トップ
重滝から黒松内岳(750m)へ、その1
初心者の沢登り、四本目です。今回も沢師匠ことganさんのお誘いに、ワクワクじゃなくドキドキで参加しました。土曜の夕方に札幌を出発し、ニセコにあるHYML会員の山小屋をお借りして宿泊です。手作りの夢の山小屋を、気持ちよく提供していただき、大感謝です。翌朝が早いので、宴会を早めに切り上げるつもりでも、美味しいジンギスカンとお酒についついだった(^_^;)

翌朝起きると、なんだか空がどんより。黒松内岳へ向かう途中も、山には雲が低く垂れ込めています。今回の沢は、ganさんも途中からは未踏だそうです。なんとなく暗雲が立ち込めているような、そんな天気と気持です。雨さえ降らなければと目的地へ進みます。黒松内岳の夏道登山口に着く頃になると、少し明るくなって青空も見えてきます。黒松内岳の沢登りは、夏道の側にある「ブナ滝の沢」が一般的なのかな。夏道の登山口に車を置き、そこからタニウツギの咲く林道を15分ほど歩くと、重滝です。
c0048117_2023389.jpg
落差20mほどでしょうか。この滝の右岸(左側)を高巻きます。いきなりの急斜面の薮突入に、ganさんに離れてはならじと、笹をわしづかみにして必死で後について行きます。
c0048117_2085517.jpg
笹をつかみ、木をつかんで登って降りると、滝の落ち口にピッタリと着くじゃないですか。上から見る重滝は、ものすごい高度感です。
c0048117_20361482.jpg
滝の落ち口からは、滑のような歩きやすい沢です。でも、すぐ次の滝が現れます。ドキドキ(^_^.)
c0048117_20413100.jpg
次から次に小滝が現れる。ドキドキから少しワクワクになってくる。
c0048117_20414952.jpg
歩き始めて20分ほどで、15日に出している10mの滝です。しばしどこから突破するかで、考え中。
*****その2(6/17)へ続く*****
[PR]
by mrkgen | 2008-06-16 23:52 | 沢登/montana | Comments(0)