人気ブログランキング |
トップ
タグ:タテハチョウ科 ( 71 ) タグの人気記事
8月中旬の蝶
エルタテハ(8/09撮影)
8月中旬の蝶_c0048117_16024697.jpg
クジャクチョウ(孔雀蝶・8/16撮影)
8月中旬の蝶_c0048117_16025562.jpg
サカハチチョウ(逆八蝶・8/18撮影
8月中旬の蝶_c0048117_16032922.jpg

by mrkgen | 2020-08-20 23:59 | 蝶/mariposa | Comments(0)
久しぶりのコミスジとか
毎年この時期、この場所でだいたい目撃しているのですが、今回はしっかり撮ってみました。スマホでイマイチだけど新鮮な綺麗な個体です。一緒に歩いていたお友達がグーグルレンズを使って、コミスジかリュウキュウミスジですと教えてくれましたわ(^_-) グーグルレンズ、お花の名前もそこそこ当たるし、記憶力を頼りにしなくなったら、ますますアレが加速しますね!

コミスジ(タテハチョウ科)5/23撮影
久しぶりのコミスジとか_c0048117_15091095.jpg
アゲハ(アゲハチョウ科)5/24撮影
札幌ではキアゲハの方が多いです。このアゲハはお庭のツツジに飛んできたのですが、パッと見た時はなんだか分からなかったです。あまりにも小さくてモンキチョウ?でも、飛び方が違うので見に行ったらアゲハじゃないですか。上のコミスジぐらいの大きさしかなかったです。今時期、三角山の山頂付近でバトル飛行しているキアゲハよりも小さい。珍しくない蝶だけど、そんなこんなで出しておこう(^_^)
久しぶりのコミスジとか_c0048117_15091437.jpg
円山山頂近くから見る、クルリンとした枝!葉っぱが茂ったら見れなくなるかな。登った日は必ずチェックだな。5/19撮影
久しぶりのコミスジとか_c0048117_15240834.jpg
めちゃ寒かった朝の(5/21)動物園正門の温度計です。不思議だけど、この30分後の円山山頂の温度計は6~7℃でした。
久しぶりのコミスジとか_c0048117_15223645.jpg


by mrkgen | 2020-05-25 08:00 | 蝶/mariposa | Comments(0)
Long Slow Distance 里山編
L.S.D.はマラソンをする人のトレーニング方法で、長い距離をゆっくり走る走り方。でも、山歩きでも勝手にLSDにして、タラリンコと長い距離を歩くのも楽しいですよね。そんなこんなで、登山自粛中で裏山歩きばかりで飽きるので、タラリンコと距離を伸ばしてみました。
7日、涼しくて(寒い?)お天気が良いので、また裏山へ。大倉山シャンツェへ行ったら、山スキー仲間にバッタリ遭遇。三月以来だったかも。やはり登山自粛で里山散歩に切り替えているようです。奥三角山まで一緒に歩いてきました。お天気もスンバラスイので、仲間と別れて五天山に行くべく、久しぶりに小別沢に降りてみました。登山道はニリンソウ・エゾエンゴサク・スミレ等が花盛りで楽しかったです。車道に出ると、まだ白い手稲山と左に五天山。ジェイと歩いた道、お供なしで歩くのは、なんかつまらないな。
Long Slow Distance 里山編_c0048117_13282150.jpg
五天山は雪のある時に何度か登っていますが、夏道は今回を入れて2回目かな。公園に着くと桜は見ごろですが、駐車場は閉鎖されているので、いつも賑わっているBBQコーナーも公園も閑散としていました。公園から五天山を見ると、ピラミッド登るぞうの気分にさせてくれますね。遊歩道の最終地点の展望台から、しっかりした山道をサクッと登って景色堪能。
Long Slow Distance 里山編_c0048117_13282538.jpg
Long Slow Distance 里山編_c0048117_13283022.jpg
Long Slow Distance 里山編_c0048117_13283307.jpg
五天山の山頂は、この祠がある方なんですが景色はイマイチですね。今回は初めて奥の西陵高校へ降りてみました。正式な山道ではないと噂に聞いていたのですが、しっかりした道でした。でも、私有地な感じ。こちら側から登る場合は車の駐車が核心ですね。発寒川河川敷遊歩道を満開の桜を見ながらテクテク歩いて、煩い車の音を聴きながら三角山への道を進むと、朝のラジオ体操仲間にバッタリ遭遇。お互い里山散歩の帰り道で、チト盛り上がりました。三角山は登らずトラバースで済まそうと思っていたけど、なんか登る元気がでて、ヘロヘロと登ってきました。久しぶりのタラリンコだけど長い距離、疲れましたわ。ログ、乱れまくっているので整理出来たら載せるかも。里山なのでヤマレコはナシ。歩いた距離は15㎞ほどで、ほぼ5時間。
トレーニングに良い距離かも。ジェイが元気な時に、一緒に家から藻岩山のT6分岐経由で砥石山を登り、福井堰堤に周回した時は24㎞ほどだったけど、あれはチト長すぎ、もう歩きたくないです。今回のルート、また歩いてもイイかなって思いましたわ。三角山の山頂は、やっぱり人がいた。でも、越冬したアカタテハにあえて嬉しかった。このアカタテハ、越冬したとは思えない新鮮な個体でしたね!
Long Slow Distance 里山編_c0048117_13283617.jpg
自宅11:37→11:58荒井山→12:20大倉山12:25→12:48奥三角山12:50→14:02五天山14:05→16:01三角山16:05→16:40自宅

