トップ
<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
大倉山へ
今週末は下界でノンビリです。左足首、もともと古傷持ちですが、先週の大沢でひねったらしく木曜のクライミングの後に腫れが出ました。痛みはほとんどないのですが、なんとなく怪しい。

でも、ジェイの朝飯前散歩で、あまりにも青空が綺麗なので大倉山まで登ってみました。以外と遠景がきかないですね。

三角山の左手に石狩湾新港付近。
c0048117_12455179.jpg

札幌ドームです。ズームしてます。直線距離で、10.8kmぐらいかな。
c0048117_1246868.jpg

丘珠にあるツドーム。直線距離で、10.1kmぐらい。ほぼ同じ距離。
c0048117_1246514.jpg

帰りは三角山へ向かい、途中から山麓をトラバースする道へ。普通のウォーキングサンダルにGパンと、街の格好で無事に歩いてきました。足の腫れも出なかったけど、長丁場の山はどうかな。ちと不安です。

青空に、ニセアカシアが満開♪ 後ろの高い木はポプラです。
c0048117_136912.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-06-26 23:39 | 里山/montana | Comments(6)
フタリシズカ
ヒトリシズカが咲き終わった頃に、目にするようになるお花。二本の花序の場合が多く、それを能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたそうです。でも、これはどれも二本じゃないな(^_-)

フタリシズカ(二人静/センリョウ科) 
c0048117_945192.jpg


この頃、このブログに山のお花が少ないかもね。ジェイの散歩で撮るお花ばかりじゃ。沢登りや岩登りしていると、お花は見つけていても、写真を撮る気分になれない。たぶん、精神的に緊張度が高く、お花を撮る優しい穏やかな気持ちになれないんです。赤岩ではスミレやカタクリ・ヨツバシオガマなんかが咲いていたし、先日の風不死岳の大沢では、ウコンウツギ・ムラサキヤシオ・シラネアオイ・ハクサンチドリとお花もイッパイ目にしています。沢用の防水カメラのマクロモードがイマイチだし、初めて見るお花じゃないしなんていうのも、お花を撮らないイイワケになっているかな。気分的に余裕を持って、優しい穏やかな気持ちで山遊びしなくちゃと思う今日この頃です。
出来るかなぁ~、、いつもへロヘロ(^_^;) 
[PR]
by mrkgen | 2011-06-24 23:40 | 花/flor | Comments(6)
モイワランとサイハイラン
モイワランは札幌の藻岩山で発見され、1999年に新種として登録されたお花だそうです。藻岩山の固有種ということではなく、日本のあちこちの山でも自生しているんですね。

お花がそろそろ見頃らしいとの情報をもらい、見に行ってきました。朝飯前散歩で日がまだ低く、ちと手ブレ気味。

モイワラン(藻岩蘭/ラン科サイハイラン属) 
c0048117_22323693.jpg

ベニバナサイハイランと言われることもあるらしいけど、サイハイランとは形態に違いがあります。
c0048117_224019.jpg

花は下向きで、サイハイランのように指揮をする采配にはならないですね(^_-) 色も濃いです。
c0048117_2239524.jpg
 
c0048117_2311483.jpg


近所の林で毎年咲いてくれるサイハイランです。同じ日に撮りましたが、満開です。林の中の薄暗い所で咲くので、写真に撮リづらいです。色はモイワランより薄く、お花は真横に向いて、采配してますわ。笹みたいな葉が根元から出ています。モイワランは葉を持たず菌寄生に生活を依存すると図鑑に書かれています。

サイハイラン(采配蘭/ラン科サイハイラン属)
c0048117_22464673.jpg


モイワがついたお花に、モイワシャジン(藻岩沙参/キキョウ科)があります。空色で鐘状の大好きなお花です。三角山の登山道にあったのですが、ここ何年も見てないです。見おとしているだけならいいんだけどね。
[PR]
by mrkgen | 2011-06-22 23:18 | 花/flor | Comments(2)
エゾリス
朝のお散歩、ニセアカシアの花が素敵な香をはなっているなと何気なく木を見ると、なにかしら物音が。仔リスちゃんです!
c0048117_2210402.jpg

以外と物音を立てるんですね。目が合ってしまった。
c0048117_22112621.jpg

犬のように尻尾をブインブインと振り回しました。なんの意味があるのかしら。威嚇かな。仔リスちゃん、結構こちらを観察してました。面白いね。
写真をクリックすると尻尾がブインと動きます。
c0048117_22121616.gif

ニセアカシアの花、今年は少し遅かったような気がします。歩道が花弁で白くなるのも間もなくですね。
[PR]
by mrkgen | 2011-06-21 22:07 | リスとか鳥とか.. | Comments(4)
風不死岳大沢~楓沢
風不死岳の大沢から頂上へ。下りは去年の秋にも歩いた楓沢を楽しんできました。新緑と苔の緑が目に染みましたわ。詳細は後日です(^^ゞ

