人気ブログランキング |
トップ
<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Twilight time
素晴らしいお天気の週末、下界で過ごしてます。古傷持ちの左足首が痛い。長い山歩きでも以前は出なかった痛みが、やはり歳なんだわ。長く山を楽しむ為には、だましだましで使わなくちゃです。

ずいぶん陽が短くなりましたね。ジェイの散歩で、すっかり日が暮れそう。
8月27日の、
日の出【04:52】
日の入【18:19】

c0048117_8265776.jpg

by mrkgen | 2011-08-27 23:21 | 空...景色 | Comments(4)
アバレ川と三峰山沢
週末、金曜から2泊3日で沢を2本と観光で楽しんできました。
詳細は後日です!

ヤマレコに仲間の感想や写真も入れてアップしました。
見てみて⇒⇒「美瑛川支流アバレ川遡行
見て⇒⇒⇒⇒「富良野岳(1912m)・三峰山沢

19日、美瑛岳から流れるアバレ川。ヘツリが楽しい♪



c0048117_65017100.jpg

勝瑛の滝を高巻けば、そろそろ終盤。
c0048117_6511031.jpg


20日、富良野岳に突き上げる三峰山沢。
c0048117_6524827.jpg

華雲の滝を越してから、草付きの急斜面でビビリました(+_+)
c0048117_654499.jpg


21日、観光客してきました♪
c0048117_655319.jpg
c0048117_6554266.jpg

by mrkgen | 2011-08-21 23:44 | 沢登/montana | Comments(8)
オニヤンマ
お盆でお休み。午後から出かける用事があり、午前中は片付けなんぞをしていました。ふと外を見ると、網戸の外側でなにやら飛んでいるものが、、。
見るとオニヤンマが網戸に向かってホバリングしていますわ。

オニヤンマ(鬼蜻蜓/トンボ目オニヤンマ科) 
c0048117_16573014.jpg

網戸を開けたら飛び込んできそうな勢いです。ナンデだろう。不思議でしたが、とりあえずパシャリ。
c0048117_16582958.jpg

Wikipediaで調べたら、回転する物に反応と書いてありました。まさしく網戸の内側には、扇風機が室内に向けて回転中でした!
網戸に止まったところをアップで!う~~~ん、なかなかのオヤジ顔ですな。
c0048117_1722492.jpg

写真を撮るのに扇風機が邪魔だったので移動したら、ホバリングも終ってどこかに飛んでいってしまいました。扇風機の回転が好きだったのに、ごめんよ。知っていたら、ずーーーっと見えるところで回してあげたのにね。
c0048117_175373.jpg

by mrkgen | 2011-08-15 23:48 | リスとか鳥とか.. | Comments(6)
無意根・白水沢
素晴らしいお天気の下、無意根の名渓と言われている白水沢を遡ってきました。赤い岩盤が明るい雰囲気の、とっても楽しい沢でした。
詳細は後日(^_^;)

同行したkennさんが、ヤマレコに写真と記録を作ってくれましたわ♪
⇒⇒⇒「豊平川水系 白水川遡行・935m林道まで
感想を書いていないので、後で書こうかなと思っています。
c0048117_7245311.jpg


風が乾燥していて、沢にいるせいか暑さは感じなかったのですが、滝という滝は直登せねばというメンバーが多く、見てても楽しかったですわ(*^^)v






白水沢の核心のゴルジュ。精鋭たちが泳いで取り付いてます。アハハ、泳ぎに自信のある私、溺れそうになりました。リュックのウエストベルトを外すのを忘れ泳ぎだすと、軽いリュックが頭を押して顔が上げれない。ウブブ、慌てて戻りウエストベルトを外して泳ぐも、水流ってこんなに力があるの(@_@;) お助けロープで引っ張ってもらいやっとでした。ヘロヘロ、、。


by mrkgen | 2011-08-13 23:31 | 沢登/montana | Comments(2)
北海道山岳レスキュー研究会第32回例会(8月10日)
冬の2/9に雪崩のことを知るために参加した研究会に、今回はヒグマのことを勉強する為に行ってきました。途中休憩をはさみながら2時間を超すお話は、今まで漠然と思っていたことを再認識するとともに、新世代ベアーと言われる今までとは違う行動パターンのヒグマのことも知り、とても勉強になりました。

ヒグマも犬や人間と似ているなと思ったのは、パニックになるんですね。そのパニックを起こさせないよう、人間側が落ち着いて行動することが大切なんです。そしてイイ奴もいれば極稀に悪い奴もいるということ。2時間余りの話は、とても勉強になりました。でも、省エネなんでしょうか、暑くてまいりました。面白い話も、ちと注意散漫になりがち(^_^;)