by mrkgen | 2020-05-08 23:59 | 里山/montana | Comments(0)
春になって蝶(^_-)
珍しい蝶ではないけど、春先に越冬したチョウを見ると嬉しくなります。
クジャクチョウ(孔雀蝶:タテハチョウ科)4/10 自宅前にて撮影
発生:年2回
食草:イラクサ類
成虫で越冬
春になって蝶(^_-)_c0048117_13011007.jpg
春に山スキーで林の中を歩いている時によく見かける越冬チョウで、このほかにエルタテハ、コヒオドシなどがいます。5/11 近所の林
シータテハ(Cたては/タテハチョウ科) (裏の紋がアルファベットの“C”)
発生:年2回
食草:ハルニレ、オヒョウ
春になって蝶(^_-)_c0048117_13011496.jpg
珍しくはないけど、あまり見る機会が少ないかも。春に発生した綺麗な蝶は感激
コミスジ(小三筋/タテハチョウ科) 5/21 近所の林で撮影
発生:年2~3回、5月初旬・7月初旬
食草:マメ科植物、ニレ科植物
越冬態:幼虫
春になって蝶(^_-)_c0048117_13011938.jpg

by mrkgen | 2018-05-25 23:16 | 蝶/mariposa | Comments(0)
たまには蝶
先日の三笠新道から登った時に飛びまくっていたチョウです。ウスバキチョウも飛んでいたのですが2度見ただけで、撮る時間はなかったです。この辺りで見ることができる高山蝶にアサヒヒョウモンがいますが、今回は目にしなかったです。発生はもう少し後かな。

ダイセツタカネヒカゲ
(大雪高嶺日陰 Oeneis melissa)
たまには蝶_c0048117_10404734.jpg

蝶つながりで、朝のお散歩で事故にあったと思われる蛾のシンジュサンを見つけました。蛾だし交通事故みたいなので嫌いな方もいるかなと隠してます。見たい方はクリックして見てくださいませ。



