トップ
<   2006年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
シジミ(小灰蝶)3種
お天気が以外といいです。午前中お仕事があったので、オコチャマ蚊大先生の恵庭蝶探索には合流できそうにもないけど、行ってみるかぁ~とお昼から恵庭に行ってきました。風が強く、ポイントを一回りしてイマイチっぽいなぁと戻ると、なんと蚊大先生の車が来てるではないですか!!!ラッキー♪蚊さんの歩いているのが見えます。振り返るよう電話しました\(^o^)/ ここは午前中ネット仲間のS氏とたまたま一緒になって、見て回っていたそうです。恵庭はお天気が悪くイマイチで、違うポイントにS氏と移動し、又戻ってきたところだったんですって。なんてラッキー、来てよかったってつくづく思いました。S氏は札幌でお買い物三昧するので別れたそうです。
さすが蚊大先生、一緒に歩くと見つけてくれます、今年初見です!

ウラナミアカシジミ(裏波赤小灰蝶・シジミチョウ科)
発生:年1回。7月中旬から8月中旬
c0048117_179126.jpg

ジョウザンミドリシジミ(定山緑小灰蝶・シジミチョウ科)は下草に停まっているのを私が見つけました。蚊大先生より先に見つけたのは始めてかも(^_^;) でも、その前に「下草で休んでいたりしますからね」というアドヴァイスを貰って、下草を見たらいたんです。もしかして見つけていたけど私に見つけさせるためだったかな?
発生:年1回、6月下旬から7月頃
c0048117_17102056.jpg

ツバメシジミ(燕小灰蝶・シジミチョウ科)、飛んでるときは黒っぽく見えたので♀と思われます。手前の草がジャマしてた(>_<)
発生:北海道では年に2~3回位、5月頃から9月頃までみれます。
c0048117_1711779.jpg
(CANON EFS60mm F2.8 MACRO)
[PR]
by mrkgen | 2006-07-29 17:20 | 蝶/mariposa | Comments(6)
大倉山シャンツェから
ワンblogにも出してる写真、少し角度を変えたショットです。大倉山シャンツェのクリスタルハウス近辺から東北の方角を見ています。奥には樺戸3山がうっすら見えていたんだけど、、。右の稜線は荒井山。左下の小山は「馬の背山(宮の森4条緑地/大なまこ山)」です。日が短くなってきていて、なんだか淋しいですね。明日の金曜日は花火大会です。今夏3度目。
c0048117_23195623.jpg

[PR]
by mrkgen | 2006-07-27 23:25 | 空...景色 | Comments(0)
大雪の花たち、その2(^^ゞ
大雪はお花が群生して咲くので、見ごたえがあります。チングルマ(稚児車)やハクサンイチゲ(白山一華)エゾコザクラ(蝦夷小桜)イワウメ(岩梅)も群生していました。ホソバウルップソウ(細葉得撫草)も群生しているのですが、ほとんど終っていました。
黄色っぽいのはアオノツガザクラ(青栂桜)、ピンクっぽいのはエゾツガザクラ(蝦夷栂桜)です。所々ハクサンイチゲとチングルマ、イワウメが混ざってます(^_^)
c0048117_0291411.jpg
ガスがかかって、光がはっきりしなくて写真がイマイチですが、雰囲気だけでも(~_~;)

白雲岳の山行記作ってます。本家HPのmontanaからどうぞ♪
[PR]
by mrkgen | 2006-07-25 23:59 | 花/flor | Comments(4)
大雪の花たち
大雪山の赤岳までは2時間半ほどで登れるお手頃さと、お花も多いので人が多いです。山での喧騒は、なんだかなぁ~と思いながら登ってきました。白雲岳は時間的に早かったので、喧騒と言う感じではなかったので、ノンビリ出来ました。お天気はガスがかかったりでイマイチでしたが、お花はさすがに時期とあって、見ごたえがありました。すべてコンデジの撮影です。一眼はお天気の崩れに恐れをなして車においていきました。下りは途中から霧雨になったので、よかったです。

エゾタカネスミレ(蝦夷高嶺菫・スミレ科)
c0048117_199820.jpg

コマクサ平のコマクサ(駒草・ケシ科コマクサ属)、満開でした。
c0048117_18404093.jpg

メアカンキンバイ(雌阿寒金梅・バラ科キジムシロ属)
c0048117_1853152.jpg

[PR]
by mrkgen | 2006-07-24 19:01 | 花/flor | Comments(4)
クモマユキノシタ(雲間雪の下・ユキノシタ科)
お天気がイマイチだったのですが、喧騒の大雪に行ってきました。唯一登っていなかった、白雲岳です。銀泉台から赤岳経由のピストンです。相変らず、赤岳は人が多くてチョット引けてしまいました。残雪の縞々模様がガスでよく見えなくて残念。リベンジの山かな。お花は、一面花畑状態で、白雲岳直下が特に素晴らしかったです。このお花は赤岳から小泉岳にかけて、咲いていました。小さくて、繊細な感じがして、好きな花です。逢えてよかった♪
c0048117_2146174.jpg

キバナシオガマ(黄花塩竈・ゴマノハグサ科シオガマギク属)
c0048117_1914155.jpg

[PR]
by mrkgen | 2006-07-23 21:48 | 花/flor | Comments(9)
タテハチョウ科(コヒオドシ・クジャク)
17日のチョウ探索で、ゼフに逢った林道を山の上に向かって歩いていくと、上の方ではコヒオドシがいます。今年発生の綺麗なコヒオドシがアッチでもコッチでも。

