トップ
カテゴリ:未分類( 51 )
2月の乱読
久しぶりに池井戸氏の本を読みましたが、ある種のワンパターンかな。ストリーテイラーとしてのうまさは感じるけど、飽きてきたかも「萩原浩」初めて読みました。嫌いじゃないけどって感じ。佐野洋子はやはり好みじゃないですわ。
c0048117_13124141.jpg
c0048117_13124488.jpg
c0048117_13124828.jpg
「知床半島の湖沼」面白かった。この方の文章、好きです。内館牧子、昔ずいぶん読みました。久しぶりにタイトルにひかれて手に取りましたが、相変わらず楽しい。「救命センターからの手紙」勉強になりました。「転生回廊」頑張って読みましたが、、、写真が良かった(^_-)

by mrkgen | 2019-02-28 23:11 | Comments(0)
ホームページのこと
ワンコブログにも先日書いたのだけど、こちらにも告知しておかなくてはですね。
ヤフーgeocitiesのサービスが3月末で終了です。2003年に立ち上げたHP、このところは放置状態なので、3月末で終わりにします。 山のことはヤマレコに書いているし、日々のことはこのブログで更新なので、良いタイミングだと思います。ホームページビルダーで頑張って作った記録は、パソに残っているので良いでしょう。
今はフォトショップなどのソフトを使うことなく、ただアップすれば済むFaceBookやインスタで、誰でも簡単にSNSに参加できます。もう個人のHPの時代ではないですね。なんだかHPビルダーを使って作ったのが、とっても懐かしい。
ヤマレコにアップする前の記録、見てくれると嬉しいです↓ http://www.geocities.jp/mrkgen/yamatop.htm

夜景を見たくて冬コースから登ってみましたが、山頂についたら小雪が舞いだして、いまいちだった(+_+) 冬コース、ツボ足で2時間かかったけど、下りは慈啓会コースに30分で降りました。道の状態が雲泥の差でした(+_+)
c0048117_13283608.jpg

by mrkgen | 2019-02-10 23:18 | Comments(0)
12月と1月の乱読
12月の本、アップするの忘れてた。「柿谷美雨」にハマっているお友達から借りた本。どれも面白い!日本はどうなって行くんだろう(=_=) 考えさせられますね。本、ありがとうです。
c0048117_13521431.jpg
読む本に迷った時、某ブログに出ていた本を、そのままパクリで借りて読んだ。ついでに「山と谷」の新しい本もあったので借りた。すべて没頭して読んだ。感想は難しいな。文章にうまく表現できない(+_+)
c0048117_13521869.jpg
一月、まだ終わってないけど、図書館の順番待ちで借りた「暗幕のゲルニカ」。この人の本、好きだな。絵画にあまり興味がないけど、とても面白い。さすが順番待ちした甲斐がありました。
c0048117_13523463.jpg
適当に借りた本「伊坂幸太郎」普通に面白い。「佐野洋子」好みの問題かな、あまりハマらない。山仲間で佐野洋子にハマっているお友達がいて、イッパイ貸してくれたけど、読みきれるかな、、。「垣谷美雨」相変わらず楽しい。
c0048117_13522306.jpg


by mrkgen | 2019-01-15 23:51 | Comments(0)
11月の乱読
あっという間に12月になってしまいましたけど、とりあえず11月に読んだというか眺めた本を出しておこう。
c0048117_10595410.jpg
お友達が貸してくれた本です。
「大屋さんと僕」話題になっていた本なので読めて嬉しい。ほのぼの評判通りに楽しみました。垣谷美雨さんは全然知らなくて、この2冊初めて読ませてもらったけど、あっという間に没頭して読んでしまいました。なんか身につまされると言うか他人事ならず考えさせられるし、笑い飛ばしてしまう元気もあるし、貸してくれたお友達がハマっていると言うのも納得です。

