トップ
1966カルテット
チケットをゲットしたお友達からお誘いされて、聞いてきました。kitaraの小ホールです。kitaraづいている今日この頃だな。
このグループというかカルテット、全然知らなくてなんの予備知識もなく聞いてきましたが、とても良かったです。クラシックのテクニックをベースに洋楽アーティストをカバーする女性カルテットと案内に書いてありましたが、アレンジがクラシックっぽくジャズっぽくもあり、なかなか楽しい。1966はビートルズが初来日した年なんですね!ヴァイオリン×2、チェロ×1、ピアノです。ビートルズは大好きだし、クラシックも好きなのでけっこうハマりますね!前半はビートルズのナンバー、後半はUKロックと言うことで大好きなクイーンの曲もあって、ロックぽくもあり、新鮮な感じで楽しんできました。
c0048117_15280255.jpg
c0048117_15275844.jpg


[PR]
# by mrkgen | 2018-11-06 23:59 | Comments(2)
10月終了
10/26 大倉山シャンツェ
c0048117_10244450.jpg
10/21 手稲山山麓
c0048117_10243936.jpg
10/18 渋柿だと思うけど皮剥いて干したら美味しくなりそう
c0048117_10244887.jpg

[PR]
# by mrkgen | 2018-10-31 23:23 | 実/fruta...種 | Comments(0)
10月の乱読
c0048117_10022699.jpg
「黒部の山賊」本州の山小屋の成り立ちが分かる感じでしょうか。狩猟のための小屋が、登山者のために変化していったんですね。なかなか面白かったです。
「数の歴史」図書館で書棚を見ていて藤原正彦氏の監修に引きつかれて借りました。新田次郎の息子さんで数学者、エッセイ本も面白いけど、この本も面白いと言うか、分けが分からないながら数ってそうなんだと納得。ゼロの概念はインドと言うことは知ってたけど、桁(ケタ)もなんですね。
「バラ」また借りてしまった。何度読んでもも忘れるな(^_-)
「屋根裏の仏さま」移住の歴史は、向こうに親戚もいるので興味深いけど、この本は好きになれない。
c0048117_10023085.jpg
「極夜行」角幡唯介さんの本は、とりあえず読んでいる。初めの頃の本ほど楽しめなかった。極夜と言うものがどんな感じなのかは少し感じたけど。
「さっぽろ歴史散歩」今更ながら勉強。また右から左で、再度借りるかも。
「筋肉」ゆるっとだけど人間の体って複雑。これも右から左だな。
c0048117_10023413.jpg
瀬戸内寂聴の本はほとんど読んだことがない。ボヘ~っとTV見てたら、なんだか話題になっているようなので、図書館の順番待ちで借りました。どちらも好みじゃないな。TVで見る瀬戸内寂聴さんの方が面白いわ(^_-)

[PR]
# by mrkgen | 2018-10-30 23:59 | 山の勉強 | Comments(0)
札饗定期演奏会 第613回
先月に引き続いて、今月もチケット頂いたので聞いてきました。今回のチケットは演奏会を選べるので、以前から10月のを予約していました。ブルッフのヴァイオリン協奏曲と、久しぶりのベートーヴエン「英雄」が聴きたかったのです。
ヴァイオリンのクララ・ジュミ・カンさん、韓国系ドイツ人でモデルみたいに美しい人でした。美しい人の演奏はとっても素敵に聴こえてしまう。いいんだか悪いんだか(^_-) ベートーヴェンの「英雄」久しぶりに聞いたら、こんな曲だったっけと妙に新鮮で楽しかったです。
c0048117_15441471.jpg
指揮:小泉 和弘
ヴァイオリン:クララ・ジュミ・カン Clara Jumi Kang
コンサートマスター:大平 まゆみ
管弦楽:札幌交響楽団 

■モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
■ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調op.26 
■ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調op.55「英雄」

[PR]
# by mrkgen | 2018-10-26 23:44 | あちこち | Comments(0)