トップ
タグ:シジミチョウ科 ( 85 ) タグの人気記事
手稲山
8/09、台風が来る前の晴れ間狙いです。何となく朝散歩の延長で平和の滝までドライブしたので、軽い気持ちで登り始めましたが、朝飯前と言うことで、途中でエネルギー切れでヘロヘロになってしまいました。
でも。人も少なく(登りは)涼しく気持ちが良かったです。下界では見えない蝶にも会えて、得した気分です。

ヤマレコの記録⇒「手稲山(平和の滝コース)

札幌の街方面は雲が湧いて景色はイマイチ。
c0048117_15492471.jpg

でも、ヒメシジミ
ヒメシジミ(姫小灰蝶:シジミチョウ科)
発生:年1回、7月頃に見られます。
食草:マメ科のイワオウギ、キク科のマアザミ

c0048117_1550663.jpg

山頂から石狩湾方面も雲が湧いてます。
c0048117_15503696.jpg
c0048117_15504677.jpg

でも、ベニヒカゲ
ベニヒカゲ(紅日陰/タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
発生:年1回、8月上旬から中旬
食草:カヤツリグサ科植物

c0048117_1551110.jpg

[PR]
by mrkgen | 2014-08-11 15:51 | 夏山/montana | Comments(0)
ウラナミアカシジミ!
札幌、朝から暑い。散歩中に見る某所の温度計、24℃だった。いつもは暑くても21℃前後なんだけどね。日陰・木陰を選んで歩いていて見つけました。札幌では、南部の丘陵地でしか見れないと図鑑には書いてありましたが、ここは中央区の山沿いです。あまり生息地を離れないそうなので、ここで発生でしょう。
ムモンアカシジミといい、灯台下暗しでしたわ。何年か前に撮影したのは恵庭でしたね。これは、だいぶ色あせてしまってます。来年は、もっと早い時期にチェックしなくちゃ。

ウラナミアカシジミ(裏波赤小灰蝶/シジミチョウ科)
詳しくは(ミドリシジミ亜科アカシジミ属)がその後につく
発生:7月中旬-8月
食草:カシワ、ナラガシワ、クヌギ、コナラなど

c0048117_9394642.jpg

c0048117_9395566.jpg

ウラナミアカシジミがいたポイントには、この頃は普通種のようにみるオナガシジミがいました。
オナガシジミ(尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回
食草:オニグルミ
c0048117_946471.jpg

オナガシジミは翅を開いてとまることが多い
c0048117_9473276.jpg

オナガシジミの仲間3種の中で一番好きなウスイロもいました
ウスイロオナガシジミ(薄色尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7月頃
食草:カシワ、ナラガシワ、ミズナラ、コナラ  
c0048117_949720.jpg
c0048117_9502876.jpg

[PR]
by mrkgen | 2014-08-04 07:30 | 蝶/mariposa | Comments(0)
ゼフ三昧♪
ゼフポイントから少し離れたところで久しぶりに逢えました!出会うことが少ない蝶で、会えると、ヤッターの気分。

ムモンアカシジミ(無紋赤小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回、8月頃
食草:クヌギ・コナラ・ミズナラ、アブラムシ・カイガラムシ 
幼虫はアリと共生することで有名
c0048117_10464989.jpg

下に出しているオナガ三種もゼフ(zephyrus【ゼフィルス/西風の意味】シジミチョウ科に属する樹上性のミドリシジミを中心としたグループの愛称)だけど、一般的にはミドリシジミの仲間を言うことが多いかな。そんなゼフィルス、札幌で見ることができるミドリシジミの仲間は8種(ミドリシジミ・アイノミドリシジミ・メスアカミドリシジミ・オオミドリシジミ・ジョウザンミドリシジミ・ハヤシミドリシジミ・エゾミドリシジミ・ウラジロミドリシジミ)のようですが、ハナから同定投げ出しています(^_^.) あしからず、。

ミドリシジミの仲間の発生は7月
食草:ミズナラ・コナラ、種類によってカシワやサクラ類です

♂の表はキラリンと森の宝石!でも、♀は地味です。
c0048117_10311113.jpg
c0048117_10312461.jpg
c0048117_1035478.jpg