ヤマレコにアップしました⇒「風不死岳・大沢を登り楓沢を下る
感想は、iwaサブリーダーのブログからコピペで、とっても可笑しい割腹絶倒バージョンです。

c0048117_20374740.jpg
c0048117_20375770.jpg

楓沢の懸垂下降。高い懸垂下降は3か所あり、楽しめます♪

[PR]
by mrkgen | 2011-06-18 20:38 | 沢登/montana | Comments(8)
桐の花
散歩コースにある桐の木に、お花が咲いていました。この桐の木、4・5年前に右手のマンションが建つ時に切られてしまうんじゃないかって心配しましたが、残してくれました。
c0048117_115038100.jpg

道南は桐の木が多いです。花の時期に通ると、あちこちで藤色の花が目立ちよく目にしますが、札幌の辺りは目にすることが少ないですね。そういえば先週、小樽の赤岩に行く途中で咲いているのを見つけました。
c0048117_11525936.jpg

花の香りもいいし、好きな花です。秋に成った実が、落ちずについています。 
c0048117_11514381.jpg

今時期、ベニバナトチノキニセアカシアユリノキギョリュウも綺麗に咲いていますね。上を向いて歩かなくちゃ(^O^)
[PR]
by mrkgen | 2011-06-14 23:46 | 樹木の花/flor | Comments(2)
小樽赤岩
ロッククライミング、楽しんできました。
ヤマレコに書きましたん!→→「小樽赤岩

今日は、初めて岩登りする人がいて、とても新鮮で楽しかったです。怖がったり不安がったり、初めはみんなそうなんです。自分が初めて岩登りした時のことを思い出しました。その頃からすれば、少しはロープ操作も覚えてきたし、余裕も出てきました。ヘタッピには変わりはないけどね。
c0048117_20462540.jpg

今日はズーッとガスの中で、海岸線が見えたのは遅くなってからでした。寒かったし。おかげで虫もいなくて良かった。
c0048117_20491150.jpg

最後にファイアーマンに触ってきました。登れなくて(^_^;)触ることで終ったのでした。歯がたたないって感じ。楽しいからいいんだも~ん(負け惜しみ) こんなスベスベの岩を登るなんて、信じられん(?_?)
c0048117_1443725.jpg

今日登ったルート:
トリコニーを3コース(少し左右に移動しただけで、ずいぶん難しかったり簡単だったり楽しかったです)
四段テラス
奥リスのノーマルルート
ファイアーマン(触っただけ)

[PR]
by mrkgen | 2011-06-12 20:56 | 岩壁/montana | Comments(4)
クサノオウ
今時は、道端でもどこにでも咲いているお花ですね。あまり気にも留めていなかったのですが、先日ワンコ仲間とお散歩している時に、草木に造詣の深い彼女は、このクサノオウ手折ってくれました。

クサノオウ(瘡王/ケシ科クサノオウ属)
c0048117_10395520.jpg

どこにでも咲いているので、許してね。そして彼女が折れ口を見せてくれたんです。樹液じゃなく草液(?)が、ビックリのマッキッキの黄色なんです。知らなかったです。
c0048117_10424084.jpg

クサノオウの名前の由来は、皮膚病の「くさ(湿疹)」を治す薬効があるために、「くさ(瘡)の王(おう)」と呼ばれるようになったそうです。でも、非常に毒性の強い植物でもあるんですね。このマッキッキの色には、そんな警告もあるのかなって思いました。
[PR]
by mrkgen | 2011-06-11 07:37 | 花/flor | Comments(2)
第539札響定期
キタラに通いづめのこの頃。金曜の夜も、頂いたチケットでお友達を誘って出かけてきました。

■ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番 ハ短調 op.35 
Piano Concerto No.1 in C minor op.35

■レスピーギ:交響詩「ローマの祭り」
Feste Romane
■レスピーギ:交響詩「ローマの噴水」
Fontane de Roma
■レスピーギ:交響詩「ローマの松」
Pini di Roma


どちらの作曲家も苦手なので、頂かなかったら行かないコンサートだわ。でもショスタコーヴィチのピアノ協奏曲、ジャズっぽくて楽しかったです。ピアニストの小曽根さんの経歴がとてもユニークでジャズ出身なんですね。なので、この曲に抜擢されたんでしょう。アンコールの曲が、もろジャズ!オスカーピーターソンが弾くこの曲を聞いて、ピアノの世界に入ったそうです。オスカーピーターソンは私も大好き。キタラで聞くジャズ、素敵でした。
c0048117_10281566.jpg
指揮:秋山和慶
ピアノ:小曽根真
トランペット:福田善亮
管弦楽:札幌交響楽団



レスピーギの交響詩3部作、キタラのパイプオルガンや録音された鳥の声が入ったりと、楽しめましたが、やはり苦手かな。ロビーコンサートはモーツァルトの「ディヴェルティメントK536より」で美しい。ロビーコンサートとアンコールの曲が一番楽しかったかも(^_^;)
[PR]
by mrkgen | 2011-06-10 23:59 | あちこち | Comments(0)
社台滝
長い川原歩きと、巨岩帯を乗り越えて見て来ました。ヒョエ~の滝でした!
詳細は後日(^_^;)
ヤマレコにアップしました→「社台滝(悪魔の滝?)

落差100m幅100mと言われているらしい。


c0048117_21204662.jpg

[PR]
by mrkgen | 2011-06-05 21:21 | 沢登/montana | Comments(8)