シンジュサン
by mrkgen | 2017-07-13 08:45 | 蝶/mariposa | Comments(0)
エゾヒメシロチョウ、、、etc
朝のお散歩コースで、初めて撮ることができました。
発生は5月~9月と長いので、見ていたのかも知れないけど気が付かなかったのかも。白い蝶は、オオモンシロチョウやスジグロシロチョウなど、普通にいっぱい飛んでいるので見向きもしませんものね。この日は雨っぽくて、弱々しくヒラヒラというかフラフラ飛んでいるのを見て、何かしら見守りたくなって見つめたら、なんか違う!そうですか、ここにいらっしゃたのね、という感じです。ここにはクサフジ、沢山あるものね。でも、コーンフリー(ヒレハリソウ)で一休みです♪

エゾヒメシロチョウ(蝦夷姫白蝶/シロチョウ科)
発生:5月~9月
食草:クサフジなどマメ科
 撮影7/26
エゾヒメシロチョウ、、、etc_c0048117_1015067.jpg

毎日、自宅庭に遊びに来てくれます
フタスジチョウ(二筋蝶/タテハチョウ科)
発生:6月~7月
食草:ユキヤナギ・シモツケ類
 撮影7/07
エゾヒメシロチョウ、、、etc_c0048117_10242521.jpg

撮影7/23
エゾヒメシロチョウ、、、etc_c0048117_10245241.jpg

林道を歩いていると、普通に飛んでいるクロヒカゲです
クロヒカゲ(黒日陰/タテハチョウ科)
発生:6月~8月
食草:クマイザサ・チシマザサ
  撮影7/23
エゾヒメシロチョウ、、、etc_c0048117_10263213.jpg

ついでと言ってはなんですが、カミキリムシです。以前、自宅庭でルリボシカミキリを見てから、カミキリムシが好きになりました。たまたま見れたら撮ると言うスタンスですけどね。長いヒゲがチャーミングだと思ってます(^_^.)

ハンノアオカミキリ(カミキリムシ科)
発生:6月~8月
食草:シナノキ、オヒョウ 

カミキリムシの中では普通種らしいけど、綺麗! 7/18
エゾヒメシロチョウ、、、etc_c0048117_10573247.jpg
エゾヒメシロチョウ、、、etc_c0048117_10574484.jpg

by mrkgen | 2013-07-28 12:00 | 蝶/mariposa | Comments(4)
越冬蝶のアカタテハなど
犬のお散歩で山道を歩いていて、ひらひらと舞っているのを見つけました。蝶のいるポイントという感じじゃないところで、遭遇するのが楽しいですね。越冬蝶、春先の雪の上で見ることが多いのはエルタテハ。クジャクチョウも見る機会が多いですね。アカタテハはの越冬態は初めてかも。

アカタテハ(赤たては/タテハチョウ科) 5/24撮影
越冬蝶のアカタテハなど_c0048117_17273534.jpg

同じような場所でヒメアカタテハもいました。この蝶は北海道では越冬できない蝶と言われているので、もう本州から渡ってきたのかしら。いつも春に見ると不思議な気分になりますね。
ヒメアカタテハ(姫赤たては/タテハチョウ科) 5/24撮影
越冬蝶のアカタテハなど_c0048117_17293351.jpg

山道で、市街地の街並みを眼下に見ながらの蝶もいいですね。
越冬蝶のアカタテハなど_c0048117_17303916.jpg

超普通種のルリシジミも、春先に見ると嬉しいです。早い時期だったのでスギタニかと思ったけど、違いました(^_^.)
ルリシジミ(瑠璃小灰蝶/シジミチョウ科) 5/21撮影 
越冬蝶のアカタテハなど_c0048117_17381359.jpg
 
by mrkgen | 2013-05-26 23:59 | 蝶/mariposa | Comments(2)
アサギマダラ
屋久島では時間がないので、蝶を期待していませんでしたが、帰る日の午前中に何種類かの蝶を見ることができました。撮れたのは、このアサギマダラだけでしたけどね。アサギマダラは渡りをする蝶として有名です。そのためにマーキングされることが多いです。この蝶も「YAKU」屋久島のことでしょうね。「10.31」と書かれていますね。北海道にも夏の終わりころに台風の風に乗ってくるのか、見ることができるようですが、まだ見たことがありません。