裏の斑紋の形などで同定しますが、ふぅ~、、。
c0048117_10363411.jpg

白っぽく色あせた個体もいるし、よう分からんです。
c0048117_1037919.jpg

今朝は15分ほど、ジェイを待たせただけで、ゼフ三昧と楽しかったなぁ~♪
[PR]
by mrkgen | 2014-08-01 08:00 | 蝶/mariposa | Comments(0)
オナガ三種!
この頃は暑いので、ジェイの散歩も早朝に済ませています。そんな早朝散歩で、いつものゼフポイントはゼフだらけです。オナガシジミ三種が下草のイタドリで休んでいました。一度に三種が見れるなんて、素晴らしいポイントですわ♪

ミズイロオナガシジミ(水色尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7月中旬から8月 
食草:コナラ・ミズナラ・カシワ    
c0048117_95510100.jpg

下に写っているのはミドリシジミの仲間ですね
c0048117_9545796.jpg

ウスイロオナガシジミ(薄色尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7月頃
食草:カシワ、ナラガシワ、ミズナラ、コナラ  
c0048117_9561038.jpg
c0048117_9561895.jpg

オナガシジミ(尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 8月頃 
食草:オニグルミ
c0048117_9574322.jpg

[PR]
by mrkgen | 2014-08-01 07:30 | 蝶/mariposa | Comments(0)
お散歩コースの蝶♪
この頃は、普通に見ることができる蝶になかなか撮影意欲がわかない。でも、ゼフは別格かな。キラリンとした青緑の色を見ると、何かしら嬉しくなりますね♪

7/15 たぶんメスアカミドリシジミの♀と♂のツーショット
c0048117_9232245.jpg

このハエ、邪魔しているわ。
c0048117_9233458.jpg

このゼフポイントにいるウラキンシジミ。あまり神経質じゃなくオットリしている雰囲気です。
ウラキンシジミ(裏金灰小蝶/シジミチョウ科) 
発生:年一回 7月~8月 越冬態:卵
食草:アオダモ トネリコ類
c0048117_9251263.jpg

7/22 メスアカミドリシジミの♀ オスの卍飛行はいつも見るけど、なかなかとまってくれないので撮れないな。
c0048117_9263332.jpg

晩夏のイメージがあるオナガシジミがもう出ていました
c0048117_9272597.jpg

[PR]
by mrkgen | 2014-07-26 09:20 | 蝶/mariposa | Comments(0)
大雪山で会った蝶
夏の喧騒の大雪山には、なかなか足が向かないので蝶を撮る機会も少ないのですが、今回は諸事情で歩いてきました(^_-) 稜線上では平地でも見るコヒオドシ・キアゲハ・カラスアゲハ等が飛びまくっていました。ウスバキチョウは見かけなかったのですが、ダイセツタカネヒカゲはそこらじゅうで見ました。

北海道で高山蝶と言われているのは5種:ウスバキチョウ、ダイセツタカネヒカゲ、アサヒヒョウモン、クモマベニヒカゲ、カラフトルリシジミ。クモマベニヒカゲ以外はすべて国の天然記念物に指定されているので採集禁止です。

去年(2013)6月の大雪山の蝶

ダイセツタカネヒカゲ(大雪高根日陰/ジャノメチョウ科) 
食草:ダイセツイワスゲ・ミヤマクロスゲ
発生:年一回 6月中旬から7月 卵から成虫まで2年
c0048117_1032530.jpg

今回初めて写真に撮れたカラフトルリシジミです。平地にいるルリシジミのようにあちこちで飛びまくっていました。北海道固有亜種
カラフトルリシジミ(樺太瑠璃小灰蝶/シジミチョウ科)
食草:クロマメノキ・コケモモ・ガンコウラン
発生:年一回 7月上旬~8月
c0048117_10192474.jpg

c0048117_10193372.jpg

ウスバキチョウは目撃しなかったけど、赤ちゃんがいたわ! コマクサの上を歩いてくれればバッチシだったけどね。
ウスバキチョウ(薄羽黄蝶/アゲハチョウ科) 
食草:コマクサ
発生:6月下旬から7月 

約11ヶ月間卵の状態で越冬し、幼虫期間は3ヶ月、蛹の状態でおよそ10ヶ月越冬し、丸2年かかってようやく成虫になる wikipediaより
c0048117_10361545.jpg

[PR]
by mrkgen | 2014-07-22 06:00 | 蝶/mariposa | Comments(4)
アカシジミとカラスシジミ
ゼフポイントのその他の蝶です。

アカシジミ(赤小灰蝶/シジミチョウ科) 
発生:7月
食草:コナラ・ミズナラ
 ここでは普通種のようにいます。撮影7/19
c0048117_949865.jpg

