トップ
<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
オオバオオヤマレンゲの実
近所のワン友のお庭です。初夏には白い素敵な香りのお花を楽しませてくれます。一日花のように次から次に咲き長い期間みられますが、お花の散り方が潔くないんですね。茶色くなっても木についているのはなんだかなぁ~と思ってしまいます(^_-) モクレン科の特徴かな。コブシも茶色くなってもふっついてるしね、。
お庭の持ち主の方は「オオヤマレンゲ」とおっしゃっていますが、たぶん「オオバオオヤマレンゲ」でしょうね。お花の葯の色が赤紫色でしたから。オオヤマレンゲは葯の色が淡い黄緑色で、栽培は難しいそうです。

実は赤くて遠くから見ると素敵ですが、そばで見るとグロテスクとも言えるかな。小鳥さんの餌になるのかしら。

オオバオオヤマレンゲ(大葉大山蓮華/モクレン科)
c0048117_7234521.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-09-29 07:24 | 実/fruta...種 | Comments(0)
ヤマブドウ
今年は生り物が不作で、ヒグマが里に出てくる可能性が高いそうです。そう言われれば、山葡萄もなんとなくパラリンとしているかもね。

ヤマブドウ(山葡萄/ブドウ科) 
c0048117_7293953.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-09-28 07:28 | 実/fruta...種 | Comments(0)
シータテハ
蝶の名前に、ローマ字の名前が付けられているものに、もうひとつ「エル(L)タテハ」がいます。どちらの蝶も成虫で越冬して、春先のポカポカした日に雪の上を飛んでいたりします。エルタテハの発生は年一回ですが、シータテハはシーズンに2回発生します。夏の終わりに発生したのは、こんな風に切れ込みが深くて、なかなか格好いいと思います。(^◇^)

シータテハ(Cたては/タテハチョウ科) (裏の紋がアルファベットの“C”)
c0048117_2344082.jpg
c0048117_235084.jpg
c0048117_2352093.jpg

撮影地:荒井山
[PR]
by mrkgen | 2009-09-27 23:02 | 蝶/mariposa | Comments(0)
里山歩き
素晴らしいお天気に誘われて、ジェイと裏山散歩にお出かけです。水500ccとウインドブレーカーを入れた散歩リュックを背負って自宅発(09:40)

  【自宅】←円山西町神社←幌見峠←盤渓小学校←盤渓墓地
   ↓    《のんびり4時間コースかな》     ↑
  荒井山→→大倉山ジャンプ競技場→大倉山→→→奥三角山
 

犬禁の三角山は登らないことにして、荒井山へ。途中から見る右に円山、奥に夕張芦別山系。(09:50) 
c0048117_2255096.jpg

荒井山頂上は木々が多く見晴らしも悪いのでトラバースルートで大倉山ジャンプ競技場へ。観光客がいっぱい来ていましたね。遊歩道をのんびり歩いてジャンプ台の上の展望台へ。知り合いがお客様を案内していました。下で犬連れの私を見ていたらしく、上で会ったのにびっくりしていました。リフトに乗ってきたのと時間が変わらないだって。そんなことないです。のんびり登ってましたから。

大倉山ジャンプ台から見る、札幌市街の奥に夕張芦別山系(10:30) 
c0048117_226158.jpg

気温が高いです。大倉山(301m)からは半そでになって奥三角山へ。暑かったので直登コースはやめて、素直に巻いて登りました。

奥三角山(356m)から見る円山の奥に、夕張芦別山系(10:55) 
c0048117_2284876.jpg

今日は、妙に芦別夕張山系が写したかったけど、素直に街の景色でも(^O^)
本当に素晴らしいお天気。こんな日に沢登りができたら最高だったのに(+_+)
c0048117_22154053.jpg

奥三角山では二人の方と会いました。ここで人に会うのは珍しい。眺めを楽しんでから、去年初めて歩いて気に入った道、盤渓墓地へと進みます。お水がジェイにも飲ませながらだと、足りない感じです。盤渓墓地前の家庭菜園っぽい所で畑仕事をしていた人に、水場があるか聞いたけどないそうです。盤渓小学校まで頑張るか。学校の敷地は入っちゃいけないようですが、学童もいないしと水場へ。ペットボトルを満杯にして、ジェイに水を飲ませて、お天気もいいので先へ進みます。

小林峠方面に向かいます。車が頻繁に通る盤渓スキー場の横を歩いている分には木陰もありいいのですが、幌見峠への入り口を過ぎると、日影がなく車の音もうるさく、本当は藻岩山方面までと思っていたのですが、一気にテンションが下がってしまいました。お昼ご飯持ってないし、途中にコンビニないし(+_+) 戻って幌見峠経由にすることに。

