トップ
大雪山で会った蝶
夏の喧騒の大雪山には、なかなか足が向かないので蝶を撮る機会も少ないのですが、今回は諸事情で歩いてきました(^_-) 稜線上では平地でも見るコヒオドシ・キアゲハ・カラスアゲハ等が飛びまくっていました。ウスバキチョウは見かけなかったのですが、ダイセツタカネヒカゲはそこらじゅうで見ました。

北海道で高山蝶と言われているのは5種:ウスバキチョウ、ダイセツタカネヒカゲ、アサヒヒョウモン、クモマベニヒカゲ、カラフトルリシジミ。クモマベニヒカゲ以外はすべて国の天然記念物に指定されているので採集禁止です。

去年(2013)6月の大雪山の蝶

ダイセツタカネヒカゲ(大雪高根日陰/ジャノメチョウ科) 
食草:ダイセツイワスゲ・ミヤマクロスゲ
発生:年一回 6月中旬から7月 卵から成虫まで2年
c0048117_1032530.jpg

今回初めて写真に撮れたカラフトルリシジミです。平地にいるルリシジミのようにあちこちで飛びまくっていました。北海道固有亜種
カラフトルリシジミ(樺太瑠璃小灰蝶/シジミチョウ科)
食草:クロマメノキ・コケモモ・ガンコウラン
発生:年一回 7月上旬~8月
c0048117_10192474.jpg

c0048117_10193372.jpg

ウスバキチョウは目撃しなかったけど、赤ちゃんがいたわ! コマクサの上を歩いてくれればバッチシだったけどね。
ウスバキチョウ(薄羽黄蝶/アゲハチョウ科) 
食草:コマクサ
発生:6月下旬から7月 

約11ヶ月間卵の状態で越冬し、幼虫期間は3ヶ月、蛹の状態でおよそ10ヶ月越冬し、丸2年かかってようやく成虫になる wikipediaより
c0048117_10361545.jpg

[PR]
by mrkgen | 2014-07-22 06:00 | 蝶/mariposa | Comments(4)
Commented by at 2014-07-22 13:23 x
いやぁ羨ましい。
ダイセツタカネヒカゲもそこらじゅうにいるなんて!ウスバキチョウも
見たいけど、カラフトルリシジミもよく撮れましたね。素晴らしい!
コヒオドシといえば、ずっと昔家族で行った北海道。日勝トンネルの
出口の所で見つけ、とても感動した思い出があります。私も、いつ
か、きっと必ず、また北海道へ行きます。
Commented by mrkgen=marikka at 2014-07-23 08:00 x
◆翼さん
花じゃなく蝶を撮っている人は少ないようです。カラルリ、普通種のように飛んでいますし、ダイセツタカネヒカゲは飛び方も蛾っぽく、見た目も美しくないので、登山者は目もくれないって感じです。
コヒオドシも同じ状態。体力があるうちは日高の山へと思っていますが、大雪山は本当に素晴らしいです。いつか翼さんや皆さんと、花・蝶を愛でながら歩きたいです!!!
Commented by banyan10 at 2014-10-17 20:20
大変ご無沙汰しています。
この記事見逃していましたが、カラルリは大雪では7月の下旬なのですね。
ウスバキは遅いのでしょうが、幼虫は見たいです。
Commented by mrkgen=marikka at 2014-10-18 09:07 x
◆banyanさん
お久しブリブリ♪ 年なので(^_-)先鋭的な山は今のウチと頑張っています。そんなこんなで、なかなか蝶に集中できないのですが、そんな時でも、チョウのアンテナはきちんと広げております!(^^)!

カラルリ、たぶん大雪で何度もみていたと思うのですが、下界のルリだと思い、写真に撮らなかったです。今回たまたま裏が撮れていたので調べたらカラルリだった(+_+) 一応7月上旬からと図鑑にはなっていますね。このカラルリも少し痛んでいます。

ウスバキ、去年6月下旬に歩いたときの方がイッパイ目撃できました。
今回も擦れたウスバキは飛んでいましたね。幼虫、たまたま撮れました。見つけるのは難しいのかな。