アサギマダラ、北海道では越冬できません。関東以南とされています。北海道まで渡ってきたアサギマダラが世代を更新しても、南へ帰らなければ死んでしまうんです。そんな北海道へ、どうして渡ってくるのかな。不思議なアサギマダラに屋久島であえて良かったです。

アサギマダラ(浅葱斑/タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
食草:北海道ではガガイモだそうです
11/06撮影
アサギマダラ_c0048117_11545278.jpg

そのほかに確認できた蝶は、「ツマベニチョウ」。初めて見ましたが大きくてフワフワ飛んでいて感激。ウラナミシジミも普通に飛んでいたのに、コンデジのピントが合わず撮れなかった(+_+) でも、南の蝶をシーズンオフともいえる時期なのに、見ることができとっても嬉しかったです♪
by mrkgen | 2012-11-08 23:30 | 蝶/mariposa | Comments(2)
秋、この頃
夏の猛暑の影響か、黄葉・紅葉も10日ほど遅い感じですね。少し暑さで木の葉が痛められたのか、いまいちな黄葉・紅葉ですが、それでもこの頃は毎日楽しく眺めています。お散歩コースの北こぶしの黄葉、綺麗だなと見つめていたら、もう毛深い冬芽がでていてビックリです。

キタコブシ(北辛夷/モクレン科)10/24撮影
秋、この頃_c0048117_15332423.jpg

足元を見れば、里山歩きでホオの実がいっぱい♪ 
ホオノキ(朴の木/モクレン科)10/21撮影
秋、この頃_c0048117_15581198.jpg

秋の気まぐれな空模様で、夕焼けも一瞬だけ素晴らしい色を見せてくれました。10/23撮影
秋、この頃_c0048117_1536683.jpg

朝日を受ける里山と奥の黒い雲の対比が面白い。10/26撮影
秋、この頃_c0048117_15352264.jpg

27日、山道で見たクジャクチョウ。この日は山小屋の中にエルタテハが入り込んでいました。外に逃がせてあげるのに夢中で、写真を撮らなかったのがマヌケでした(-"-)
クジャクチョウ(孔雀蝶/タテハチョウ科) 
秋、この頃_c0048117_15374487.jpg

チョウも終わりかな、春の残雪期に見る越冬蝶までしばらくお休みですね。
by mrkgen | 2012-10-29 23:30 | 蝶/mariposa | Comments(8)
紅(ベニシジミ)と赤(ヒメアカタテハ)
普通種といわれる蝶でも、今時に見れると何かしら嬉しいですね。

ベニシジミ(紅小灰蝶/シジミチョウ科)
発生:年数回、5月位から10月位
食草:ヒメスイバ、スイバ、エゾノギシギシ、ギシギシ
越冬態:幼虫
紅(ベニシジミ)と赤(ヒメアカタテハ)_c0048117_21275195.jpg
ルリシジミと同じくらい、いつでもどこでも見る機会が多い蝶です。春に見れるのは赤味が強く、夏の暑い頃は黒っぽい個体が多いです。
紅(ベニシジミ)と赤(ヒメアカタテハ)_c0048117_2128627.jpg


ヒメアカタテハ(姫赤たては/タテハチョウ科)
発生:秋頃と言われていますが、5月から見れる。撮影5/30
食草:ハハコグサ、ゴボウ、シュンギク、ヨモギなど菊科植物
越冬態:関東以南で、幼虫・卵・成虫など
紅(ベニシジミ)と赤(ヒメアカタテハ)_c0048117_2147921.jpg

ヒメアカタテハは北海道では越冬できない暖地性の蝶ですが、なぜか5月に見ることがあります。関東以南では4月~5月頃に見られ、世代交代を繰り返しながら北上し、北海道に来ると言われているのに、なんで5月に見ることができるのか不思議です。
by mrkgen | 2012-06-03 23:30 | 蝶/mariposa | Comments(2)