トップ
1726峰(雪盛山)、その3(最終)
前の週に登ったルベシベ山(1740m)です。右奥がピーク。
c0048117_22365582.jpg

芽室岳西峰(パンケヌーシ岳・1745m) と芽室岳(1753m)
c0048117_22283068.jpg

左奥に剣山(1025m)
c0048117_2222253.jpg

右に伏見岳(1792m)と奥に十勝幌尻岳(1846m)
c0048117_22211662.jpg

大雪の山々
c0048117_22215642.jpg
 
日高主稜線の山々。クリックで大
c0048117_2241374.jpg

頂上は、若干風もあり、アウターを着ないと、汗が冷えて寒くなります。気温はたぶんひと桁。ウラシマツツジが赤く紅葉し始めている横に、キバナシャクナゲが、なぜか一輪咲いていました。あっちを向いても、こっちを向いても山また山です。山座同定が不得意なメンバーばかりだったけど(+_+)、それなりに楽しく一時間以上ノンビリしました。c0048117_22243582.jpg自分たちだけの独り占めの山頂は、最高の気分でした。
下りたくないけど降りなくちゃ帰れないので、急斜面に気をつけて下ります(10:35)。ハイ松斜面から灌木斜面、ガレ斜面と下り、途中でリーダーH氏の絶妙なコース取りで、下りたくない滝を巻く形で右の小さな尾根を乗り越して、沢型の斜面を下ると、下の写真の所に出ました。良く見ると、ピンクテープが両方に付いているんですね。ベテランH氏に言わせると、頭の悪い奴のしわざだそうです(^_-) 軟弱物には心強いピンクテープも、ベテラン沢達人に言わせると、目障りなんですね!(^^)! (11:26)頂上から50分
c0048117_22244981.jpg

あとは登った沢道を下るだけです。誰にも会わない山は、なんとも素敵ですね。奥深い日高の山の良さを、しみじみ感じました。
by mrkgen | 2009-09-01 22:25 | 沢登/montana | Comments(0)