峠の入り口に無人の野菜販売所がありました。トマトと味わい南蛮(どちらも100円)を一袋ずつ買い、トマトを食べながら(^_-)峠へ向かいます。昔、盤渓峠の道ができる前は、こちらが使われていたんですね。盤渓峠の立派な道ができてからは、こちら側は風致地区になり道の拡張もないので、歩道がない。
犬連れで歩くのは、走行車に神経使いますね。幌見峠のラベンダー園に到着。せっかくなので、のんびり中を散策。

ラベンダーが終わっちゃうと、あとは札幌の景色だけかな。
円山(225.9m)が眼下に見えます。幌見峠の標高は281m。円山より高い!(12:40) 
c0048117_2291029.jpg

手稲山(1023m)がススキの向こうに格好いいです。
c0048117_2293141.jpg

峠を越してからのほうが、カーブも多く道も狭く、車で通るときも嫌だけど、歩くのも気をつけないとです。車の人に申し訳ない感じだわ。でも、鬱蒼とした木々の合間からチラチラと見える街がいいです。住宅街が近づき、円山西町神社でちょっとお参りして、テクテクと。
c0048117_7475341.jpg

やっぱりオニギリ作ってリュックに入れとくんだったなぁ~と思いながらウルサイ音に空を見上げるとヘリコプターが編隊飛行(?)してました。(13:40)
c0048117_22124035.jpg

それでも自宅には2時前に着きましたわ。今度はしっかりオニギリ持って、藻岩山をぐるっと一回りしよう。円山西町側からピストンでは登っているけど、小林峠側から一回りはしてないからね。ジェイも元気に楽しそうに歩いてくれて、私も楽しかったです♪
[PR]
by mrkgen | 2009-09-27 20:04 | 里山/montana | Comments(2)
エゾリス
今朝の日の出:05:25 日の入:17:27 
明日の日の出:05:26 日の入:17:26


秋分の日が終ったけど、昼と夜の長さが同じになるのは、明日なんですね。朝のお散歩、今は一時間ほどせっせと歩いているけど、だんだん日の出が遅くなると、起きるのも遅くなるので散歩の時間が短くなります。エゾリスに会う機会も少なくなりますね。今朝も「ワッワッワ」だか「ジャジャジャ」だか警戒する声が聞こえるので、声の方を見つめると、こっちをしっかり見ているエゾリスがいました。今年生まれの仔リスのようです。静かにしていれば見つからないのに、変な声を立てるから見つめられるんだよ。
c0048117_21344120.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-09-25 21:37 | リスとか鳥とか.. | Comments(6)
盤渓山、夏道登山
連休最終日、素晴らしいお天気です。ジェイの散歩にばんけい市民の森を歩こうと、ワン友に誘われたのですが、冬道で登る盤渓山のルートが夏道状態になっていると聞いていたので、偵察しがてら登ってきました。

c0048117_20502773.jpg盤渓山(バンケイヤマ/604m)
登り:45分
下り:30分


道はしっかりとついていますが、しばらく人が歩いていないのか、クモの巣が顔にかかります。枝を振り回しながら登ってきました(+_+)

c0048117_2035201.jpg

冬道と同じルートにしっかりとした道ができていますと言うか、昔、妙福寺にお参りに来ていた人が、盤渓山に登っていた道なんだろうなと思いました。道沿いにコンクリートで出来た、石柱がいくつか見られました。石柱には寄付した人と思われる名前が彫られていました。
c0048117_20365465.jpg
c0048117_2036093.jpg

c0048117_20401937.jpg頂上には、何かの「碑」の土台と思われるものもありました。雪があるときにしか来たことがなかったので、ちょっとビックリです。なにか文字でも彫られていないかと、一回りしましたがありませんでした。妙福寺で作ったものなのかな。  


頂上からの眺めは、相変らず素晴らしい。ススキの向こうに藻岩山方面。
c0048117_20562298.jpg

南の方角、支笏湖方面の山々。
c0048117_20574194.jpg

手稲山方面。
c0048117_2120125.jpg

東には札幌の街が広がっています。パノラマ、クリックで大
c0048117_22462248.jpg

午後から用事があったので、急ぎ足で登ってきましたが、静かでいい山ですね。藻岩山も円山も、登山道は人が横に3人並んで歩けるぐらいに広がって、悲しくなってしまいますが、こちらは少し笹が被ったりして、人一人が歩ける幅です。途中の景色は木々が邪魔で見えないのですが、人に会うことなくワンコ連れで歩くには最高の山でしたわ♪
[PR]
by mrkgen | 2009-09-23 21:08 | 里山/montana | Comments(4)
赤岩、西壁正面と奥フェイス
一シーズンに1回になりつつある赤岩。今回はM邸仲間のP組級長と行ってきました。級長、室内壁ではP組と言ってますが、外岩はベテランで、赤岩は通いつめています。もう一人同行の予定だったのですが、日にちを間違えたとかで急遽二人だけになりました。リードする級長とビレイ(確保)する私です。なかなか緊張しましたが、とても身につく勉強が出来ました。

