。以外と少ないかも。

(ナミ)アゲハ(揚羽/アゲハチョウ科)
発生:5月~9月
食草:サンショウ・キハダ・柑橘系
 8/10自宅庭
c0048117_7515559.jpg
c0048117_752325.jpg


キアゲハ(黄揚羽/アゲハチョウ科)
発生:6月~9月
食草:セリ科
  8/18自宅庭
c0048117_7565096.jpg
c0048117_7565796.jpg

[PR]
by mrkgen | 2014-08-24 23:45 | 蝶/mariposa | Comments(2)
大雪山で会った蝶
夏の喧騒の大雪山には、なかなか足が向かないので蝶を撮る機会も少ないのですが、今回は諸事情で歩いてきました(^_-) 稜線上では平地でも見るコヒオドシ・キアゲハ・カラスアゲハ等が飛びまくっていました。ウスバキチョウは見かけなかったのですが、ダイセツタカネヒカゲはそこらじゅうで見ました。

北海道で高山蝶と言われているのは5種:ウスバキチョウ、ダイセツタカネヒカゲ、アサヒヒョウモン、クモマベニヒカゲ、カラフトルリシジミ。クモマベニヒカゲ以外はすべて国の天然記念物に指定されているので採集禁止です。

去年(2013)6月の大雪山の蝶

ダイセツタカネヒカゲ(大雪高根日陰/ジャノメチョウ科) 
食草:ダイセツイワスゲ・ミヤマクロスゲ
発生:年一回 6月中旬から7月 卵から成虫まで2年
c0048117_1032530.jpg

今回初めて写真に撮れたカラフトルリシジミです。平地にいるルリシジミのようにあちこちで飛びまくっていました。北海道固有亜種
カラフトルリシジミ(樺太瑠璃小灰蝶/シジミチョウ科)
食草:クロマメノキ・コケモモ・ガンコウラン
発生:年一回 7月上旬~8月
c0048117_10192474.jpg

c0048117_10193372.jpg

ウスバキチョウは目撃しなかったけど、赤ちゃんがいたわ! コマクサの上を歩いてくれればバッチシだったけどね。
ウスバキチョウ(薄羽黄蝶/アゲハチョウ科) 
食草:コマクサ
発生:6月下旬から7月 

約11ヶ月間卵の状態で越冬し、幼虫期間は3ヶ月、蛹の状態でおよそ10ヶ月越冬し、丸2年かかってようやく成虫になる wikipediaより
c0048117_10361545.jpg

[PR]
by mrkgen | 2014-07-22 06:00 | 蝶/mariposa | Comments(4)
三笠新道から白雲へ、蝶編♪
6/29の山行で見た蝶です。高根が原に上がってから、登山道を歩く私たちの歩みにビックリするように、次々と飛び出す蝶です。

ウスバキチョウ(薄羽黄蝶/アゲハチョウ科) 
食草:コマクサ
発生:6月下旬から7月 1年目は卵で越冬、2年目に羽化

天然記念物で大雪山の標高1700m以上で生息。発生直後は黄色の羽ですが、これはだいぶ色が褪せていますね。
c0048117_16181476.jpg

さらに色あせてます。赤岳のコマクサ平では多く見れますが、人も多い。
c0048117_16213123.jpg


ダイセツタカネヒカゲ(大雪高根日陰/ジャノメチョウ科)
食草:ダイセツイワスゲ・ミヤマクロスゲ
発生:年1回 6月中旬から7月 1年目は2~3令幼虫で越冬、2年目は5令幼虫で越冬

大雪山と日高山脈の高山帯に生息
c0048117_16131055.jpg

交尾している個体も見つけました。しっかし地味な蝶だね。山仲間は蛾みたいっていってたわ。
c0048117_16141815.jpg

北海道で見ることができる天然記念物の蝶は、この2種の他にアサヒヒョウモンカラフトルリシジミ・ヒメチャマダラセセリ(アポイ岳)の合わせて5種。
[PR]
by mrkgen | 2013-07-02 18:04 | 蝶/mariposa | Comments(8)
ヒメウスバシロチョウ
札幌まつりが6/14からはじまりますね。この札幌まつりから、札幌は夏に衣替えです。GWは雨続きで散々でしたが、このところ晴天続きの札幌です。ヨサコイが晴れで終わったので、札幌まつりは雨かも。どちらかが晴れだと、もう片方は雨と言うジンクスがありますからね。