c0048117_10594989.jpg
「九十歳。何がめでたい」図書館の順番待ちの本です。字が大きくてあっという間に読み切った。アハハ、年をとるって大変なんだわ。今でも大変なのに、心して年取らなくちゃ(=_=)
「素数ゼミの謎」数学と昆虫のセミ、面白い関連があるのね。素数って不思議な数字だけど、いろんな魅力があるんだなとしみじみ感じながら読みました。

c0048117_10594531.jpg
「ヒコベエ」新田次郎の息子さんで数学者の藤原正彦氏の自叙伝風の本です。同じ新田次郎の子供で藤原咲子さんも自叙伝風の本で藤原家のことを書いているけど、正彦氏のほうが好きだな。左の「若き数学者のアメリカ」は随分昔に買った本ですが、時々思い出しては読んでいます。文章の魅力、お父さん譲りだな。

c0048117_10593893.jpg
ながめて楽しむ本、楽しみました!

by mrkgen | 2018-12-05 23:10 | Comments(0)
1966カルテット
チケットをゲットしたお友達に誘われて、聞いてきました。kitaraの小ホールです。kitaraづいている今日この頃だな。
このグループというかカルテット、全然知らなくてなんの予備知識もなく聞いてきましたが、とても良かったです。クラシックのテクニックをベースに洋楽アーティストをカバーする女性カルテットと案内に書いてありましたが、アレンジがクラシックっぽくジャズっぽくもあり、なかなか楽しい。1966はビートルズが初来日した年なんですね!ヴァイオリン×2、チェロ×1、ピアノです。ビートルズは大好きだし、クラシックも好きなのでけっこうハマりますね!前半はビートルズのナンバー、後半はUKロックと言うことで大好きなクイーンの曲もあって、ロックぽくもあり、新鮮な感じで楽しんできました。
c0048117_15280255.jpg
c0048117_15275844.jpg


by mrkgen | 2018-11-06 23:59 | Comments(2)
8月終了(^_^.)
c0048117_14595186.jpg
c0048117_14594538.jpg
c0048117_14592521.jpg
c0048117_14584902.jpg

by mrkgen | 2018-08-31 23:59 | Comments(0)
「ほっかいどう山楽紀行」
c0048117_12070090.jpg
HYML創設メンバーで日本300名山を踏破している坂口一弘氏が本を出しました。読まずに紹介するのもなんなので、ブログに出すのが遅くなりましたが素晴らしい本です。山の登山ガイド本と言うよりは、山の歴史、地域との関わり、そして名前の由来などが書かれていて、とても面白いです。北海道新聞に連載されたものに加筆して出されてます。

HYML(北海道の山メーリングリスト)には、いろんな人がいますが、先日は80歳の傘寿を祝った、沢もスキーも現役のバケモノみたいな人がいます。坂口氏も体力・精神力バリバリ。だんだん年を重ねると、守りに入ってしまいますが、先輩諸氏の行動を見習って、もう少し頑張らねばと思わされる今日この頃ですが、無理せず私らしく、ぼちぼち.....でいきます。

by mrkgen | 2017-04-27 08:00 | Comments(0)
東南アジアの最高峰?
なんとなく不思議で調べていたら、分かりやすい説明を見つけました。
東南アジアとは、、、から考えなくちゃなんですね。

キナバル山は東南アジア最高峰?

Hkakabo Razi 5,881 m Myanmar
Ganlanrazi 5,834 m Myanmar
Dindawrazi 5,464 m Myanmar
Sheankalarazi 5,000 m Myanmar
Puncak Jaya 4,884 m Indonesia
Sumantri 4,870 m Indonesia
Ngga Pulu 4,862 m Indonesia
Puncak Mandala 4,760 m Indonesia
Puncak Trikora 4,750 m Indonesia
Ngga Pilimsit 4,717 m Indonesia
Pangramrazi 4,655 m Myanmar
Phonnyinrazi 4,560 m Myanmar
Mount Kinabalu 4,095 m Malaysia

