トップ
札饗定期演奏会 第612回
久しぶりの札響、なんとS席を2枚いただいて、クラシック好きなお友達を誘って聴いてきました。
演目を見て、う~ん、ドビュッシーは好きだけどフォーレのレクイエム、、寝ちゃうかもと思っていたけど、この日の一番だった!合唱とパイプオルガンとオーケストラの調和が素晴らしかったです。kitaraのパイプオルガンはオルガンだけの演奏は聞いているけど、オーケストラと一緒のは初めてだわ。オルガンの人、指揮者に背中を見せたまんまだけど、指揮が分かっているみたい。譜面の横かどこかに小さな液晶かなにかあるんだろうか。なんか不思議だった。細川俊夫氏の「瞑想」は現代音楽らしく打楽器が多用されていて、とても興味深かったし、ドビュッシーも心地よかったです。でも、フォーレのレクイエムが本当に素晴らしかった。好んで聞くジャンルではなく頂いたチケットだから聞けたんですね。優雅なお友達に大感謝です。一緒に聴いた友達も、絶賛していました。


指揮:マティアス・バーメルト
コンサートマスター:大平 まゆみ
管弦楽:札幌交響楽団 
ソプラノ:小林沙羅 
バリトン:三原 剛 
合唱:札響合唱団

■細川俊夫:瞑想ー3月11日の津波犠牲者に捧げるー
■ドビュッシー:管弦楽のための映像 ⅠGigues Ⅲ Rondes de printemps Ⅱ Iberia 
■フォーレ:レクイエム op48 
c0048117_16352293.jpg
始まる前のロビーコンサートはフルートが3名。フルートの音、好きだな(^^)/
J・カステレード:笛吹きの休日


by mrkgen | 2018-09-21 23:59 | あちこち | Comments(0)