コヒオドシ(小緋縅・タテハチョウ科) 撮影地:当別
発生:年一回、6月下旬から7月頃 大雪の山の稜線で、9月に見たこともあります。
c0048117_7334133.jpg

クジャクチョウもはっとするような赤い色が見事です。同じ林道でも高度が変わると、あっという間にチョウ相も変わるのですね。クジャクチョウは下でも飛んでいましたけどね。蚊大先生の控えめな(^_-)説明を聞きながら歩くのは、なかなか勉強になりましたです♪

クジャクチョウ(孔雀蝶・タテハチョウ科)
c0048117_73464.jpg
c0048117_7341876.jpg
林道はクロヒカゲ街道かと思うぐらいクロヒカゲが多かったです。ヤマ(サト?)キマダラヒカゲとヒメウラナミジャノメも、ゼフを探す私の目を惑わします。
(CANON EFS60mm F2.8 MACRO)

キアゲハの幼虫(ケムシ!)3齢です(+_+)
[PR]
by mrkgen | 2006-07-19 07:08 | 蝶/mariposa | Comments(6)
ZEPHYRUS
ミドリシジミの仲間は、ゼフィルスと呼ばれてます。ギリシャ神話の『西風の精』のことです。森の中で逢うと、宝石のような輝きにハッとします。今年も逢うことが出来ました。ウスイロオナガシジミ・ミズイロオナガシジミも見れましたが撮れなかった(>_<)

ジョウザンミドリシジミ(定山緑小灰蝶:シジミチョウ科) BANYANさん同定
c0048117_18294770.jpg
c0048117_18295658.jpg
図鑑をシゲシゲ眺めているけど、同定に自信がないのでゼフィルスのままにしとこうっと(-_-;) 今日はゼフィルスになんとしても逢いたかったので、蚊大先生をしっかりストーカーして、当別まで追いかけました\(^o^)/ 追いかけた甲斐がありました。
(CANON EFS60mm F2.8 MACRO)
[PR]
by mrkgen | 2006-07-17 18:36 | 蝶/mariposa | Comments(10)
再びフタスジ
イマイチの天気予報に、登山隊長から登山のお誘いがないので、午前中お庭の草取りに明け暮れました。ヒャー、ボンヤリしている間に、お庭はジャングル状態です。2時間ほど汗だくで草取りしたけど、一割も片付かない(>_<) 陽射しが強くなって、ムシムシになってきたので、一休み。フタスジが何度もヒラヒラ、人を小バカにするように飛んできますが、停まらないので撮れない。なんだか怪しい雲行きになってきて日が翳りだしたら、フタスジが一休みしてくれました。マクロでなんとか顔写真が撮れました(^_^.)絞りを変えてとカチャカチャしてるうちに、飛び去ってしまった。

フタスジチョウ(二筋蝶:タテハチョウ科) 撮影地:庭
c0048117_1826024.jpg
c0048117_1826813.jpg
暑いのでどこか涼しい所に行こうと思ったら、病院にお見舞いに行かなくちゃいけないのを思い出した(^_^;) 涼しい病院について、お友達とおしゃべりしだしたら、雷を伴った土砂降りになるではありませんか<`ヘ´> 気持のいい降り方なのはいいけど、お庭の道具出しっぱなし、靴も出しっぱなし、慌てふためいて帰ってきました。家についてべチョ濡れの靴を片付けたりしているうちに、あっさり雨が上がりました。涼しいです(^^♪
(CANON EFS60mm F2.8 MACRO)
[PR]
by mrkgen | 2006-07-16 18:34 | 蝶/mariposa | Comments(2)
コヒョウモン
朝起きると、どんよりしてます。三連休初日、ガックリです。ウダウダしていてもしょうがないので、チョット出かけてみることにしました。なんと、この辺から手稲の山にかけて、だんだんガスも濃くなり変な天気です。札幌の街を見ると反対側、南方面は明るいので、場所を変えて蝶の偵察に行って来ました。場所が変わると、こんなにお天気が違うのかと思うぐらい、陽射しがジリジリですごい暑さです。根性ナシは暑さに負けて、早々に退散です。狙っていなかったコヒョウモンが(たぶん、ヒョウモンじゃないと思う)撮れました。

コヒョウモン(小豹紋・タテハチョウ科) 撮影地:恵庭
c0048117_18414031.jpg
c0048117_18414839.jpg

ゼフィルス狙いだったのですが、暑すぎたのかバトルしてるのが見れただけでした。闇雲にシャッター押したら、ボケだけど写ってた(*_*)
c0048117_20623.jpg
(CANON EFS60mm F2.8 MACRO)
[PR]
by mrkgen | 2006-07-15 18:42 | 蝶/mariposa | Comments(4)
図鑑
先週、本屋さんで立ち読みした時に「札幌の昆虫」の本を見つけ、早速眺めています。図鑑は大好きです。手元に置いておくだけで、一安心。見る前に知識が増えたような気分です。
「札幌の昆虫」あらためて、こんなにいろんな虫がいるのに感激です。(1700種を収録だそうです) チョウのページは、全体の2割もないのですが、ゼフの仲間の見分け方なども、とても分かりやすく載っていて、なかなか充実しています。こんなので『北海道の・・』が出ると最高なのに。全道にも、もちろん使えますけど、、。小学生でも使えるように、重要なところは漢字にフリカナがついています(-_-;)
c0048117_610423.jpg

[PR]
by mrkgen | 2006-07-14 05:44 | Comments(4)