一応マレーシアの言い分としてはこう。
カカボラジ山をはじめとするミャンマーの山々は実際はエベレストを頂点とするヒマラヤ山脈の一部で、カカボラジもミャンマー、中国(チベット)、インドの3カ国の国境上に位置するため南アジアの山であって東南アジアには含まれない。
プンチャック・ジャヤをはじめとするインドネシアの山々はインドネシアといってもニューギニア島にあるため、地理的にはオセアニアに分類され東南アジアには含まれない。よって、キナバル山が東南アジア最高峰!…う〜ん…微妙なところ?

ヤマレコに出していない写真、追加でこちらにアップしておきます♪

朝日でピンクに染まる!
c0048117_11132616.jpg

フェンスの横はは LOW'S GULLY でスッパリ切れ落ちています。
c0048117_116776.jpg

去りがたい気持ちで降りています。
c0048117_1151265.jpg
c0048117_1151573.jpg
c0048117_11723.jpg

登る時は暗くて目の前の足元だけ見て登っていましたが、降りながら振り返ると、階段だらけの急登だったです。見えなくて良かったわ(^_-)
c0048117_1182678.jpg

by mrkgen | 2016-11-19 20:00 | Comments(0)
右膝で整形外科!
10月初めぐらいから右膝に違和感があり、だましだまし使っていたけど、だんだん怪しくなってきた。下りで踏ん張れないし、走ろうとすると膝の裏側が変。雪のシーズン、山スキーが楽しめなくなっては大変なので、先週の月曜日(10/24)、友人の勧めで北大前の松田整形外科に行ってきました。その日はレントゲンだけでしたが、見た目にはなんともなくMRIでの検査が必要と言われました。運動は普通にしていいと言われたので、金曜日(10/28)は山に行きました。

レントゲンでは正常の足!10/24
c0048117_1819253.jpg

今日、MRIの検査をしました。十字靭帯は問題なし。半月板と骨の間の筋がナンタラカンタラ(^_^.)らしい。10/31
c0048117_18211020.jpg

ヒアルロン酸の注射を右膝外側にブスッ! そして、筋肉を強化する運動を教えてもらい、湿布薬も処方されました。来週、もう一度ヒアルロン酸の注射らしい。
金曜日(10/28)の山と日曜日のクライミングのせいか、少し水が溜まっているらしかった。でも、相変わらず運動は普通にしていいそうです。筋肉を落さないようにするのが膝には重要なんですね。口に出したくなかったけど「加齢ですか?」と聞いたら、優しい先生だわ、「加齢です」とは言わなかったです。使いすぎとかそんな感じのことを言ってました。安静にせずだましだまし使うのがヨサゲです。今まで膝が痛くなるということがなかったので、ちとパニクリましたが、大事じゃなくて良かったです。
by mrkgen | 2016-10-31 18:30 | Comments(4)
羊蹄山(京極コース)
日曜日、超久しぶりに本格的な山登りしてきました。山に行かない間、ジョグしたり歩いたりしてはいたけど、山登りの筋力は別物だとつくづく身に沁みた山でした。登りはそこそこ頑張れても下りの踏ん張りがまるで駄目でした。腿の筋肉痛、久しぶりに下りの階段が辛いです。

ヤマレコの記録⇒「羊蹄山(京極コース)

2012年は3時間半ほどで登っていたし、去年の喜茂別コースもノンビリ3時間40分ぐらいです。今回はしっかり4時間かかりました。藻岩山や手稲山の登山では気が付かない筋力の衰えでした。冬山スキーシーズンが来るまでに、しっかり筋力を戻さないとだぜ(^_^.)

山頂は雲が多かったけど暑くもなく寒くもなく快適。でも、いつもながら賑やかな山頂でした♪
c0048117_1141489.jpg

c0048117_1142435.jpg

by mrkgen | 2016-09-13 11:07 | Comments(0)