西壁正面:3ピッチ。級長リードで私がセコンドです。
1P=14m Ⅲ+
2P=19m Ⅲ+
3P=21m Ⅳ-
  
西壁、この出だしの取っ付きを見て、以前フェル岩師匠につれてきてもらったことを思い出しました。その時は、なんとか取り付けたのですが、今回はどうしても離陸できず(+_+)シュリンゲを鐙のように使って、やっとこさ取りつきました。前回は踏み切る足元にもっと岩を積んだのかな。
c0048117_1953535.jpg

なんとか離陸して登ってますよ。Photo by 級長 
c0048117_19533038.jpg

級長のOKコールです。この日は風が強く、西壁にもろに吹き付けます。コールがなかなか聞こえづらいので、慎重に目でも確認です。
c0048117_19535694.jpg

必死こいて登ってます。風が強いと集中力が散漫になりそうです。寒くて体の動きも悪いのですが、なんとか登りきりました。 Photo by 級長 
c0048117_1954829.jpg

上から見る景色は最高です。風が強い分、遠くの増毛の山々がくっきりと見えています。ススキが秋らしいですね。白波が立ってウサギが飛んでる状態の海がなかなか美しい♪
c0048117_19543478.jpg

西壁、懸垂下降です。風が強くロープが流され下に落ちていかない(=_=) 級長が、ロープを直しながら懸垂下降。
c0048117_751175.jpg
3P目は若干オーバーハングしていますが、無事に懸垂下降できました。あまりにも寒いので、風当りの少ない場所に移動します。級長の提案で奥フェイスに移動です。

途中で、赤岩の主とも言われているN崎氏に会いました。きちんとお話したのは、この時が初めてでしたが、とても教育熱心な方ですね。奥フェイス前は風当りが少なく、ポカポカとしているので、昼食タイムでノンビリです。しばらくするとN崎氏もやって来てトップロープを設置してくれました。
c0048117_19544354.jpg

奥フェイス=6m Ⅴ-
級長、N崎氏のアドヴァイスを受けながら登ります。核心部は何度か登り返して勉強。
c0048117_19545919.jpg

N崎氏の級長へのアドヴァイスを思い起こしながら登ります。そこへ壁仲間が風を避けてやって来た(@_@) ついでだから私の登りを見学だって! よっしゃ、Pらしく頑張るか。核心部ではやっぱりセミになりましたわ。でも、N崎氏のアドヴァイス、とても分かりやすく2度目はずいぶん改良されたと思いました。
あと2・3回登ればクリアできそうな予感がしましたが、寒くなったので切り上げました。風の強さが、集中力を奪うのもわかったし、二人だけの岩登りも経験できたし、とても勉強になった赤岩の一日でした。級長!これに懲りずに又声かけてね♪
[PR]
by mrkgen | 2009-09-20 23:51 | 岩壁/montana | Comments(2)
小樽赤岩・西壁
M邸・M-wallのP組(ヘッタピーのP)の級長と小樽赤岩に行ってきました。風が強く寒かったーっ!詳細は後日・・・・
c0048117_19591337.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-09-20 20:00 | 岩壁/montana | Comments(4)
キタコブシの実
朝のお散歩で、落ちていました。この頃はいろんな実が落ちていますね。
栗・銀杏・オニグルミ・テウチグルミetc・・・ エゾリス達も食べるのが楽しいのか、あちこち駆け回っているのを目にすることが多いです。
c0048117_13294878.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-09-19 13:26 | 実/fruta...種 | Comments(0)
ぶどう♪
瀬戸の太陽をいっぱい浴びたブドウ(伊豆錦etc)が届きました。こちら北海道では大粒のブドウといったら、巨峰ばっかりですが、いろんな種類があるんですね。初めて食べましたが、どれもとても甘くて美味しいです。普通の流通に乗せられた物は、完熟する前に摘み取られ発送されるのでしょうが、これは完全に熟したものです。非常に甘みが強いです。今日はM邸のM-wall壁練の日だったので「伊豆錦」持って行きましたが、皆様に大好評でした♪ ご馳走様!
c0048117_21424420.jpg

[PR]
by mrkgen | 2009-09-17 21:45 | 実/fruta...種 | Comments(0)