今朝のお散歩で見かけたヒメウスバシロチョウです。いつも札幌まつりの頃に見ますが、何かしらすでに擦れている雰囲気がしますね。春が遅かった北海道ですが、蝶の発生はいつも通りのようです。

ヒメウスバシロチョウ(姫薄羽白蝶/アゲハチョウ科) 
食草:エゾエンゴサク
発生:年一回 6月

c0048117_11294057.jpg

c0048117_11294471.jpg

こんな風に、ペタッと葉の上にいることが多いです
c0048117_1130291.jpg

でも、今朝は吸蜜している個体が多かった♪
c0048117_11313580.jpg

虫つながりで、毎日ミンミンうるさいエゾハルゼミです
エゾハルゼミ(蝦夷春蝉/セミ科) 
c0048117_12415791.jpg

[PR]
by mrkgen | 2013-06-13 08:00 | 蝶/mariposa | Comments(2)
リンゴシジミとか、、(^^)v
朝のお散歩シリーズ、チョウ編です(^^ゞ

久しぶりにリンゴシジミを見ましたわ♪ 何年も前に、この辺で撮ったというか見た事が一度だけあります。やはりいらっしゃたのね。でも、こんな縁石でポーズしなくてもいいんじゃないの(+_+) この蝶は以外とレアな蝶らしく、日本では北海道の道央~道東のみに分布だそうです。

リンゴシジミ(林檎小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:6~7月
食草:エゾノウワミズザクラ、シウリザクラ、ウメ
越冬態:卵

c0048117_995875.jpg


今朝は、羽化不全のアカシジミも見ました。
アカシジミ(赤小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:7月だそうです(^_-)
食草:ミズナラ、コナラ
越冬態:卵

c0048117_9231687.jpg

c0048117_9235927.jpg


蝶ついでに、6月はじめに撮った蝶です。
ヒメウスバシロチョウはシロチョウとつきますが、アゲハチョウ科ウスバアゲハ亜科です。毎年、札幌祭りの頃に見るのですが、今年はずいぶん早く、この撮影は6/5でした。一週間ほどで、見れなくなってしまいましたね。同じく北海道だけでしか見れないウスバキチョウ、山仲間が6月初旬に大雪山で撮ってます。ずいぶん早くに発生するんですね。

ヒメウスバシロチョウ(姫薄羽白蝶/アゲハチョウ科)
発生:6月
食草:エゾエンゴサク
c0048117_9372176.jpg

c0048117_9373411.jpg


この撮影は、ハンカチの木を見に行った6/06の北大植物園です。春型のコントラストの強い線がいいですね。
トラフシジミ(虎斑小灰蝶:シジミチョウ科)
発生:通常年2回5~6月頃と、7月中旬から8月
食草:トチノキ、シナノキ、キハダなど
越冬態:蛹
c0048117_9453027.jpg

c0048117_9453975.jpg


朝のお散歩で、ヒメウラナミジャノメがピョンピョン飛びまくっています。エゾシロチョウもフワフワ飛んでいます。毎年、ボヘーッとしていても必ず目にする蝶は、なんとなく撮る気が起きないな。
[PR]
by mrkgen | 2012-06-29 08:03 | 蝶/mariposa | Comments(2)
登山道は蝶いっぱい
記事は後ほど(^_^;)
土曜日は、ゆるゆる登山で、黒岳のテン場で一泊して今日帰ってきました。

リフトから降りて登り始めると、お花の上にはコヒオドシが群がって飛びまくっていました。よく見ると、シータテハ・エルタテハ・ヒョウモンチョウの仲間も混じっています。久しぶりの黒岳でしたが、この時期には登っていませんでしたね。テント・寝袋など、一泊装備を背負っての暑い登りでしたが、なかなか楽しい登山道でした♪

シータテハ(Cたては/タテハチョウ科)
夏型のシータテハは切れ込みが深くてカッコいい!
c0048117_18164649.jpg

エルタテハ(Lたては/タテハチョウ科) 
左手前のボケボケはコヒオドシ
c0048117_18165548.jpg

シータテハとコヒオドシが、一つのお花で仲良く吸蜜中♪
c0048117_18172315.jpg

シータテハとキベリタテハが仲良く吸蜜中♪ 右端にもシータテハが♪
c0048117_18173258.jpg

キベリタテハ(黄縁たては/タテハチョウ科) 
c0048117_18175634.jpg

キアゲハとコヒオドシ。カラスアゲハもイッパイ飛んでいましたわ♪
c0048117_1818725.jpg

アカタテハ(赤たては/タテハチョウ科) 
ヒメアカタテハは何度も見るのに、アカタテハは初めて撮れました。割と普通種らしいのに、今まで撮れなかったです。ここでも、これ1匹しか見ませんでした。
c0048117_18182237.jpg

