人気ブログランキング |
トップ
川遊びでコヒオドシ
連休の最終日に、やっとお日様が出ました。3連休、日高幌尻岳の幌尻山荘ウン◎下ろしヴォランティアの予定だったのですが、お天気も悪いし左膝強打の腫れも残っていたので行くのを止めました。運搬作業は現地判断で中止になったようです。久々にノンベンダラリとした休日でした。
今朝、NAC室内壁のお誘い電話もあったのですが、久々のお日様なので外遊びを優先しました。ジェイの川遊びのついでに、蝶なんぞを撮ってきましたわ。久しぶりに蝶を探しましたが、なんだか蝶勘が鈍くなっていましたね。そして林道歩きも、なぜか早足になってしまう(^_^;) 山歩きのクセですね。

本州では高山蝶になるのですが、北海道では川遊びのついでに撮れてしまう平地の蝶でもあります。でも、9月の大雪山2000m近い稜線でも見ました。高いところが好きなのね。奇麗な色が、日本古来の鎧(よろい)の装飾に好んで使われた赤い緋縅(ひおどし)に似ていることから命名されたそうです。ちなみに小さくないヒオドシはこちらです。コヒオドシを見かけることは多いですが、ヒオドシチョウはなかなか見ないですね。。。

コヒオドシ(小緋縅・タテハチョウ科)
発生:年一回 7月 成虫で越冬
c0048117_2054378.jpg

裏は地味な色です。
c0048117_206173.jpg
c0048117_2062474.jpg

コヒオドシが吸蜜しているお花に、ミドリヒョウモンが飛んできました。
林道を歩いていると、必ずと言っていいほど飛んでいます。一番よく見るチョウかもね。
ミドリヒョウモン(緑豹紋・タテハチョウ科)
発生:年一回 7月
c0048117_20293561.jpg
c0048117_20401477.jpg

林道でよく見るといえば、ヒョイヒョイと人を小馬鹿にしたように下草のあたりを飛んでいます。
ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇の目・ジャノメチョウ科)
発生:年2回
c0048117_2050231.jpg

ずいぶん久しぶりに蝶を探して歩きましたが、沢登りや岩登りと比べると、イマイチ運動量が足りない気分。自然の中に入る楽しさはありますが、スポーツにはならないですね。もうちょっと体力が落ちてからの楽しみにしておこうかしら。
by mrkgen | 2009-07-20 20:51 | 蝶/mariposa | Comments(4)
Commented by banyan10 at 2009-07-21 18:33
コヒオドシとヒメウラナミジャノメが一緒に見れるのですね。
花もなんだか違和感あります。(笑)
ミドリヒョウモンとのツーショットはぎりぎり許せます。(爆)
Commented by kenken at 2009-07-21 21:19 x
蝶の写真どれも綺麗な色で、見ていて飽きません。
ブレていなくてピントもしっかり合ってさすがですね。
いつもさりげなく素敵な写真を撮る。感性が常に磨かれているんですね。

沢娘(ん、日本酒みたいだな)パワー全開も楽しそうですが、膝の強打、完全に治してから山に行ってくださいね。無理はいけませんよ。。
僕は昔の無茶が今になって出てきてる。(歳だよと言う人もいるが・・・)

marikkaさんの写真、これからも楽しみにしてます。。
Commented by mrkgen at 2009-07-22 12:44 x
◆banyanさん
里の花に高山蝶も北海道ならではなのかしら。これから山に旅立つんでしょうね。ミドリヒョウモンが周りでフラフラするので、翅を閉じてしまいました。なかなかツーショットは難しいですね。キベリも飛んでいましたが、越冬蝶でした。もうちょっとかな、。
Commented by mrkgen at 2009-07-22 12:56 x
◆kenkenさん
たまに蝶を写すと、新鮮で楽しかったです。

>ブレていなくてピントもしっかり合ってさすがですね
ありがとうございます。ぶれてボケた写真の中から、ぶれてなくてピントが合っているのを見つけ出す苦労があるのだわ(爆) 感性と言えるかどうか分からないけど、数打った写真の中から、自分の好みの写真を選ぶ目が、感性なのかしらん(^◇^) 使える写真は2割に満たないんですよ。

沢娘!? しばし何の事を言ってるのか分からんかったぞー!
膝、可哀そうな膝!この重い体重を支えて、本当に可哀そうです。
無理しないで、いたわって使いますね。長く使いたいから。。。
kenkenさんの若い時の無茶って、どんな無茶したのかな。ウププ、武勇伝を聞いてみたいわ。