人気ブログランキング |
トップ
ロープワークは続く(=_=)
すっかり忘れた頃を見計らったように、外岩です。9/14の小樽赤岩、素晴らしく綺麗に晴れ渡っていましたが、私の記憶も綺麗になっていました。情けないなぁ~、、。

懸垂下降の支点。
c0048117_12261881.jpg
支点からの懸垂下降。バックアップをとって!
c0048117_12265684.jpg
c0048117_12264695.jpg
綺麗に降りて行く師匠!
c0048117_12271253.jpg
なんとなく調子の出ない師匠と、燃え尽きっぽい私とでマッタリな赤岩でした。マッタリなおかげで、ロープワークの勉強や、映画「フリー・ソロ」の話やらで盛り上がりました。
ヨセミテのエル・キャピタンをフリーで登るなんて、どんだけ技術に自信があっても普通の神経じゃダメ。リードするだけでビビっている私はなんなんだと自問自答です。エル・キャピタン、いろんなルートがあるようですが、「フリー・ソロ」で登ったルート【5.12d】もあるとか。そして普通にロープでプロテクション取りながら登る場合、早くても一泊二日、それを3時間50分で登ってます。標高差900m超。オリンピックの新種目のクライミング、同じよじ登ることでも、こんなに別世界って。山登り、岩登り、細分化してますね。


# by mrkgen | 2019-09-15 23:38 | 岩壁/montana | Comments(0)
ロープワーク(=_=)
時々室内壁でよじ登っていますが、トップロープで登っているので頭使ってません。山岳会に入っていないので、系統だててロープワークのお勉強もしてません。たまに思い出したように本を見ているけどダメだわ。先日、M壁仲間の超クライマーさんが、同じ山岳会仲間に教えると言うことで、見学させてもらいました。
うぅ~~~、難しい。とりあえず忘れないように写真張っておこう。

セカンドでビレイしている時にトップが動かなくなる。トップの姿は岩陰で見えず声も通らない。そういう状況で、確保しているロープを両手が使える状態にするためのロープワークです。

1.ロープを右手で動かないようしっかり抑えてカラビナからロープを引き出す
2.引き出したロープの輪から下のロープを抜き出す
3.ある程度の長さにロープを抜き出したら
4・オーバーヘッドノットでしっかり結ぶ

これで両手を放すことが出来るようになります。
c0048117_14572671.jpg
まだ、違うことも習ったけど、なんだったっけ? 
なんだっけーーーのロープワーク(=_=)
c0048117_15214797.jpg

# by mrkgen | 2019-08-28 08:00 | 岩壁/montana | Comments(0)
木挽沢・コビキ沢
先日(8/18)の沢登り、ヤマレコに出したけどブログでお知らせするのを忘れてました。一年ぶりの沢だったけど沢感は鈍っていなかったというか、初心者向きの沢だったからね。沢師匠のganさん、語学留学です!素晴らしいな。いくつになっても向学心とか好奇心とかは持っていたいですね。
ganさんの留学祝いのスイカ割!このスイカ、メンバーの差入ですがメチャクチャ甘かったです。御馳走さまさま。
c0048117_15055253.jpg


# by mrkgen | 2019-08-23 23:59 | 沢登/montana | Comments(2)
シャモニー滞在でメモ書き
円からユーロ、出発前にガイドM氏から、シャモニーに着いてから両替に行きますと連絡があったので、札幌では両替せず、空港にも両替所があったけど両替せず、シャモニーの街で両替所、探しに行きました。ありませ~ん!一ヵ所、あることはあったけど非常にレートが悪い。今時、円の現金をもってウロウロする時代じゃないようです。街中のあちこちにキャッシュコーナーみたいな器械があり、クレジットカードでユーロを買いました。デビットカードみたいな感じかなと思ったけど、札幌に帰ってからチェックしたらクレジットカードの仕組みみたいです。一回ごとに手数料がかかっていたので、まとめて買えばよかったみたい。分からなかったので、その都度100ユーロ出してました。レートは悪くはないけど、空港の方が良かったみたい。日本である程度両替しておき、足りなかったら現地でクレジットカード利用がベストかも。

シャモニー、フランスですが英語が通じます(^_-) 大昔、フランス人は英語が話せるのに分からないフリしてフランス語しかしゃべらなかった。シャモニーは国際的な観光地だし、そんなことしてたら商売できないですね。私のつたない英語で、用事はクリアできたし、ガイドさんとのコミュニケイションも大丈夫でした。

モンブラン登る時に、札幌から持っていった靴では寒さに不安があったので、ホテル近くのスネルスポーツというお店に靴を借りに行きました。同室のK子さんは初めから借りるつもりだったようで初日に見にいきました。一週間借りると100ユーロぐらい。ふと陳列棚を見ると、400ユーロしないぐらいで新製品がバーゲンしてます。たぶん、札幌の山店だと6~7万してる商品です。K子さん、お買い上げ!私はバレーブランシェの高所順応で様子をみてからにしました。結論、足が冷たく感じたので5日間借りました。44ユーロ、5000円ぐらいかな。冬山の厳冬期はスキーなので、冬靴、使わないわ。K子さんはアイスもすると言ってたので、バッチリですね。

シャモニーでのハイキング、ロープーウェイやゴンドラ、なんだかんだとお金がかかります。何日間かのパスがあるようですが、いろいろ制約もあるみたい。私達は毎回買いましたがどうだったんだろう。ガイドM氏はガイド割引があるようで、パスのことは説明なし。シニア割のことも、私がシニア割で買ったら、初めて知ったような顔をしてました(`´) ゲートはほとんどがバーコードの読み取りでした。係員が側にいますけどね。

表は共通のデザイン。裏にいろいろ印字されています。
c0048117_11573792.jpg
印字が小さいので、書き足しましたが、1ユーロ122円で計算すると、¥24000ぐらい交通費にかかってますね。シニアでなかったら多分一割以上高いと思います。ヨーロッパはなんでも高いですね。
c0048117_11574228.jpg
ホテルの朝食やいろいろ、野菜不足なので近くのスーパーで果物などを買いました。値段は札幌と同じぐらいかな。でも、チーズやハム類はお手頃価格でした。最後のレジが難関。バーコードのついている商品は問題なしだけど、ついていない果物は秤で量ってバーコードラベルを出してからなんです。ヒョエー。パン屋さんもお金の払い方が器械まかせ。パンを扱う人がお金に触れなくて済むようになんです。ふ~~~ん、日本もそうなるのかな。レストランは普通だった。
シャモニーじっくり滞在しても飽きることないですね。さすが観光の街でした。
c0048117_12103427.jpg
追記:コンビニと自販機がありません。街並み景観のためなんでしょうね。

# by mrkgen | 2019-08-03 23:59 | あちこち | Comments(2)