講演演題「ヒグマによる事故を防ぐために」
講演者:公益財団法人 知床財団 総括研究員・事務局長 山中正実氏

c0048117_1004888.jpg

まず第一にすることは、熊に逢わないために人間がいると言うことをアピールすること。熊鈴とか沢では大声やホイッスルなど。ほとんどの熊は人間を避けています。ここで新世代ベアーの話が出てきました。人間を怖がらない熊が増えているらしい。でも、熊はもともと草食が主で、たまに鹿や打ち上げられたクジラなど動物性のものも食べますが、人間を食べるためには襲わないということです。

熊が襲う時は、パニックになった時。人間が知らないうちに側に来ていたとか、美味しい鹿などの食べ物の近くに人間が寄って来た時。その時に、熊の威嚇に人間もパニックにならずに冷静に後ずさりするするなどして離れる事が重要だそうです。リュックを捨てて時間稼ぎするというのはダメだそうです。リュックの美味しい物に味をしめて、その時はそれで終わっても、リュックのことを学習して次回襲う可能性が非常に高くなるそうです。

熊スプレーの話もでました。プラフチャージ(威嚇突進)か、本当に突進して襲うのかの判断は難しいけど、4・5m手前で止まる威嚇にスプレーは効かないそうです。スプレーは、威嚇ではなく襲われる直前の時にスプレーして、やっと役に立つそうです。ヒェ~、怖いぜ。判断が難しいし、冷静に対処出来るんだろうか。熊スプレー、持ってないし(=_=) で、威嚇された時、けっして走って逃げてはいけない。これは犬も一緒ですね。静かに後ずさりして、その場から離れる。

新世代ベアー。人間を怖がらない。でも、襲う訳でもない。もしかしたら共存できるのかも。人間が賢く対応するのがポイントかな。難しい判断ですね。

知床の熊の話。フードロッカーの重要性。フードコンテナの携行。貴重な話を聞けて、利口に熊と付き合えればイイナと思いました。
by mrkgen | 2011-08-10 23:17 | 山の勉強 | Comments(2)
ビール日和♪
昨夕、今年の夏も行ってきました「大通ビアガーデン」

このところの暑さのせいか金曜日のせいか、メチャ混み。今回も暇人(?)2名が5時過ぎから場所取りしてくれて、2名が出来上がる前にボチボチと勤め人3名が合流。6時過ぎには全員集合です。今年は5丁目のサントリーです。2800ml入りの樽を頼んでみましたが、5人のジョッキに並々と注いだら、一回で空っぽになりましたわ。エーーー、2.8Lってそんな量なんですね。
c0048117_11394953.jpg

金額的には樽で頼んでもジョッキで頼んでも変わらないかな。風がちっとも涼しくなくて、まあ寒いよりはいいんですけどね。喋りまくり、飲みまくるほど飲まずにデザートコースに移動しました。
早起き散歩のせいか途中で眠気が(+_+) 10時ぐらいまでは、ぱっちりお目目で話ができないと困る私でした(-_-;)  
by mrkgen | 2011-08-06 07:34 | あちこち | Comments(2)
ゼフ・ゼフ♪
何ミドリかな。オスの卍飛行の下草の辺りにはメスがいます。
c0048117_1244281.jpg
c0048117_1243429.jpg

ゼフのオスの卍飛行も梢の先の方でキラキラと。一休みのオス、すっかり翅がくたびれているわ。
c0048117_133756.jpg

朝の気温が高いと、早朝でもイッパイ蝶を見る事ができますね。このポイントが何時までも蝶の楽園であって欲しいです。
by mrkgen | 2011-08-05 12:57 | 蝶/mariposa | Comments(2)
ゼフのスリーショット♪
ジェイの散歩コース、先日のゼフポイントを覗くと、相変わらずゼフ三昧。

ゼフ=ゼフィルス=Zephyrus:西風の意味。ミドリシジミを中心とした樹上性のシジミチョウの愛称。

今時期でもオスの卍飛行は健在なんですね。このポイント、ちとジェイには鬼門だ。あっという間に10分ぐらいジェイを待たせちゃってますわ。すまんのう(+_+)

ウラキンシジミとアカシジミ、奥にオナガシジミがいるんだわ。
c0048117_12365086.jpg

アカシジミが3匹。
c0048117_1238342.jpg

ここアカシジミとオナガシジミが多いです。でも、ミズイロオナガとウスイロオナガは見れなかった。
c0048117_1239195.jpg

オナガシジミがずいぶんたくさん葉の上で休んでいました。発生のピークかな。
c0048117_12391468.jpg

カラスシジミとオナガシジミ
c0048117_12394078.jpg

by mrkgen | 2011-08-04 12:51 | 蝶/mariposa | Comments(0)