人気ブログランキング |
トップ
暖かそうな芽
コブシとモクレン、似ていますね。いつもどちらかわからなくなるので、違いを書いておこう。

コブシ(辛夷/モクレン科)
花びらは6枚。花弁の裏にピンクの線がある。横向き又は斜め上に向かって花が開き、花の付け根に若葉が一枚ついています。実は垂れ下がる。日本原産


ハクモクレン(白木蓮/モクレン科)
花びらは9枚に見える(花弁6枚に萼片3枚) 花は上に向かって咲き、花の付け根に若葉はない。 実は上向きにつく。中国原産


これはコブシ(辛夷/モクレン科)だったはず(-_-;)
c0048117_1930312.jpg

逆光に絹毛が光ってます。
c0048117_1930509.jpg

ヤナギとヒヨドリ
ヤナギ(柳/ヤナギ科)も種類が多くて分けわかりません(>_<) 雄花と雌花があり、支離滅裂になるので、全部まとめてニャンコヤナギって言ってますわ。
c0048117_19311368.jpg
ヒヨドリ(鵯/ヒヨドリ科)
周年見れますね。賑やかなので、すぐいるのがわかるわ。室蘭の地球岬での渡の集結は、見ごたえがあるようなので、一度見てみたいです。
c0048117_19312751.jpg

上のヒヨドリの柳とは別の柳です。同じ種類なのかどうかもわかりませんです(*_*)
c0048117_19372315.jpg

チューーーリップ (*^^)v 雪の中から出てくる強さはすごいね。
c0048117_1937940.jpg

by mrkgen | 2009-04-08 07:29 | 木の芽 | Comments(0)