トップ
初秋のサハリンクルーズ、その2
スーパーマーケットで買い物タイムです。見た通り、品物はとても豊富に並んでいます。日本の醤油やカップメン、韓国のハングル文字のものも並んでいます。人口17万ほどのユジノサハリンスクですが、2万人ほどの韓国系の人も住んでいるそうです。1ルーブル≒3円 物価は安いかも。
c0048117_2101757.jpg

これはスモークされたお魚です。とても美味しそうな香りがしていました。尾頭付きの日本の魚料理は嫌われるって聞いたことがあるけど、しっかり頭がスモークされていますよ。海産物の豊富な所では、頭が一番美味しいって分かっているんだよね。タコだってイタリアなんかは、とってもよく食べるしね。
c0048117_20531599.jpg

昼食はホテルのレストランです。サラダ・ピロシキ・ボルシチ・鮭のソテー・クレープの木苺ソース添えなどです。日本人の嗜好に合わせているのか、どれもとっても美味しかったですが、ビールがぬるかったのが残念。ウォッカも味見しましたが、キツゥ(-"-) ウエートレスさんが奇麗で可愛く、キビキビとしていました。サービスに関しては、昔聞いていたのとは大違いで、とてもサービス精神が行きとどいていると感じました。
c0048117_213464.jpg

宗教に大弾圧を加えたソヴィエト政権、ソビエト崩壊のちに再建されたロシア正教会です。中は写真撮影禁止で、女性はスカーフ等で髪の毛を覆うことを望まれました。中に入ると、美しい歌声が聞こえました。葬儀の最中で、死者を送るミサを唄っているようでした。遺体は頭を入口側にしていて、とてもびっくりしました。
c0048117_20533212.jpg


c0048117_2115025.jpg民族舞踊の鑑賞。日本語の説明があるわけでもなく、どのような時に歌い踊られるのか分からないまま、淡々と30分ほど見ていました。片言でも説明があれば、ずいぶん受ける印象も違うと思うんだけどな。にっぽん丸で毎年行っているツアーなのだから、にんぽん丸側からでも、簡単な説明ができないのかな。

サハリン州の州都と言う割には、高いビル等もなく広々とした感じの街です。信号も少ないです。右側通行で右折時は赤信号でも右折できます。
c0048117_21197.jpg

これだけ↓交通量があるのに、信号はありません。みな様紳士的で、クラクションを鳴らすことなく譲り合いしています。荒っぽい運転マナーを想像していたのですが、意外とお行儀がいいんですね。歩行者にも優しく、ちょっと感激しました。治安も悪そうには見えませんでしたよ。
c0048117_205472.jpg

トイレ事情:公衆トイレはありません。駅のトイレは有料ですが悲惨でした。昼食をとったホテルのトイレは綺麗でした。民族舞踊を見た劇場のトイレは普通。どこのトイレも紙は流さず入れ物へです。

***その3へ***
by mrkgen | 2009-09-13 20:52 | あちこち | Comments(2)
Commented by banyan10 at 2009-09-15 18:55
自由に行動できる感じではなさそうですが、貴重な体験ですね。
アジアよりもヨーロッパに近い文化なのでしょうね。
海外は食事が美味しいのが一番ですね。
Commented by mrkgen at 2009-09-15 21:58
◆BANYANさん
一番近いヨーロッパですね。ビザやらなんやら面倒ですが、ツアーだと楽ですわ。ロシアの国民性、ちと誤解していたかも。静かで大人しく、計算も速いし、ゲルマン系かな。なんとなくラテンのチャランポランをイメージしていたんだけど、。食事、海外はお昼だけで(^_^;) あとは全て船の中でした。でも(だから?)全て美味しくて大満足。たまに豪華客船もいいですね。