クジャクチョウ(孔雀蝶/タテハチョウ科)普通に町でも見ます。
c0048117_18183011.jpg

コヒオドシはあえて撮りませんでしたが、すごい数が飛んでいました。さすが高山蝶、高い山が好きなんですね。
[PR]
by mrkgen | 2010-08-15 18:19 | 蝶/mariposa | Comments(2)
手乗せ(^_^;)
北海道で見ることができる、黒いアゲハは3種です。オナガアゲハ・カラスアゲハ・ミヤマカラスアゲハです。オナガアゲハは一度だけ、やっと撮ることができました。カラスアゲハとミヤマカラスアゲハは、一緒に集団給水していたり、山の頂上付近で飛んでいたりと、普通に目にします。ミヤマカラスアゲハには、カラスアゲハにはない裏側の白っぽい線で見分けがつきます。
赤い花が好きなんですね。この時も、赤いユリの蜜を吸っていました。早朝なのに暑かったのか羽をバタバタしまくって、写真に撮れないので捕まえてみましたわ(^◇^) このあと、元気に飛んでいきましたよ!

ミヤマカラスアゲハ(深山烏揚羽/アゲハチョウ科)
発生は6月頃と8月頃の2回
c0048117_825076.jpg

裏側の白い線↓
c0048117_83170.jpg

[PR]
by mrkgen | 2010-08-13 08:03 | 蝶/mariposa | Comments(3)
ヒメウスバシロチョウ
毎年、ワンコの散歩コースで見れます。毎年のことなので、撮るつもりはなかったのですが、北海道でしか見れない蝶ということで、ついつい撮りました。今時期、北海道でしか見れない蝶と言えば、見た目が似ているエゾシロチョウも飛んでいますね。エゾシロチョウはその名の通り「シロチョウ科」ですが、ヒメウスバシロチョウは、シロチョウとついていますが「アゲハチョウ科」なんですよ。

ヒメウスバシロチョウ(姫薄羽白蝶/アゲハチョウ科ウスバシロチョウ属)
発生:年1回、5月下旬~6月中旬
 
c0048117_7215776.jpg

日本で見ることができるウスバシロチョウ属(parnassius)は3種。そのうちの2種は北海道でしか見ることができません。このヒメウスバシロチョウと大雪の高山地帯でコマクサを食草としているウスバキチョウ(薄羽黄蝶)です。
parnassiusu(パルナシウス)は神々が集うギリシャのパルナッソス山から来ています。カムイミンタラ(神々の庭)で飛んでいるウスバキチョウにピッタリですね。あっ、ウスバキチョウは見ているけど撮れてない蝶なんですわ(^_^;)
c0048117_722623.jpg

毎年ワンコの散歩コースで見れるということで、以前にも結構撮っています。ブログ内にある検索欄に「姫薄羽白蝶」を入れて検索すると、以前の記事が見れますので、よかったら検索してみてくださいまし(*^^)v
c0048117_7221415.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-06-19 23:20 | 蝶/mariposa | Comments(2)
越冬キベリ
ジェイの今年の初泳ぎに、いつもの豊平川上流に行ってきました。風があったせいか、蝶の気配はあまりありませんでした。時間も悪かったかも。越冬したキベリタテハがアッチでもコッチでも、フワフワと飛んでいました。レンズが55-200mmなので、イマイチだわ。

キベリタテハ(黄縁たては/タテハチョウ科)
発生:年一回 8月 春~初夏に見れるのは、成虫で越冬した個体です
c0048117_22503672.jpg
c0048117_22504888.jpg

こちらを睨んでいたような気がするんだけど。
c0048117_22524519.jpg

ミヤマカラスアゲハが何度かツツジに遊びに来たのだけど、遠すぎ、。肉眼では綺麗な輝きが見れましたよ。
ミヤマカラスアゲハ(深山烏揚羽:アゲハチョウ科) 
c0048117_22545046.jpg

[PR]
by mrkgen | 2008-06-08 23:13 | 蝶/mariposa | Comments(0)