撮影7/27
c0048117_9494184.jpg

カラスシジミ(烏小灰蝶/シジミチョウ科) 
発生:年一回 7月~8月 
食草:ハルニレ
 この蝶もこの辺では普通種のようによく見ます 撮影7/19
c0048117_9553180.jpg

自宅庭の雑草ハーブ園に、撮影7/26
c0048117_1004493.jpg
c0048117_101191.jpg

歩道脇のヨツバヒヨドリに、撮影7/27
c0048117_9593119.jpg
c0048117_9595147.jpg

[PR]
by mrkgen | 2013-07-28 07:00 | 蝶/mariposa | Comments(0)
ゼフ・ゼフ♪
朝散歩のゼフポイントでは、お天気が良ければ梢の先で、毎朝と言うぐらい卍飛行が見られます。でも、なかなか一休みしてくれないんだな。同定も難しくて、よくわかりませんのだわ(^_^.) 一種類だけなのか、何種かが混在しているのか、どうなのかな、。

札幌圏内で見ることができるミドリシジミの仲間は8種だそうです。
ミドリシジミ・アイノミドリシジミ・メスアカミドリシジミ・オオミドリシジミ・ジョウザンミドリシジミ・ハヤシミドリシジミ・エゾミドリシジミ・ウラジロミドリシジミ

ミドリシジミの仲間の発生は7月
食草:ミズナラ・コナラ、種類によってカシワやサクラ類です。
この林縁のゼフポイントでは、すべての木が生えていますわ(?_?)
撮影7/26
c0048117_91838100.jpg

この輝きを見れるだけで幸せです。森の宝石♪
撮影7/22
c0048117_9224379.jpg

撮影7/23
c0048117_928815.jpg

撮影7/26
c0048117_9215045.jpg

撮影7/26
c0048117_9293050.jpg

裏の斑紋の模様で同定するようですが、ようわからん(+_+)
撮影7/22
c0048117_924853.jpg

撮影7/19 これはメスアカミドリシジミっぽいかな(^_^.)
c0048117_9242531.jpg

[PR]
by mrkgen | 2013-07-27 23:00 | 蝶/mariposa | Comments(0)
オナガ三種
山の記録を作っている間も、蝶の写真は撮りためていました。山が一段落したので、整理して出しますね。朝のワン散歩の途中で会う蝶で、ゼフポイントと私が名前を付けている場所です。ここはオナガシジミ三種を見ることができます。

オナガシジミ(尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7~8月頃 
食草:オニグルミ  
撮影7/22
c0048117_924418.jpg

オナガシジミは羽を広げることが多いです
c0048117_931669.jpg

ウスイロオナガシジミ(薄色尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7月頃
食草:カシワ、ナラガシワ、ミズナラ、コナラ  
撮影7/22
c0048117_944561.jpg

撮影7/19
c0048117_972887.jpg

ミズイロオナガシジミ(水色尾長小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年一回 7月中旬から8月 
食草はコナラ・ミズナラ・カシワ  
撮影7/26
c0048117_993361.jpg

オナガシジミの仲間では、ミズイロオナガシジミが一番好きかな。会う機会も一番少ない気がします。
[PR]
by mrkgen | 2013-07-26 23:00 | 蝶/mariposa | Comments(2)
越冬蝶のアカタテハなど
犬のお散歩で山道を歩いていて、ひらひらと舞っているのを見つけました。蝶のいるポイントという感じじゃないところで、遭遇するのが楽しいですね。越冬蝶、春先の雪の上で見ることが多いのはエルタテハ。クジャクチョウも見る機会が多いですね。アカタテハはの越冬態は初めてかも。

アカタテハ(赤たては/タテハチョウ科) 5/24撮影
c0048117_17273534.jpg

同じような場所でヒメアカタテハもいました。この蝶は北海道では越冬できない蝶と言われているので、もう本州から渡ってきたのかしら。いつも春に見ると不思議な気分になりますね。
ヒメアカタテハ(姫赤たては/タテハチョウ科) 5/24撮影
c0048117_17293351.jpg

山道で、市街地の街並みを眼下に見ながらの蝶もいいですね。
c0048117_17303916.jpg

超普通種のルリシジミも、春先に見ると嬉しいです。早い時期だったのでスギタニかと思ったけど、違いました(^_^.)
ルリシジミ(瑠璃小灰蝶/シジミチョウ科) 5/21撮影 
c0048117_17381359.jpg
 
[PR]
by mrkgen | 2013-05-26 23:59 | 蝶/mariposa | Comments(2)